“事故物件”を浄化! 池田エライザ&オダギリジョー&健太郎出演映画『ルームロンダリング』ポスタービジュアルが解禁

“事故物件”を浄化! 池田エライザ&オダギリジョー&健太郎出演映画『ルームロンダリング』ポスタービジュアルが解禁

7月7日(土)に公開される池田エライザ主演映画『ルームロンダリング』のポスタービジュアルが解禁された。

新たなクリエイターの発掘を目指して映画企画を募集するコンテスト「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM2015」で全474企画の中から準グランプリを受賞し、独創的なアイディアで注目を集めながら、オカルトの中にヒューマンドラマの要素を入れた爽やかな設定を評価された本作。自殺や他殺、不審死、孤独死など部屋の中で“人の死”が発見されたされた、いわゆる「事故物件」ばかりに引っ越しを繰り返す“ワケアリ女子”八雲御子(池田)と幽霊たちとのふれあいを切なく哀しくも可笑しく描く。

この度解禁されたのは、ある秘密が隠されたアヒルのランプとスーツケースを抱えて転々とする御子を中心に、オダギリジョー演じる胡散臭い不動産屋を営む御子の叔父、健太郎演じる御子の隣に住む青年・亜樹人、そして火の玉とともに幽霊たちが集まっており、取り憑いているようにも見えるポスタービジュアル。

また、4月19日(木)より開催される「第10回沖縄国際映画祭」では、特別招待作品として上映されることが決定しており、現地には池田エライザ、健太郎、片桐監督が飛び、20日(金)の上映後舞台挨拶と22日(日)のレッドカーペットに登場予定だ。

【STORY】
5歳で父親と死別した八雲御子(池田)。その翌年には母親が失踪してしまった。その後は祖母に引き取られた御子だが、18歳になると祖母も亡くなり、天涯孤独となってしまった。度重なる不幸に自分の殻に閉じこもってしまった御子のところに、母親の弟である雷土悟郎(オダギリ)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれた。そのアルバイトとは“ルームロンダリング”だった。
「1K・4万円・自殺」
新たな部屋に越してきた御子。夜、風呂場へ行くとそこには春日公比古(渋川清彦)の幽霊がいた。自分の姿が見える御子に驚く公比古だが、御子は公比古に驚かない。ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになっていたのだ。奇妙な共同生活を送る2人だが、ある時、公比古は自分の演奏が収録されたデモテープを見つける。そのテープこそレコード会社に送ろうと思って送れなかったまま亡くなってしまった後悔の産物。今からでも送って欲しいと公比古から頼まれる御子。そんな折に悟郎からの連絡。新たな物件への引っ越しが決まる。
「2K・10万円・刺殺」
引っ越した先の幽霊・千夏本悠希(光宗薫)は見知らぬ男に殺されたOLだった。隣人の虹川亜樹人(健太郎)は事件当時、異変には気付いたが何も出来なかった事を悔いていた。そこへ、居るはずのない公比古が現れる。御子がまだ送っていないカセットテープへの執着から現れたようだ。幽霊同士語り合う公比古と悠希。悠希の恨みを晴らしてあげたい御子は似顔絵描きで犯人を探そうと思いつく。御子の書いた似顔絵を元に、警察へ連絡した亜樹人だが、なんと偶然にも連絡を受けた警官こそが悠希を殺した犯人であった。一方的に殴られ続ける亜樹人の絶体絶命のピンチを御子の決死のアイディアで救い出し、さらには犯人逮捕へと至るのだった。
母親の深月にも幽霊が見える能力があり、そのことで精神を病んだのだと悟郎から聞かされた御子は、悟郎に頼み込んで深月の居場所を聞き出す。そこはかつて一緒に暮らした区営住宅の跡地であり、そこに深月は確かにいたのだが・・・
公比古と悠希は、そして御子と亜樹人は・・・見終わった誰もが暖かな気持ちになるステキな物語。

作品情報

『ルームロンダリング』
7月7日(土)より新宿武蔵野、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋他全国ロードショー
出演:池田エライザ 渋川清彦 健太郎 光宗薫 / オダギリジョー  
監督・脚本:片桐健滋
共同脚本:梅本竜矢
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント 
配給:ファントム・フィルム 
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント プラスディー 
オフィシャルサイト:roomlaundering.com 
(C)2018「ルームロンダリング」製作委員会