竹内結子「新しいドラマが生まれた」。ドラマ『ミス・シャーロック/Miss Sherlock』ワールドプレミアでキャスト陣の変人度が判明

竹内結子「新しいドラマが生まれた」。ドラマ『ミス・シャーロック/Miss Sherlock』ワールドプレミアでキャスト陣の変人度が判明

“あのシャーロック・ホームズとジョン・ワトソンが、もし現代の東京にいたら…? しかも、2人とも女性だったら…?”というテーマのもと、世界的に有名な探偵のもしもを描いた連続ミステリードラマ『ミス・シャーロック/Miss Sherlock』のワールドプレミア完成試写会が本日4月16日(月)に開催。レッドカーペットイベントと舞台挨拶も実施され、竹内結子(シャーロック役)、貫地谷しほり(橘 和都役)をはじめ、滝藤賢一(礼紋元太郎役)、中村倫也(柴田達也役)、大谷亮平(守谷透役)、小澤征悦(双葉健人役)、斉藤由貴(入川真理子役)、伊藤 蘭(波多野君枝役)のメインキャスト8名が登壇。心理テストや本作にまつわるトークでステージを盛り上げた。

レッドカーペットイベントから始まった、今回のイベント。8名のキャスト陣はそれぞれ男女のペアになって登場し、男性キャストが女性キャストをエスコートする形でカーペットを前進。会場は観客の盛大な拍手と歓声に包まれた。また、イベントでは竹内がキャストを代表して「今日は主要なキャストが勢ぞろいで、すごい作品になったなと今更ながらひしひし感じております」と挨拶した。

続く舞台挨拶では、8名のキャストが再び登場。それぞれが壇上であいさつをするなか、大谷と斉藤は第1話で登場しないのに来てしまったことを明かし、笑いで観客の心を掴んだ。

続くフリートークでは、キャストが本作に出演しての感想や自身のキャラクターに付いて言及。主演の竹内は本作が世界19か国同時配信のドラマということで、「新しいドラマが生まれたなという感じがしています」と語り、本作の公開を喜んでいだ。一方、シャーロックの相棒・和都(わと)を演じる貫地谷は、以前ロバート・ダウニー・Jrが主演を務めていた映画『シャーロック・ホームズ』を観たようで、ジュード・ロウが演じたワトソンのようにカッコいい役が来るのかと思っていたとのこと。しかし、本作の和都は少しドジな部分があるそうで、「今までのワトソンとは違うなと感じました」と語った。

刑事の礼紋元太郎を演じる滝藤は、本作が世界中で配信されることに対し「ついに世界に羽ばたくときが来たなと」と低音のセクシーボイスでひと言。すかさず、礼紋の相棒・柴田達也を演じる中村が「声作ってるでしょ」とツッコミをし、早くも息の合ったコンビプレーを見せてくれた。そんな中村は滝藤(礼紋)とのコンビについて「コンビだけどニコイチには決してならず、それぞれに個性があるんだけどまとまっている」とふたりの特徴を語り、礼紋を「愛妻家なんですよ」と称賛。すると、これに対して今度は滝藤が自分のことのように「愛妻家なんですよ」と念押しをし、観客を笑わせた。


戦場カメラマン・守谷透を演じる大谷は、男性キャストで唯一、女性陣の女子会にひとりだけ参加するシーンがあるとのこと。そのほかにも、女性キャストとの絡みが男性キャストよりも多かったようで、「役得でした」と笑顔で話していた。続く、シャーロックの兄で、同じく天才の双葉健人を演じている小澤は、小さい頃からシャーロック・ホームズの作品が大好きだったそう。今回のキャスティングはそこから決まったようで、「小さい頃から読んでいた作品の世界観に入れるというのは、もの凄くうれしかったです」と、自身の溢れる気持ちを語る。また、本作の映像の美しさにに惹かれたようで、そこの注目してほしいと見どころも教えてくれた。



次に、小澤にいきなり話を振られた斉藤は「正直に言って迷惑です」と一蹴。舞台裏から同じようなやり取りが続いていたようで、キャスト陣からは笑みがこぼれていた。そんな斉藤は、小澤と同じく本作の映像に魅了されたようで、オープニングのタイトルシーンやフィルムノワール的な作品に見せてくれる映像表現をオススメ。「これはすごい作品の完成に立ち会ったんだなと感じてもらえます」と観客に自信を持って断言していた。そして、シャーロックと和都が住む屋敷の大家・波多野君枝を演じる伊藤は、シャーロック&和都コンビの何とも言えない噛み合わなさが面白かったとのこと。「最終回に向けて、その部分も変化してくるかもしれないので、その辺も楽しみにしたいです」と語ってくれた。

フリートークに続いて行われたのは、変人として有名なシャーロック・ホームズにちなんだ、変人度がわかる心理テスト。以下の問題に対して、キャスト陣が直感で答えを選び、変人度が明らかとなった。

●変人度チェック心理テスト
あなたの部屋に不思議な動物が迷い込んできました。しかもその動物はあなたに懐いています。あなたはその動物と一緒に過ごすことになったのですが、不思議な動物は次のうちどれでしょうか?

選択肢:銀のフクロウ、白のオオカミ、金のヘビ

銀のフクロウ:俯瞰で物事を見る知性派、変人度10%
白のオオカミ:大胆不敵な孤高の人 変人度60%
金のヘビ:エキセントリックな芸術肌 変人度100%

銀のフクロウを選んだのは貫地谷、滝藤と中村。知性的という結果に、中村は「そうでしょうね」とすました顔でこたえ、観客の笑いを誘った。そして白のオオカミと答えたのは竹内、斉藤と大谷。最後の金のヘビを選んだのは、当初伊藤だけだったが、小澤も伊藤に合わせてしまったがために変人度100%となってしまう。しかし、小澤の変人度100%に関してはほかのキャストもとくに驚いた様子もなく、自身も「自分で選ばず、伊藤さんに合わせてる時点で変人だよね(笑)」と納得してしまう結果に。小澤が美味しいところをすべて持っていく形で心理テストは終了となった。

心理テストが終わるとイベントもいよいよ終了間近。最後はコール&レスポンスで会場を盛り上げることになり、竹内の「ミス!」という掛け声に合わせて、観客が「シャーロック!」と声を合わせて返した。するとその瞬間、ステージからはバラの香りがするテープキャノンが放たれ、会場は大盛り上がり! 薔薇の香りが会場を包むなか、竹内がキャストを代表してメッセージを送り、舞台挨拶も締めくくられた。

配信情報

「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」

【放送・配信時期】4月27日(金)Hulu独占配信/世界19カ国同日放送[全8話]
【放送・配信地域】日本=Hulu独占配信/世界19カ国=HBOアジア独占放送
【キャスト】主演:竹内結子 / 貫地谷しほり / 滝藤賢一 / 中村倫也 / 大谷亮平 / 小澤征悦 / 斉藤由貴 / 伊藤蘭 ほか
【脚本】丸茂周/小谷暢亮/政池洋佑/及川真実/森淳一
【監督】森淳一/瀧悠輔/松尾崇
【エグゼクティブ・プロデューサー】長澤一史(Hulu)/毛利忍(Hulu)/Jonathan Spink(HBO ASIA)/Beibei Fan(HBO ASIA)/石田和義(ROBOT) 
【プロデューサー】戸石紀子(Hulu)/村上公一(ROBOT) 
【制作プロダクション】ROBOT
©2018 HJ HOLDINGS, INC & HBO PACIFIC PARTNERS, V.O.F

「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」番組オフィシャルサイト
https://www.happyon.jp/static/miss-sherlock/