青柳 翔「自分、ロールキャベツ男子かもしれません」。ドラマ『東京センチメンタル』キャストが明かす撮影秘話

青柳 翔「自分、ロールキャベツ男子かもしれません」。ドラマ『東京センチメンタル』キャストが明かす撮影秘話

3月30日(金)に放送されるテレビ東京系列ドラマ『東京センチメンタルSP~御茶ノ水の恋~』より、キャストコメントが解禁された。

本作は、吉田鋼太郎の単発・連続ドラマ初主演作品。2014年の年末特別ドラマとして『谷中の恋編、深川の恋編』が放送、好評につきドラマ24枠の20161月クールドラマとしてレギュラー化、さらに2017年1月にお正月スペシャルとして放送された人気ドラマだ。

物語は、東京・言問橋に実在する老舗和菓子店「くるりや」を舞台に、吉田演じるバツ3独身の恋多き和菓子職人・久留里卓三が繰り広げる日常と淡く切ない恋心が描かれており、毎回異なるヒロインに想いを寄せ、街ぶらデートで「イケる!」と思ったが、フラれるという、「惚れやすさ」と「実らなさ」から現代版・寅さんと親しまれる作品だ。吉田に加え、看板娘、元気なアルバイト店員・須藤あかね役を高畑充希、「くるりや」の向いで理容室を営む卓三の昔馴染み・柴田幸吉役を片桐 仁がそれぞれ演じている。

番組プロデューサーの阿部(通称:P阿部)は本作のキャスティングについて「『東京センチメンタル』のキャスティングは、卓三さん(=鋼太郎さん)が、誰と街を歩き、ご飯を食べ、お酒を飲み、手をつなぐためにドキドキしたら、面白いのかという視点から始まります。今回、連ドラの時からの念願が叶い、吉瀬美智子さんにマドンナ役を引き受けていただきました。二人が御茶ノ水の街を歩く姿を見たときには、心が高鳴りました。『画になる…羨ましい…』一瞬、御茶ノ水がフィレンツェあたりに見えました!」とコメントしている。

このたび公開されたのは、WEB限定の放送直前企画として、P阿部が「モテる」ために全出演者に現場ルポを敢行したレポート。出演者の素の顔や出演者から「モテる」コツが明かされている。

【プロデューサー、阿部真士が見聞きした、撮影秘話(?)】
大人が本気で恋する物語、『東京センチメンタル』。影響を受けたのかどうかは知らないが、P阿部はたぶんこう思った。「僕も恋したい=すごくモテたい=いや、1mmでもいい、モテたい」。

もちろんモテるためには素養が必要なわけで、P阿部は考えた。「僕も料理教室に通えば…もしかしたら…」そして、出演者たちに聞きまくった。「(モテる貴方は)料理男子ですか?」「料理男子、好きですか?」と。

吉田は、P阿部を裏切らなかった。大人の男にとって、料理は嗜み、とP阿部は確信した。

吉田 料理、好きですよ。撮影中にたまたま誕生日が来て、スタッフに包丁を頂きました。包丁好き、っていうとおかしな響きですが(笑)、料理は好きなので嬉しかったです。女性に振る舞う料理なら、ストーブの上で日がな1日、コトコト煮込んだ、煮込み料理が良いですね。スープの様子が時間を追うごとに変わってくるじゃないですか、それを見てるのが好きですね

P阿部 作っているところから女子と一緒、がベストですよね?

吉田 できれば、って、完全に誘導尋問ですね(笑)。う~ん、料理って、料理しているときは、作っていることに集中しているじゃないですか、邪念も全く無く。ひとつひとつの、切るなら切る、炒めるなら炒める、その時間が好きです。誰かのために料理をしていたとしても作っているうちは作っていることに集中して…(え? と驚くP阿部に)それ以外は作ってからですね(笑)。

そしてさらにP阿部は発見する、大人の男は煮込みが好きだと。偶然にも、ダンディーな二人は同じ表現で煮込みを語るのだった。

山田純大 料理はたまにします。細かいところは人に任せて、いいとこどりをして、自分でやった感を出すことに全力を注ぎます(笑)。得意なのは、パスタと煮込み! 煮込みは、味が変化していくのが楽しみで、その経過を見ているのが好きです。さっき鋼太郎さんとも話していたんですけど、吉瀬さんみたいな先生がいたら、料理学校、間違いなく通うと思いますね(笑)。

だが若いイケメンの反応は違った。イケメンには武器は必要ないということが理解できたP阿部だった。

青柳 翔  料理は…そんなにしない、できないんですよね。片付けも無理だし。一人暮らしだから、作る量とかもわからないし、食糧無駄にしてしまうし、難しいから…。

P阿部 作らない?

青柳 作れない!(笑)

P阿部 では作ってもらうなら?

青柳 今日撮影に出てきた、ロールキャベツ、いいなって思いました。できないけど、誰かに作ってあげるとしても、ロールキャベツですかね(笑)。

P阿部 余談ですが、世の中にはロールキャベツ男子というカテゴリーに分類される、肉食を内に秘めた、パッと見は草食系に見える男性陣がいるらしいです。

青柳 へぇ、知らなかったです。自分、そういうタイプかもしれません。

P阿部 見た目からきちんと肉食では?

青柳 あまり食べたことなかったから、余計に、今日は(頭の中が)ロールキャベツですね(笑)。

たとえイケメンが料理をしなかったとしても、食べる専門だったとしても、料理男子がモテないわけはない。現にモテる大人は、料理ができる男だったじゃないか、と勝手に得心するP阿部。

続けて、女優陣に聞いた。

P阿部 料理男子、好きですか?(心の声:好きですよね? 僕のことだって、もし料理が出来れば)

吉瀬 男の人のほうが、お料理が上手、っていうのは気まずいと思います(笑)。細かく、いろいろ難しいことを言われても、『やめて~』ってなっちゃうから。すごく上手でなくていいな。作ったものを「美味しい」って言って食べてくれるほうが嬉しい。もちろん、料理人並みに上手で、片付けまで全部こなしてくれて完璧で、全てお任せできます、というのは悪くない気はしますけれど(笑)。家事分担は、好きな人がやりたいことをできるのが理想的ですし。全くできないよりも、できてもらったほうがありがたいし、できるに越したことはない。出かける時に、留守番のご主人が『じゃあ、僕は何を食べたらいいの?』ってなるのは困っちゃいますから(笑)。花はなくても生きていけるけど、団子というか、食べ物はないと生きていけないから、花か団子のどちらかを選ぶなら、団子。現実的なんです、私。お花は自分で買うかな(笑)。

高畑 料理男子…料理男子も好きですし、素晴らしいと思うけど、何もできなくても『美味しい』って言って食べてくれたら嬉しいです。自分で料理できちゃう男の人だとハードルが上がるかな。こうしたら? って言われるより、美味しい‼ って言って欲しいかも。

阿部純子 料理男子は、周りにいないので、想像がつかないです。お料理が上手な男性にはあこがれます。角煮が好きなので、作って貰えたら嬉しいです

P阿部 結構本格的な料理を…ハードル高いですね。

阿部純子 そんな出来すぎな人は世の中にいないかも、ですね(笑)。作って貰えたら、嬉しいけどな(笑)。

玉城ティナ 男性にお料理を振る舞われたら、緊張しちゃいます。自分用に作るのも人に作るのも緊張しますけど、人から作って貰うのはもっと緊張しちゃいます! 嬉しいですけど、サプライズみたいなのは苦手だし、リアクション下手なので(笑)。日常的な感じなら大丈夫ですけれど、気合いが入った仰々しい感じだと、本当にありがたいとは思うのですけど、恥ずかしい(笑)。振る舞われるよりは、二人でザクザク切って、鍋料理!とかが良いです!

P阿部 恋人役を演じた片桐さんに作って貰うなら?

玉城 すごくお洒落な料理が出てきそう(笑)。パエリアとか。

片桐 それ、2人で食べきるには荷が重くない? パエリア、人数がいないと。でも、本読んだら、きちんと作れそうだから、鍋とパエリアっていうチョイスは良いよね!

玉城 それは…(料理的に)重いですね(笑)。

そろそろ、P阿部も気がついてきた。料理男子、誰が料理を作るかが問題で、作れるからモテるわけではないと。気を取り直して片桐には別の質問をすることにした。「カリナを柴田がデートに連れて行くとしたらどこ?」真面目な、今後の作品作りの参考にするための質問で、若い女性の好きそうなスポットをリサーチしているわけでは、決してない。

片桐 柴田がカリナをデートに連れていくというよりは、カリナの行きたいところについていく、でしょうね。柴田の気持ちは、入籍まで持っていく、ですから。胸ポケットに婚姻届けを忍ばせて。もう名前も書いてあって後は判だけみたいな(笑)。柴田にとって、何十年か振りの、ミラクル確変が起こってますから。尽くすでしょう(笑)。

そうか、料理という愛情表現を含めた「心づくし」が鍵か! と今更なことに感動すら覚えるP阿部。登場人物が皆一様にどこか不器用で、そして優しい。そんなキャラクターたちが劇中で繰り広げるさまざまな恋模様、果たしてその恋の行方は? 3月30日(金)の放送をどうぞお楽しみに! と少しだけ仕事のことを思い出した、本来は仕事しか考えていないP阿部だった。

【STORY】
東京・言問橋の老舗和菓子屋「くるりや」三代目の久留里卓三(吉田鋼太郎)は、生まれも育ちも東京。職人として確かな腕を持つが、私生活では離婚歴3回。惚れっぽい性格は齢56にして変わらず、アルバイトの須藤あかね(高畑充希)に叱られつつ、気ままな独身生活を送っている。

ある日、「くるりや」の向かいで理容店を営む柴田幸吉(片桐 仁)が、なんと彼女(玉城ティナ)を連れてやってくる! 料理教室で出会い付き合うことになったという。余裕の表情を見せる柴田にイラついた卓三は、あくまで“職人としての幅を広げる”目的で、御茶ノ水の料理教室に通い始める。

初日。胸の高鳴りが抑えきれない卓三に、生徒のひとり高木博(山田純大)が、先生目的ではないのかと話しかけてくる。実際、先生の秋本楓(吉瀬美智子)はあまりに美しく、卓三は早くもひとめ惚れ!しかも独身でフリーらしい。まさか先生との出会いが待っていたとは…だがライバルは多数。さらに楓の話で盛り上がる卓三と高木に、「集中して下さい」と怒るイケメン生徒の増田慎之介(青柳 翔)、そんな増田を遠くから見つめる藤井唯(阿部純子)料理教室で交錯する人間関係が読み取れず卓三は困惑する。

そんな中、卓三が御茶ノ水界隈を散歩していると、通りを歩く楓の姿が。運命的な展開に喜んだのも束の間、楓が足を止めた花屋から出てきたのは、エプロン姿の増田だった。笑顔で会話する2人の様子を見た卓三は、のんびりしていられないと楓に自作の和菓子を贈り、気を惹こうとする。

ところが卓三ら新入生の歓迎会で、酔った高木の発言をきっかけに楓をめぐる言い争いが勃発。卓三と増田が口論するなど気まずい雰囲気になってしまう。罪悪感を感じた楓は、後日「くるりや」まで詫びに来る。そこで和菓子に興味を示した楓に、距離を縮めるチャンスだと意気込む卓三だったが、やがて楓のトラウマを知る。どうやら長く続いた不倫関係を経て、恋愛に臆病になっているらしい…。

ライバル多き高嶺の花を相手に奔走する卓三。今度こそ恋を実らせることはできるのか?

番組情報

『東京センチメンタルSP~御茶ノ水の恋~』

©テレビ東京

放送日時:3月30日(金) 深夜0時12分~1時23分
放送局:テレビ東京系列
出演: 吉田鋼太郎、高畑充希、片桐 仁、山田純大、阿部純子、玉城ティナ/青柳翔(劇団EXILE)、吉瀬美智子、ほか
脚本:松本哲也
監督:松本佳奈
プロデューサー:阿部真士(テレビ東京)、祖父江里奈(テレビ東京)、藤原 努、小坂智尚
制作協力:ホリプロ
製作著作:テレビ東京

オフィシャルサイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/tokyo_sentimental/news/