世界初! ソニーの最先端テクノロジーで映画を観ながらリアルに『ジュマンジ』体験! 期間限定で「超体感シネマ」を実施

世界初! ソニーの最先端テクノロジーで映画を観ながらリアルに『ジュマンジ』体験! 期間限定で「超体感シネマ」を実施

4月6日(金)に日本公開されるドウェイン・ジョンソン主演作『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』。公開に先立ち、リアルな触感・振動・衝撃が体感できる「ハプティックベスト」を着用しながら鑑賞する、世界初※の映画興行上映「超体感シネマ 『マジジュマンジ』」が3月29日(木)~4月5日(木)の期間限定でTOHOシネマズ 日比谷にて興行上映という形で実施されることが決定した。
※ソニー調べ 2018年3月24日現在

ハリウッド最強のアクションスター・ロック主演の本作は、ロビン・ウィリアムズ主演のアドベンチャー・ファンタジー映画『ジュマンジ』(95)のリブート版。高校生4人が“ジュマンジ”という名前のソフトが入った古いビデオゲーム機を発見し、プレイするキャラクターを選んだ途端、それぞれアバターとなってゲームの中の世界に入り込んでしまう。4人はゲームを攻略して現実世界に戻るため冒険を繰り広げる。

今回、世界初となる「超体感シネマ」では、ソニーが研究開発を進めているハプティクス技術(触覚提示技術)を用いた振動デバイスを搭載した特製の「ハプティックベスト」を観客が装着することにより、映画の中の世界で起きている出来事や演出に合わせてさまざまな振動と衝撃がベストに伝わり、観客はまるで映画の中のキャラクターになったかのようなリアルな触感を体感し没入体験が可能となる。

現在映画館で体験できるフォーマット「MX4D」は座席シートの振動や香り・雨風などを再現する技術がメインとなっているが、今回の装置は、観客の身体に専用のベストを装着し、映画のシーンや演出に合わせて強弱をつけながら振動や衝撃を与えることで「ものに触れている感覚=触覚」をリアルに再現。その効果は振動パターンや衝撃の強さによって組み合わせは無限大。動物が迫って来る臨場感、手に汗握るアクション感、敵を吹っ飛ばす爽快感など映画で味わえる感覚が文字どおり「体感」できるとだけあって、映画体験を4D体験のさらに次の次元へ連れて行ってくれる最先端の映画上映となる。

通常料金で鑑賞できるので、この機会に体験してみてはいかがだろうか。

【STORY】
学校の地下室で居残りをさせられていた高校生4人。“ジュマンジ”という名前のソフトが入った古いビデオゲーム機を偶然にも発見する。プレイするキャラクターを選択した途端、4人はそれぞれのキャラクターの体=アバターとなってゲームの中の世界に入り込んでしまった! しかも、そこはジャングル! しかも、現実世界の自分とは性格も体格も性別までも違う自分にボディ・スイッチングしてしまう。このゲームを攻略しなければ、永遠にゲームの中に閉じ込められる。果たして彼らは、生きて現実世界に帰ることができるのか!?

イベント情報

「超体感シネマ『マジジュマンジ』」

上映期間:3月29日(木)~4月5日(木) 8日間限定上映
上映劇場:TOHOシネマズ 日比谷 (3/29グランドオープン、「東京ミッドタウン日比谷」内/千代田区有楽町1-1-2)
鑑賞料金:通常料金
チケット販売:上映日の2日前から、インターネットチケット販売“vit”にて販売。劇場窓口は3月29日(木)劇場オープン時より販売。
※ソニーの最新テクノロジーであるハプティックベストを装着しての映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』を鑑賞。

※イベント上映のため、入場制限(13歳以上)あり。詳細はTOHOシネマズ公式ホームページで確認。 https://www.tohotheater.jp/campaign/majijumanji-hibiya.html

映画情報

『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』
3月30日(金)よりMX4D/4DXにて先行上映
4月6日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

監督:ジェイク・カスダン(『バッド・ティーチャー』)
出演:ドウェイン・ジョンソン(『ワイルド・スピード』シリーズ)、ジャック・ブラック(『ガリバー旅行記』)、ケヴィン・ハート(『リベンジ・マッチ』)、カレン・ギラン(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ)、ニック・ジョナス

オフィシャルサイト
http://www.jumanji.jp/

オフィシャルFacebook
https://www.facebook.com/JumanjiJP/

オフィシャルTwitter
https://twitter.com/JumanjiJP