血に濡れても色っぽい…! 松坂桃李、映画『孤狼の血』の新場面写真が解禁

血に濡れても色っぽい…! 松坂桃李、映画『孤狼の血』の新場面写真が解禁

5月12日(土)公開の映画『孤狼の血』より、松坂桃李演じる日岡秀一の新場面写真が解禁された。

本作は、ミステリー作家・柚月裕子の同名小説を白石和彌監督のメガホンにより映画化。昭和63年の暴力団対策法成立直前の広島を舞台に、松坂演じる“キャリア組”で呉原東署に配属された刑事の日岡秀一は、役所広司演じる刑事の大上章吾とペアを組まされ、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。

今回初解禁となったのは、上の常軌を逸した捜査に振り回させるが、大上と共に捜査をしていく中で、自分の信じる“正義”を追い求め、本当の試練に立ち向かっていく日岡の場面写真。表情も心持ちも変化していく日岡の葛藤がと苦難が写真からもわかる。

【STORY】
物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し……。

作品情報

『孤狼の血』
5月12日(土)公開
原作:柚月裕子「孤狼の血」(角川文庫刊)
監督:白石和彌
出演:役所広司、松坂桃李、真木よう子、滝藤賢一、音尾琢真、駿河太郎、中村倫也、中村獅童、矢島健一、田口トモロヲ、ピエール瀧、石橋蓮司、江口洋介ほか
配給:東映
©2018「孤狼の血」製作委員会

オフィシャルサイト http://www.korou.jp/

『孤狼の血』原作