舘 ひろしが“怒鳴る! 走る! 泣く!” 『連続ドラマW 60 誤判対策室』予告映像解禁

舘 ひろしが“怒鳴る! 走る! 泣く!” 『連続ドラマW 60 誤判対策室』予告映像解禁

5月6日(日)よりWOWOWプライムにて放送スタートする『連続ドラマW 60 誤判対策室』(全5話)の予告映像が解禁された。

本作は、ニューウェーブ警察ミステリー小説「エウレカの確率」 シリーズなどで注目を集めた石川智健の人気ミステリー小説をドラマ化したもの。定年を控える刑事・有馬(舘 ひろし)、若手弁護士・世良(古川雄輝)、女性検察官・春名(星野真里)の3名が所属する、死刑囚を再調査し、冤罪の可能性を探る組織「誤判対策室」を舞台に繰り広げられる本格法廷ミステリーだ。

解禁された予告映像では、とある事件の死刑囚の冤罪の可能性に挑む刑事・有馬が、“最後の事件”に男として、そして父親として人生の全てをかけて挑んでいく姿が映し出されている。

【STORY】
ベテラン刑事・有馬英治(舘 ひろし)は、死刑囚の冤罪の可能性を調査する組織「誤判対策室」で60歳の定年を迎えようとしていた。組織には有馬のほかに若手エリート弁護士・世良章一(古川雄輝)と検察庁から左遷された検事の春名美鈴(星野真里)が所属する。凄腕で知られた有馬だったが、かつて担当した事件で無実の者を冤罪に陥れた過去があった。世良と春名をよそに、定年までを惰性で過ごす有馬にとって「誤判対策室」での日々はどうでもよかったが、ある時一つの事件の情報を入手する。なぜか有馬は取り憑かれたようにその事件を調べ、一人の確定死刑囚・古内博文(康 すおん)にたどり着く。かつての事件への贖罪の気持ちと冤罪を疑い必死になる有馬はついに隠されていた真実をみつけるが、すでに古内には死刑執行が迫っていた。

番組情報

『連続ドラマW 60 誤判対策室』(全5話)
5月6日(日)放送スタート 
毎週日曜22:00【第1話無料放送】[WOWOWプライム]
原作:石川智健『60 誤判対策室』(講談社文庫刊)
監督:熊切和嘉(『海炭市叙景』『私の男』『武曲 MUKOKU』)
脚本:高田 亮(『そこのみにて光輝く』『武曲 MUKOKU』)
出演:舘 ひろし、古川雄輝、星野真里、村上 淳、赤堀雅秋、ハマカワフミエ、酒井若菜、竹原ピストル、若松武史、小林勝也、康 すおん
製作:WOWOW、オフィス・シロウズ

オフィシャルサイト
http://www.wowow.co.jp/dramaw/60/

『60 誤判対策室』原作