元乃木坂46・深川麻衣、映画『パンバス』を振り返る。「あとからいろいろなことを想う作品なんだろうな」

元乃木坂46・深川麻衣、映画『パンバス』を振り返る。「あとからいろいろなことを想う作品なんだろうな」

深川麻衣主演『パンとバスと2度目のハツコイ』(今泉力哉監督)が、公開から1ヵ月以上たち、ロングランが決定したことを受け、深川麻衣によるロングラン御礼トークイベントが、イオンシネマ シアタス調布にて行われた。

映画『パンとバスと2度目のハツコイ』は、2月17日公開初日以降、ツイッターなどのSNSを中心に口コミの火がつき大ヒットスタート。公開1ヵ月を超えても鑑賞者は増え続け、さらに、今泉力哉監督作品の世界観にハマり、何度も劇場に足を運ぶリピーターが続出している。

主演の深川麻衣をはじめ、監督、キャスト陣のトークイベントも盛んに行われ、鑑賞者とのコミュニケーションもロングランヒットの要因となっている。そんな中、4月以降の上映劇場が続々決定。そして3月29日、ロングラン御礼イベントとして、28回目となるトークイベントがイオンシネマ シアタス調布で行われた。

『パンとバスと2度目のハツコイ』は、すでに発表されているイオンシネマ11劇場のほか、4月20日から埼玉「イオンシネマ大井」、4月27日からは、新規オープンする「イオンシネマ広島西風新都」での上映が決定。さらに、東京では、6月2日から映画ファンの聖地「新宿武蔵野館」での上映が決定した。

このロングラン上映決定を受けて、深川麻衣は「パンバスを支えていただいているのは、2月17日の公開から劇場に足を運んでいただきました皆様のおかげです。そして、パンバスを上映いただいている劇場の皆様に心から感謝しています。ありがとうございます」と感謝の気持ちを語った。

さらに、映画初出演初主演となった本作について「このパンバスが、私にとって初めて挑戦させていただいた映画の作品で、わからないことや不安だらけだったのですが、監督はじめ出演者の皆さん、スタッフの皆さんがとてもあたたかくて、この期間にたくさんのことを勉強させていただきましたし、人生でたった一度きりの『初めての経験』は、すべてが自分の中で宝物です。あとから振り返ったときに、懐かしくもあり、いろいろなことを想う作品なんだろうなと思います」と語った。

そして、この日が27歳の誕生日となった深川麻衣に、劇場スタッフから花束と、映画スタッフから、本人が映画撮影や宣伝期間中に携帯や自身のカメラで写真を撮っていたこともあり、「特殊カメラ」のプレゼントが贈られた。

MCから、写真を撮ることについて聞かれた深川は「最近は桜を撮りまくっています。昔から写真を撮るのは好きで、小学生のころからインスタントカメラでよく友達や愛犬を撮っていました」とコメント。さらに好きな写真家を聞かれ、「中学生のころから蜷川実花さんが好きで、図書館にある本を何回も借りて見ていました。最近は奥山由之さんが好きで、写真集をよく見ています」と語った。

27歳の抱負を聞かれると「20歳を超えてから1年1年が本当に早いなぁと感じています。26歳の1年は環境が変わった中で、初めてのことに挑戦させていただく機会がたくさんありました。その経験させていただいたことを自分の中でしっかり吸収して、これから27歳の1年間で、またあらたに挑戦することや、たくさんの壁にぶつかることもあるかもしれませんが、一つひとつ向き合って乗り越えていきたいなと、自分に負けない1年にしたいと思います」と語った。


映画情報

『パンとバスと2度目のハツコイ』
全国で絶賛公開中
キャスト:深川麻衣、山下健二郎(三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、勇翔、音月桂
監督・脚本:今泉力哉
主題歌:「Puzzle」Leola(Sony Music Associated Records)
(C)2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会


深川麻衣 Instagram
https://www.instagram.com/fukagawamai.official/?hl=ja

映画『パンとバスと2度目のハツコイ』作品サイト
http://www.pan-bus.com/


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC