『Fallen Legion』の2タイトルが1つになってNintendo Switch版発売決定

『Fallen Legion』の2タイトルが1つになってNintendo Switch版発売決定

アークシステムワークスは2018年4月17日、PlayStation 4向けに発売した『Fallen Legion -救国の皇女-』『Fallen Legion -反逆の炎-』の2タイトルを1本にまとめた『Fallen Legion -栄光への系譜』をNintendo Switch向けに発売することを発表した。


クロスシナリオで織り成す戦略アクションRPG
「Fallen Legion -栄光への系譜-」
Nintendo Switchにて2018年発売決定!

アークシステムワークス株式会社は、2018年初夏にクロスシナリオで織り成す2D横スクロール型戦略アクションRPG「Fallen Legion -栄光への系譜-」(以下、本作)をNintendo Switchにて発売する事を発表致します。
 
2018年1月31日にPlayStation 4にて発売された「Fallen Legion -救国の皇女-」「Fallen Legion -反逆の炎-」の2タイトルが1つとなって、Nintendo Switchに登場します。

崩壊する帝国にて戦いを繰り広げる「Fallen Legion」の2タイトルをどちらも楽しめる本作を是非ご期待ください。

▼「Fallen Legion」シリーズ公式サイト
http://www.arcsystemworks.jp/fallen-legion/

それぞれの思いを胸に戦う2人の主人公

「Fallen Legion -救国の皇女-」主人公
オクタヴィア・セシール・フェナム(CV:石上静香)
民を守る為、自ら最前線へ赴く勇敢な姫。意志を持つ魔道書《グリモア》を手に、彼女は崩壊寸前のフェミュニア帝国を守ると決意をする。


「Fallen Legion -反逆の炎 -」主人公
レガート・ラエンドゥール(CV:高橋英則)
フェニュミア帝国で最も賞賛される若き将軍。かつて失われた故国と誇り高き民の復興を夢見て、彼は帝国に反旗を翻す。

ゲーム概要

敵対する2人の主人公で展開されるクロスストーリー
本作は、帝国を率いるセシール皇女が主人公の「救国の皇女」と、帝国に反旗を翻し、反乱軍を率いるレガート将軍が主人公の「反逆の炎」との2作に別れており、国を救うという同じ目的を持ちながら敵対した2人の主人公のストーリーを楽しめる作品となっております。

 


攻防のタイミングが戦局を決めるリアルタイムバトル
戦闘は魔導書によって召喚された“霊戦士(エグゼンプラー)”3体と主人公でパーティを組み進行します。リアルタイムバトル制となっており、パーティ編成や攻防を仕掛けるタイミングが重要となっています。

 


迅速な判断が求められる「王の選択」
「王の選択」とは戦闘の合間に選択肢が出現し、主人公が選んだ答えでその後の展開が変化システムです。選択には「集落を危機から救うか」、「隣国と同盟を結ぶか敵対するか」など様々なパターンがあり、変化する展開を楽しむことができます。また、回答ごとにパーティの強化が変化するため、パーティに合った強化効果を選び、進めるといったプレイも可能です。

 

 

作品を彩る豪華キャスト陣
本作の主人公2人の役を務める石上静香さん、高橋英則さんのほか、河西健吾さん、加隈亜衣さんを起用。また、アークシステムワークスのゲームでおなじみの市来光弘さん、松本忍さん、中恵光城さんら豪華キャストが本作を彩ります。


■製品概要

タイトル:Fallen Legion -栄光への系譜-
プラットフォーム:Nintendo Switch
ジャンル:2D横スクロール型戦略アクションRPG
発売日:2018年
価格:未定
プレイ人数:1人
CERO:B

公式サイト
http://www.arcsystemworks.jp/fallen-legion/

©2018 YummyYummyTummy Inc. Localized and published in Japan by Arc System Works.

※リリース情報を基に記事を掲載しています。