松坂桃李「リョウは大きな海みたいな青年」。映画『娼年』を鑑賞した漫画家ひうらさとる書き下ろしイラスト公開

松坂桃李「リョウは大きな海みたいな青年」。映画『娼年』を鑑賞した漫画家ひうらさとる書き下ろしイラスト公開

4月6日(金)より全国公開される松坂桃李主演の映画『娼年』を一足先に鑑賞した漫画家ひうらさとるからイラストとコメントが到着した。

本作は、2001年の直木賞候補になり、性の極限を描いた石田衣良の恋愛小説『娼年』をもとに、2016年の舞台『娼年』と同じ松坂桃李x三浦大輔のコンビで映画化したもの。「“性描写”に関しては一切妥協しない」と言う三浦大輔監督とともに臨んだ松坂が、「舞台同様、無になりました」と語るように、監督、スタッフ、俳優陣が全身全霊を傾け、極限まで挑んだ渾身の作品になっており、早くも話題となっている。

「ホタルノヒカリ」シリーズなどで知られる漫画家のひうらさとるは、伝説の舞台『娼年』を鑑賞。映画化を知って「え? あれを? 可能なの⁉」と驚いたようだが一足先に映画『娼年』を観て、 “リアリティ”を感じ、“一人の男の静かな交流と成長の物語”とコメントしている。

【コメント全文】
舞台版を観て衝撃を受けた「娼年」が映画化!え?あれを?可能なの⁉
もちろん三浦監督ならではのR18を目一杯使い切ったセックスシーンも満載なのですが、都会の路地を曲がれば本当にこんな買われた青年と買った女性たちがいるようなむしろ買ったのは私では…?と思わせるリアリティ。そして一人の男の静かな交流と成長の物語でした。
ひうらさとる(漫画家)

さらに、娼夫リョウが背中を見せ、物憂げになにかを見つめる姿をひうらさとるがイラストで描き下ろした。松坂がリョウについて、「大きな海みたいな青年だと思っています」と言うが、それに符号するかのような、観終わった後の爽快感やリョウのやさしさを感じさせる仕上がりだ。

映画『娼年』について、主演の松坂は「何より女性の方にこそ観ていただきたい作品です」と語る。咲良役の冨手麻妙は「女性は、登場人物の誰かに共感したり、自分の人生を振り返ったりして、余韻に浸れると思います」、舞台版に続きアズマを演じた猪塚健太も「R18+だからと構えてしまう人もいるかもしれませんが、女性に寄り添った、女性の味方の作品。“私たちの映画だ”と思って観ていただきたいです」とそれぞれアピールしている。

【STORY】
主人公の森中領(もりなかりょう)は東京の名門大学生。日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。ある日、領の中学校の同級生で、ホストクラブに勤める田嶋進也(たじましんや)が、美しい女性をバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。「女なんてつまんないよ」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香が会員制コールクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。 
入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく。

作品情報

『娼年』
4月6日(金)、TOHOシネマズ 新宿 他 全国ロードショー

出演:松坂桃李
真飛聖 冨手麻妙 猪塚健太 桜井ユキ 小柳友 馬渕英里何 荻野友里 佐々木心音 大谷麻衣 階戸瑠李 西岡德馬/江波杏子
脚本・監督:三浦大輔
原作:石田衣良「娼年」(集英社文庫刊) 
製作幹事:ファントム・フィルム ハピネット
制作プロダクション:ホリプロ
企画製作・配給:ファントム・フィルム
レイティング: R18+ 
©石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会

オフィシャルサイト
http://shonen-movie.com/

オフィシャルTwitter:@shonen_movie

『娼年』原作