WEAVERのドラマー河邉 徹、小説家デビュー。「cakes」にて小説『夢工場ラムレス』連載開始

WEAVERのドラマー河邉 徹、小説家デビュー。「cakes」にて小説『夢工場ラムレス』連載開始

WEAVERのドラマー、河邉 徹が小説家デビュー。電子メディア媒体「cakes」内にて初小説『夢工場ラムレス』の連載が、本日3月17日からスタートする。

バンド名に、“音楽を紡ぐ人”という意味が込められているWEAVER。

バンドの多数の楽曲で作詞も手がける河邉が、ドラムスティックをペンに持ち替え、“音楽で紡ぐ人”として物語を紡ぎ、物語を通して誰もが持つ“優しさ”“後悔”“欲望”“希望”を描いていく。

「夢」をテーマにした長編小説『夢工場ラムレス』は、本日3月17日から日曜、祝日を除く毎日更新。第1章までは無料で読むことができる。また、連載後は、角川より単行本化も予定している。

<『夢工場ラムレス』あらすじ> 自身が夢であると自覚しながら見る夢、“明晰夢”。この“明晰夢”を何度も見る人は、ある日、その夢の中で“夢工場の扉”に辿り着けるという。そして、“夢工場”に入れた者は、一生に一度だけ自分の夢を変えることにより、現実世界での“自分の夢”をかなえることができるというのだ。 そんな夢工場に様々な悩みを抱えた4人が辿り着く。夢工場を訪れた人たちが手に入れたものとは……。そして、その夢工場の管理人の正体とは……。

河邉 徹 コメント 今回、僕は溢れ出す想像力に操られ取り憑かれ導かれるようにひとつの小説を書きました。 これまで歌詞という形で言葉と向き合ってきましたが、このように長い物語に挑戦するのは初めてのことでした。 苦労もありましたがそれ以上に、自分の好きな世界を真っ白な原稿用紙の上に広げていく楽しさに、気がつけば“夢中”になっていました。 この『夢工場ラムレス』という物語が、読んでくださった方の、現実と夢の世界の間にある“扉”を叩くことになれば幸いです。

 


『夢工場ラムレス』第1話はこちら
https://cakes.mu/posts/17647

「cakes」
https://cakes.mu

河邉 徹 Twitter
https://twitter.com/kwb_wvr

WEAVER OFFICIAL WEBSITE
http://www.weavermusic.jp/

Produced by 【es】エンタメステーション

Supported by M-ON! MUSIC