映画『君の名前で僕を呼んで』入野自由・津田健次郎が主演声優、櫻井孝宏がナレーション参加した吹き替え版予告篇解禁

映画『君の名前で僕を呼んで』入野自由・津田健次郎が主演声優、櫻井孝宏がナレーション参加した吹き替え版予告篇解禁

4月27日(金)に全国公開となる映画『君の名前で僕を呼んで』より、日本語吹き替え版の予告篇が解禁された。

「第90回アカデミー賞」で4部門(作品賞、主演男優賞、脚色賞、歌曲賞)にノミネート、見事脚色賞(ジェームズ・アイヴォリー)を授賞、映画レビューサイトのロッテントマトによる2017年度ベスト・レビュー映画NO.1と輝かしい実績を持つ本作は、80年代の北イタリアの避暑地を舞台に、17歳と24歳の青年の、初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びが描かれる。

また、エリオ(ティモシー・シャラメ)役をアニメ『おそ松さん』などの入野自由、オリヴァー(アーミー・ハマー)役を「スター・ウォーズ」シリーズのカイロ・レン役で知られる津田健次郎が演じることでも大きな話題を呼んでいる本作の吹き替え版。

解禁された吹き替え版の予告篇は、字幕版予告篇と同じく北イタリアの避暑地を舞台に17歳のエリオとエリオの父の研究を手伝いにきた24歳のオリヴァーの出会いから、主演二人の揺れ動く感情とその魅力を盛り込んだ内容。みずみずしさあふれる主演二人に、津田と入野の美声によって新たな魅力が加えられ、思わず胸が熱くなる美しいセリフの数々が吹き替え版の完成度の高さを物語っている。

さらに、ナレーションは字幕版予告篇と同様に櫻井孝宏がつとめ、大人気声優3名の美声が聞ける必見の予告篇となっている。

【STORY】
1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。

作品情報

『君の名前で僕を呼んで』
4月27日(金)TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー

監督:ルカ・グァダニーノ(『ミラノ、愛に生きる』、『胸騒ぎのシチリア』)
脚色:ジェームズ・アイヴォリー(『眺めのいい部屋』『モーリス』『ハワーズ・エンド』『日の名残り』)
原作:『君の名前で僕を呼んで』(アンドレ・アシマン/オークラ出版)
出演:ティモシー・シャラメ(『インターステラー』、『レディ・バード』)、アーミー・ハマー(『コードネーム U.N.C.L.E.』)、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサール ほか

<吹き替え版主要キャスト一覧>
エリオ(ティモシー・シャラメ):入野自由
オリヴァー(アーミー・ハマー):津田健次郎
パールマン教授(マイケル・スタールバーグ):星野充昭
アネラ(アミラ・カサール):沢海陽子
マルシア(エステール・ガレル):下山田綾華
キアラ(ヴィクトワール・デュボワ):櫻庭有紗
マファルダ(バンダ・カプリオロ):伊沢磨紀
提供:カルチュア・パブリッシャーズ/ファントム・フィルム
配給:ファントム・フィルム
原題:Call Me By Your Name
©Frenesy, La Cinefacture
オフィシャルサイト