「これはハードプレイですね~」映画『娼年』女性限定上映会に、主演の松坂桃李が登場!

「これはハードプレイですね~」映画『娼年』女性限定上映会に、主演の松坂桃李が登場!

2001 年の直木賞候補になり、性の極限を描いたセンセーショナルな内容が話題を呼んだ石田衣良の恋愛小説「娼年」。2016 年の舞台版と同じ松坂桃李×三浦大輔のコンビで映画化され、4月6日に公開され、リピーターも相次ぎ、連日満席の大ヒットとなっており、ロングランの兆しをみせている。
そんな好状況の中、4月15日(日)TOHO シネマズ日比谷にて、大ヒット記念女性限定上映会が行われ、主演の松坂桃李が大ヒット御礼の舞台挨拶に登壇した。

映画『娼年』は、退屈な日常を送る20 歳の大学生・森中領(リョウ)が、会員制ボーイズクラブのオーナー・御堂静香に誘われ“娼夫”となり、様々な女性と関係を持ちながら成長を遂げていくストーリー。

©⽯⽥衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会

以前、上映後に行われた公開記念舞台挨拶で松坂は“これは一種のプレイのよう”と答えていたが、今回の冒頭の挨拶は、お客さんが女性のみということをうけたコメントだった。「みなさん、こんばんは。森中領を演じた松坂桃李です。本当に女性の方たちばかりなんですね~凄いですね~これはハードプレイですね。けっこうアウェー感があります」と圧倒された雰囲気の中でスタート。
4月6日の公開から時間が経過しているが、舞台挨拶が行われた日比谷をはじめ、渋谷、新宿も連日満席とMCから伝えられた。『娼年』公開時期にはアニメ作品も数多く公開されており、今作は大人の女性を中心に大ヒットとなっているようだ。連日満席と伝えられると「えぇ~凄いですね~(『娼年』の)公開時期間違っていると思ってますもん」と、映画『娼年』が支持されていることに喜びをかみしめながら答えていた。続けて「番宣も限られていたので、この作品は観ていただいた方々たちの支えでいろいろな人たちに広まっているんだなと感じています」と感謝を述べていた。

SNSなど、コミュニケーション手法が多様化している現代において、三浦監督は今作を“身体と身体のコミュニケーション”と喩えていた。その撮影を体感した松坂は「三浦さん、お芝居がうまいんです。実際に(現場で)やってくれるんですよ。リョウ役も女性役も。僕との絡みを遠巻きにスタッフ、女優さんが見ているシュールな状況になるんです(笑)。三浦さんは事細かに動き、あえぎ方、いろいろ…言葉で説明するより見せた方が早いと思うんでしょうね」と三浦監督の演出へこだわったポイントを説明してくれた。

また、映画『娼年』での松坂は、役者としての評価を格段に上げている。それは、セリフではなく、身体、表情で観客を魅了しているからに他ならない。「今回のリョウくんに関しては、ちゃんとしたセリフというよりは、身体のコミュニケーションや表情の中で、成長を見せられたらいいなと思っていたので、そこは僕自身も大事にやってきました」と今度は松坂自身のこだわったポイントを披露。舞台では見れなかった表情が観れるというのも映画ならではの大きなポイントとなっている。

深夜に及ぶ連日の撮影は大変だったようだ。そのエピソードとしては「濡れ場を長時間やることもそうないんで。ずっと裸で風邪ひくんじゃないなと(笑)。(裸でいることに)なんの抵抗もなくなってくるんですよね。慣れてきて。」と話し、続けて「濡れ場の途中からの撮影の時には、そのシーンを示す卑猥なワードが飛び交うんです。スタッフはその言葉も恥ずかしげもなく叫んで撮影していくという。現場は卑猥な言葉ばかりでした(笑)」と現場でのエピソードを披露してくれた。

リピーターが多い今作において、2回目以降の方は笑って観れるという話があるようだ。それを受けて松坂は「1回目はなかなか前情報がない状態なので、どこでどうリアクションが…という戸惑うところもあると思いますが、唯一本当に言えるのは、德⾺さんのシーンは絶対笑ってください(笑)。あそこは舞台でも三浦さんが作品の中に緩急をつける意味で、心をやわらかくできるところなので。我慢せずに笑ってください」とリピーターだけではなく、1回目の方への前情報となるコメントをしていた。

最後に松坂は「スタッフさんに聞いたところ、娼年とコナンを一緒に観る人多いみたいです(笑)。何故だろうなと。映画界にはいろんな癒しがあって、ジャンルに関係なく、いろいろな層の人たちが(映画を)観て下さるのはうれしいなと思っております。こっちは頭脳も身体も大人の男がいろんな事件に巻き込まれます(笑)。R指定もついて、多くは番宣できなかったのですが、たくさんの方々が観て下さっていると知りまして、皆さまのおかげだと思っております。すごく感謝してます。スタッフ、キャストを代表して、心から感謝を言いたいです。本当にありがとうございます。この作品を皆さまの手で育てて行ってほしいなと思ってます。賛否なんでも感想をお待ちしております」と感謝の言葉と『娼年』という作品のこれからの願いを伝え、舞台挨拶は幕を閉じた。

圧倒的なリアリティで表現される性描写も見どころには違いないが、この映画はリョウがさまざまな女性たちの心の奥底に潜む欲望と向き合い、人として成長していく人間ドラマである。今年、もっともセンセーショナルな映画を、劇場で体感してほしい。

取材・文・撮影/エンタメステーション編集部

映画『娼年』

4月6日(金)TOHOシネマズ新宿他全国ロードショー

松坂桃李
真飛聖 冨手麻妙
猪塚健太 桜井ユキ ⼩柳友 ⾺渕英⾥何 荻野友⾥ 佐々木心音 大谷麻衣 階⼾瑠李
⻄岡德⾺/江波杏⼦

脚本・監督:三浦大輔
原作:⽯⽥衣良「娼年」(集英社⽂庫刊)
製作幹事:ファントム・フィルム ハピネット
制作プロダクション:ホリプロ
企画製作・配給:ファントム・フィルム
レイティング: R18+
©⽯⽥衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会
オフィシャルサイトhttp://shonen-movie.com/
公式Twitter@shonen_movie

書籍情報

『娼年』
石田衣良・著
集英社文庫
恋愛にも大学生活にも退屈し、うつろな毎日を過ごしていたリョウ、二十歳。だが、バイト先のバーにあらわれた、会員制ボーイズクラブのオーナー・御堂静香から誘われ、とまどいながらも「娼夫」の仕事をはじめる。やがてリョウは、さまざまな女性のなかにひそむ、欲望の不思議に魅せられていく……。いくつものベッドで過ごした、ひと夏の光と影を鮮烈に描きだす、長編恋愛小説。