もはや芸術作品! 小袋成彬、「Selfish」MVが国際短編映画祭にノミネート

もはや芸術作品! 小袋成彬、「Selfish」MVが国際短編映画祭にノミネート

来週4月25日に1stアルバム『分離派の夏』をリリースし、ソニー・ミュージックレーベルズ EPICレコードジャパンよりメジャーデビューする小袋成彬。4月4日からアルバムより先行でストリーミング配信がスタートした「Selfish」「Summer Reminds Me」の両曲がSpotifyのバイラルランキングのトップ30(日本)内にランクインするなど、デビュー前にも関わらず話題が尽きない。

そんななか、4月4日にYouTube上に公開され、各方面より高い評価を受け、SNSを中心にかなり話題になっていた初のミュージックビデオ「Selfish」が、国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2018』のミュージックビデオ部門の上映作品に選出。本映画祭のミュージックビデオ部門が立ち上がった2016年以来、デビュー作品がノミネーションされたのは初のことだ。

今作品の監督をつとめたのは、D.A.N「Shadows」やBo Ningen「HENKAN」などのミュージックビデオを手がけ、その美しい映像に定評のある新進気鋭の映像作家・石田悠介氏。“自動車の事故”をきっかけに起こる周囲の人間の心情の変化をスローモーションで巧みに表現し、楽曲「Selfish」の世界を見事に描いている。

また、楽曲の持つ、私小説を読んでいるかのような作品性の高さも映像とマッチングし、高い評価を受けた。映画館の座席に座る小袋成彬から始まる本作は、まさに1本のショートフィルムを観たような感覚に陥るような仕上がりとなっている。

4月6日、日本テレビ『スッキリ』での生歌唱出演をきっかけに、YouTubeの再生回数も大幅に伸び、公開から2週間で15万回再生突破。コメント欄では「たったひとつMVに、たったひとつの曲に、これだけあらゆるインフォメーションを詰め込んだ『藝術』があったということ」など、映像を含めてこのミュージックビデオを芸術作品と捉えるファンも多い。

なお、本楽曲が収録されるアルバム『分離派の夏』にはプレイパスの封入も決定。CD購入者には、特典「分離派の夏」ステッカーも付く。小袋成彬の最新インフォメーションは、レーベルサイトをチェックしよう。

なお、『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2018』は、6月4日から始まる東京開催を皮切りに、日本各地のナショナルツアー、日本国外での開催と展開されていく。


リリース情報

2018.04.25 ON SALE ALBUM『分離派の夏』


ライブ情報

小袋成彬 ワンマンライブ
05/01(火) 東京・渋谷WWW


イベント情報

1stアルバム『分離派の夏』リリース記念イベント
04/27(金) 東京・タワーレコード渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」


『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018』
http://www.shortshorts.org/2018/

小袋成彬 OFFICIAL WEBSITE
http://obukuro.com/

小袋成彬 レーベルサイト
http://www.sonymusic.co.jp/artist/nariakiobukuro


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC