池田エライザ主演映画『ルームロンダリング』が7月7日に公開決定! 場面写真も公開

池田エライザ主演映画『ルームロンダリング』が7月7日に公開決定! 場面写真も公開

池田エライザ主演映画『ルームロンダリング』の公開日が7月7日(土)に決定。併せて場面写真が公開された。

本作は、新たな映像クリエイターの発掘を目的としてプロ・アマを問わず広く企画募集を行うコンペティション「TSUTAYA CREATORS’PROGRAM2015」にて準グランプリを受賞。監督の片桐健滋は、崔洋一、廣木隆一、中村義洋ら名だたる監督たちの元で助監督を務め、かつてはフランソワ・トリュフォー監督作品の編集で知られるヤン・デデ氏に師事していたこともあるという異色の経歴の持ち主。様々な現場を渡り歩き、骨太な監督たちと修羅場を共にしてきたからこそ辿り着いた、このハートウォーミングなオリジナル作品で長編映画監督デビューを飾る。

池田は、自殺や他殺、不審死、孤独死など部屋の中で“人の死”が発見されたされた、いわゆる“事故物件”ばかりに引っ越しを繰り返す“ワケアリ女子”八雲御子を演じる。御子は、事故物件に住むことによって“物件を浄化する”(ルームロンダリング)ことが目的だったのだが、部屋に居座る、この世に未練たらたらな幽霊たちのお悩み解決に奔走させられることに…。御子と幽霊たちとのふれあいを切なく哀しくも可笑しく描く。

共演には、御子の母親の弟・雷土悟郎役にオダギリジョー、引っ越し先の隣人・虹川亜樹人役に健太郎、幽霊役には渋川清彦、光宗薫らが決まっている。

この度解禁された場面写真は、スーツケース片手に事故物件から事故物件へ渡り歩く御子や、タバコをふかしながら古びたアパート内を歩く悟朗、眼鏡に手をかけ驚いた表情をする亜樹人(健太郎)、道端にしゃがみ込むパンクロッカーの幽霊・公比古(渋川清彦)が登場する6点。予期せぬ事故に遭った美人幽霊・悠希(光宗薫)と御子が仲良く一緒に映画を観ているシーンや、御子と悟朗が2人揃ってお墓参りをするシーンも。コミカルでありながら、人と人、人と幽霊(⁉)の絆を感じる場面写真となっている。

 

【STORY】
5歳で父親と死別した八雲御子(池田)。その翌年には母親が失踪してしまった。その後は祖母に引き取られた御子だが、18歳になると祖母も亡くなり、天涯孤独となってしまった。度重なる不幸に自分の殻に閉じこもってしまった御子のところに、母親の弟である雷土悟郎(オダギリ)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれた。そのアルバイトとは“ルームロンダリング”だった。
「1K・4万円・自殺」
新たな部屋に越してきた御子。夜、風呂場へ行くとそこには春日公比古(渋川清彦)の幽霊がいた。自分の姿が見える御子に驚く公比古だが、御子は公比古に驚かない。ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになっていたのだ。奇妙な共同生活を送る2人だが、ある時、公比古は自分の演奏が収録されたデモテープを見つける。そのテープこそレコード会社に送ろうと思って送れなかったまま亡くなってしまった後悔の産物。今からでも送って欲しいと公比古から頼まれる御子。そんな折に悟郎からの連絡。新たな物件への引っ越しが決まる。
「2K・10万円・刺殺」
引っ越した先の幽霊・千夏本悠希(光宗薫)は見知らぬ男に殺されたOLだった。隣人の虹川亜樹人(健太郎)は事件当時、異変には気付いたが何も出来なかった事を悔いていた。そこへ、居るはずのない公比古が現れる。御子がまだ送っていないカセットテープへの執着から現れたようだ。幽霊同士語り合う公比古と悠希。悠希の恨みを晴らしてあげたい御子は似顔絵描きで犯人を探そうと思いつく。御子の書いた似顔絵を元に、警察へ連絡した亜樹人だが、なんと偶然にも連絡を受けた警官こそが悠希を殺した犯人であった。一方的に殴られ続ける亜樹人の絶体絶命のピンチを御子の決死のアイディアで救い出し、さらには犯人逮捕へと至るのだった。
母親の深月にも幽霊が見える能力があり、そのことで精神を病んだのだと悟郎から聞かされた御子は、悟郎に頼み込んで深月の居場所を聞き出す。そこはかつて一緒に暮らした区営住宅の跡地であり、そこに深月は確かにいたのだが・・・
公比古と悠希は、そして御子と亜樹人は・・・見終わった誰もが暖かな気持ちになるステキな物語。

作品情報

『ルームロンダリング』
7月7日(土)より新宿武蔵野、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋他全国ロードショー
出演:池田エライザ 渋川清彦 健太郎 光宗薫 / オダギリジョー  
監督・脚本:片桐健滋  共同脚本:梅本竜矢
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント 
配給:ファントム・フィルム 
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント プラスディー 
オフィシャルサイト:roomlaundering.com
(C)2018「ルームロンダリング」製作委員会