リュック・ベッソン「デヴィッド・ボウイも天国で観ているはず」映画『ヴァレリアン』冒頭映像解禁

リュック・ベッソン「デヴィッド・ボウイも天国で観ているはず」映画『ヴァレリアン』冒頭映像解禁

3月30日(金)に公開される映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』の冒頭映像が解禁された。

本作は、『スター・ウォーズ』はじめ数々のSF映画に影響を与えているという説があり、まさにSFの金字塔と言える『ヴァレリアン』を原作とし、『レオン』『フィフス・エレメント』などの名作を世に送り出してきた世界的巨匠リュック・ベッソン監督により映像化されたもの。最新鋭のVFX技術を駆使して、28世紀の宇宙を舞台に銀河をパトロールする美男美女のコンビが全宇宙の存亡を揺るがす陰謀に立ち向かうさまを描く。主人公を演じるデイン・デハーンと、ヒロインのカーラ・デルヴィーニュに加え、ポップス界の世界的スーパースターのリアーナが銀河系SFエンターテインメントに挑んでいることでも注目されている。

解禁された冒頭映像は、1975年のアポロ号のカプセルとソ連のソユーズとのドッキングの映像から始まる。この歴史的瞬間をきっかけに、宇宙ステーション・アルファは各国の宇宙船がドッキングし、2031年の未来では重力制御までできるようになっていく。ハッチが開くたびに各国の宇宙飛行士が歩み寄っては固い握手を交わし、宇宙への進出が加速した時代。そして、2135年、ついに宇宙ステーションに地球外生命体がやってくる。巨大な宇宙船に乗った宇宙人(コータン・ダフーク)との初遭遇でも、人間と同様に友好の握手は続き、何百年もかけて、宇宙ステーション・アルファはもはや地球上の人類のためだけではなく、全宇宙にとって主要な場所となっていくのだ。

このほとんど言葉を伴わないシーンにベッソン監督が選んだのは、デヴィッド・ボウイの独創的な曲「Space Oddity」。この曲の歌詞も相まって、冒頭のシーンだけで観客の心をとらえ、現代の世界から彼が描く壮観な未来へと観客を誘っていく。ベッソン監督は、曲の起用理由について「本作の脚本執筆中に、車の運転中に「Space Oddity」が流れたんだ。僕は映画のシーンが頭に思い浮かんでいたから、『オープニングシーンにピッタリじゃないか』と思った。ボウイとは付き合いが長くて、映画『アーサーとミニモイの不思議な国』でも声優をお願いしたことがあったからね。天国の大きな劇場で『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』を3Dで観ているって聞いたよ(笑)」と茶目っ気たっぷりに語っている。

このシーンに凝縮されているのは、物語への導入だけではない。繰り返される宇宙飛行士や宇宙人との握手のシーンに、ベッソン監督が夢見る未来が詰め込まれている。宇宙ステーションにいる人間たちが笑顔と握手で出迎えるが、握手の文化がない日本人は代わりにお辞儀で応え、宇宙人と握手をすれば粘着質な物質が手に付いてしまう。そこに言葉は不要だ。言葉が通じ合わなくとも、お互いを受け入れていくことで、宇宙ステーション・アルファは大きくなっていく。これこそ、リュック・ベッソン監督が描きたかった“多様性”が凝縮されているのだ。

また、世界連邦大統領として出演するルトガー・ハウアーについて、ベッソン監督は「映画『ブレード・ランナー』の大ファンだからお願いしたかったんだ。今回は(レプリカントではなく)人間として登場したら面白いじゃないかと思って」と起用理由を明かしている。

【STORY】
西暦2740年。宇宙を守る任務を帯びたエージェントのヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)。二人が向かったのは、長い年月を経て拡張を続け、あらゆる生命が共存する宇宙ステーション・アルファ、別名“千の惑星の都市”。しかし、その深部には謎の放射線反応が見られ、3,000を超える種族が死滅の危機にあったのだ。「10時間以内にその原因を究明せよ」という極秘ミッションを託された2人の前に突如現れたのは、30年前に消滅したはずの惑星の住人たち。彼らの思惑とは一体…? 果たしてヴァレリアンとローレリーヌは“千の惑星の都市”の危機を救うことができるのか―!?

映画情報

『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』
3月30日(金)全国ロードショー

監督・脚本:リュック・ベッソン 
原作:「ヴァレリアン」ピエール・クリスタン(作)/ジャン=クロード・メジエール(画)
キャスト:デイン・デハーン、カーラ・デルヴィーニュ、クライヴ・オーウェン、リアーナ、イーサン・ホーク、クリス・ウー、ジョン・グッドマン、ハービー・ハンコック、ルトガー・ハウアー
2017年|フランス|英語|カラー|スコープサイズ|137分|配給:キノフィルムズ
© 2017 VALERIAN S.A.S. – TF1 FILMS PRODUCTION

オフィシャルサイト
http://www.valerian.jp/