レキシ、「竹内涼真です」。 予測不能なパフォーマンスと適当なトークで爆笑ライブ開催

レキシ、「竹内涼真です」。 予測不能なパフォーマンスと適当なトークで爆笑ライブ開催

江戸東京博物館が4月1日に再オープン。これを記念したスペシャルイベント『再オープン記念WEEK「EDO→TOKYO VISION」江戸東京の歴史・文化とつながる一週間』が開催され、4月7日にはレキシがミニライブを行った。

おなじみの法螺貝が鳴るとレキシが登場。「江戸にちなんだ年貢の曲を歌いま~す」と、さっそく「年貢 for you」を披露する。レキシといえば、予測不能なパフォーマンスが魅力のひとつ。間奏に「竹内涼真です」「竹原ピストルです」などと適当なトークを挟んで一気に観客の気持ちをキャッチし、さらに沢田研二の「TOKIO」やTOKIOの「AMBITIOUS JAPAN!」をアドリブで歌い出すと、一般客たちも何事か!? と足を止めていた。

そして「唯一の江戸時代の曲を歌ってしまったので、こっからは違う時代の曲でもいいですか?  って、全然僕のことを知らない人が観たら、なんのライブかわかんないですね」と自嘲しつつ、2曲目の「SHIKIBU」を歌い出す。「江戸時代から平安時代の紫式部に思いを馳せましょう!」という掛け声とともに、ソウルフルなコーラスが江戸博に響き渡った。

MCでは「曲づくりで煮詰まったらすぐ来る。俺にとってはパワースポットみたいな場所」と江戸博への並々ならぬ愛情を語ったレキシ。さらに「レキシの活動は、今日みたいな日のためにやってるようなもんなんですよ。(江戸博は)何回来ても飽きないし、どこを観ても楽しい。特に好きなのは……」と客席後方に鎮座する巨大な模型「地層は語る」を指差す。そして「この地層を観ると、僕は歴史をすごくリアルに感じることができるんです。毎回この地層を観に来てると言っても過言ではないほど好きです。その地層の目の前でライブができるのは、本当にうれしい」と感極まった(ような素振りを見せた)。

ライブは超定番曲「狩りから稲作へ」となだれ込み、「稲作といえば弥生時代ですね。この弥生という名前がどこから来てるかというと……」とイントロトークをしていると、博物館という場所柄か、重要なオチを観客に先に言われてしまうハプニングが発生。予想外の展開に客席から爆笑が巻き起こるなか、レキシは「そうなんですよ。東京の文京区にある弥生町で見つかった土器がきっかけになって、弥生時代という名前になったんですよ。そういう意味では、次の『狩りから稲作へ』も江戸と関係あるんだよ……って話がしたかったのに、説得力が全然なくなっちゃったじゃないないか!」とツッコミを入れていた。

「狩りから稲作へ」ではおなじみのコールアンドレスポンス「稲作中心」「日本の歴史」「稲穂」で場内を盛り上げまくり、ノッてきたレキシはうれしそうに観客と「江戸博」と合唱。お遊びがすぎたためか、3曲しかプレイしてない状況で残り時間が10秒になってしまう。しかし、めげないレキシは「江戸寄りな、あの曲やってないよね」と最後に「きらきら武士」をねじ込み、日本の歴史への愛に満ちた爆笑ショートライブを締めくくった。

リリース情報

2017.04.26 ON SALE SINGLE「KATOKU」

2017.04.26 ON SALE ハナレグミ・レキシ Blu-ray&DVD「La族がまたやって来た、ジュー!ジュー!ジュー!」


レキシ オフィシャルサイト
 http://rekishi-ikechan.com/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC