三浦大知、蜷川実花撮り下ろしで『AERA』表紙に初登場

三浦大知、蜷川実花撮り下ろしで『AERA』表紙に初登場

3月26日発売のニュース週刊誌『AERA』4月2日号表紙に、三浦大知が起用された。

同誌表紙フォトグラファー蜷川実花の撮り下ろしとなる。

和製マイケル・ジャクソンとも呼ばれる三浦大知は、今回がアエラの表紙初登場。9歳の頃、ダンスボーカルユニット、Folderのメインボーカルとしてデビュー。変声期の活動休止を経て、2005年にソロで再デビューした実力派だ。

昨年から今年にかけて、NHK紅白歌合戦への出場、日本武道館での2daysライブ、ベストアルバムの発売と、これまでの「集大成」ともいえる出来事が続き、全国区の存在となった。

インタビューでは、 自らが目指す「オリジナル」について、年齢を重ねていくこととダンスのあり方について語っているほか、影響を受けた人物とのエピソードを披露している。

また、読者から大好評の星野 源の連載『ふたりきりで話そう』がついに最終回。ゲストは歌舞伎俳優の中村七之助が登場する。


雑誌情報

『AERA』2018年4/2号【表紙:三浦大知】
定価:390円(税込)
発売日:2018年3月26日


リリース情報

2018.02.14 ON SALE 絢香&三浦大知 SINGLE「ハートアップ」

2018.03.07 ON SALE 三浦大知 ALBUM『BEST』


三浦大知 オフィシャルサイト
 http://avex.jp/daichi/


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC