ミュージカル界の貴公子・柿澤勇人が沢尻エリカを翻弄! 映画『猫は抱くもの』場面写真解禁

ミュージカル界の貴公子・柿澤勇人が沢尻エリカを翻弄! 映画『猫は抱くもの』場面写真解禁

6月23日(土)新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町他にて全国公開される沢尻エリカ主演作『猫は抱くもの』に出演している“ミュージカル界の貴公子”として知られる柿澤勇人の場面写真が解禁された。

本作は、人気推理小説「猫弁」シリーズで知られる大山淳子の同名小説を、映画『グーグーだって猫である』など、猫を撮らせたら日本映画界随一と言っても過言ではない犬童一心監督が実写化したもの。思った通りの自分になれず、投げやりな毎日に慣れてしまった“元アイドル”の沙織(沢尻)と“自分を沙織の人間の恋人だと思い込んでいる猫”良男(吉沢 亮)が、自分らしい生き方を見つけていく姿をハートウォーミングに描く。こじらせた1人と1匹の、妄想とリアルが入り混じる演出が見どころ。実写の猫に加えて、演劇風の演出、アニメーションなど数々の演出が織り込まれ、映画好きこそ見るべき、新鮮な演出が盛り込まれている。

そんな本作で、沙織の所属するアイドルグループに近づくTV局のプロデューサー・ササキ(過去)と沢尻が勤めるスーパーの本社社員・高橋(現在)という一人二役を演じたのが若手演技派俳優・柿澤勇人だ。柿澤は、いかにも業界風なプロデューサー、一見好青年ながら沙織に手酷い裏切りを加える上司として異なるサイテー男を見事に表現、沙織の人生に大きな影響を与える重要な役どころを演じている。

柿澤は劇団四季出身で、近年では『デスノート The Musical』で浦井健治と共にダブルキャストで主役を務めるなど次世代を担う実力派若手俳優として活躍しており、現在はミュージカル『メリー・ポピンズ』に出演中。また、ドラマ『先に生まれただけの僕』(NTV)、NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』など舞台以外にも活躍の場を広げている。さらに今年の9月から上演される、福田雄一が演出・上演台本、山田孝之と共にダブル主演で贈るミュージカル『シティ・オブ・エンジェルズ』が控えており、まさに今もっとも勢いのある俳優だ。

素顔の柿澤はというと、本作で演じるキャラクターとは真逆の人間。実は曾祖父と祖父は共に浄瑠璃と三味線で人間国宝を受賞している筋金入りの芸事一家に生まれ育った。優れた血統と確かな実力を併せ持つ柿澤の今後に注目だ。

【高橋/ササキ役:柿澤勇人コメント】
Q猫は抱くものに出演されて
憧れの犬童監督の作品に出演でき1つ夢が叶いました。台本を読んだときはどんな作品になるかすぐにイメージが出来なかったのですが、事前の稽古を経てから撮影に入ったので、すんなりと参加できました。不思議な世界観の素敵な作品になっていると思います。

Q沢尻さんと共演されて
沙織を惑わす高橋役とササキ役を演じました。沢尻さんは美しくてまっすぐで魅力的でしたので、自然と役に入り込めました。撮影の合間もいろいろと話をしたりして、リラックスして挑めました。今後もまた共演できるよう精進します!

【STORY】
主人公の沙織(沢尻エリカ)は、とある地方都市のスーパーマーケットで働くアラサ―女性。かつてはアイドルグループ「サニーズ」のメンバーとして芸能界で活動していたが、歌手としては芽が出ず、すべてに嫌気が差して都会から逃げてきた。今の自分を好きになれず、周囲ともうまく馴染めない彼女にとって、心を許せる唯一の存在は、ペットショップで売れ残っていたロシアンブルーのオス猫「良男」(吉沢亮)。嬉しかったこと、哀しかったこと、腹が立ったこと…。すべてを受け止めてくれる「良男」に向かって、沙織は日々、妄想を交えながら語りかける。そして「良男」は、いつしか自分を人間だと信じ込み、恋人として沙織を守らねばと思い始める。そうやって過ごしてきた、こじらせた1人と1匹の日常にも、変化が訪れて…。

作品情報

『猫は抱くもの』
6月23日(土)新宿ピカデリー他、全国ロードショー
監督:犬童一心『グーグーだって猫である』『ジョゼと虎と魚たち』
脚本:高田亮『そこのみにて光輝く』『オーバーフェンス』
原作:『猫は抱くもの』(大山淳子著・キノブックス刊)
出演:沢尻エリカ、吉沢 亮、峯田和伸、コムアイ(水曜日のカンパネラ)/岩松了
制作:ADKアーツ
企画・配給】キノフィルムズ
©2018 『猫は抱くもの』製作委員会

オフィシャルサイト
http://nekodaku.jp