福士蒼汰×杉咲 花、映画『BLEACH』ティザーポスタービジュアルが解禁!

福士蒼汰×杉咲 花、映画『BLEACH』ティザーポスタービジュアルが解禁!

7月20日(金)公開の福士蒼汰主演映画『BLEACH』のティザーポスタービジュアルが解禁された。

本作は、『週刊少年ジャンプ』で2001年から連載を開始し、全74巻・シリーズ累計発行部数9,000万部を誇る国民的人気コミックを実写化したもの。霊が見えること以外は普通の高校生・黒崎一護(福士)が、ある日、突然現れた死神・朽木ルキア(杉咲 花)から、死神の力を与えられ、家族や仲間たちのために“虚”(ホロウ)と呼ばれる悪霊たちと戦う物語。 

今回解禁されたポスターでは、死覇装(しはくしょう)を身にまとった死神の姿の主人公・一護(福士)と死神・ルキア(杉咲)の姿、そして2人の背後から虚<ホロウ>が襲い掛かるように腕をのばすビジュアルが収められている。意と反して突如死神の力を得た一護は、ポスタービジュアルの「死神として、生きろ。」というキャッチコピーと同様、大切なものを護るため、戸惑いながらも死神として生きていくことに。ビジュアルに収められている一護の鋭い眼光からは、死神として生きる覚悟を垣間見ることが出来るだろう。

なお、このポスターは、4月13日(金)より全国の上映劇場にて掲載されており、ポスタービジュアルと同様の表面ビジュアルのチラシも展開中だ(※ポスター、チラシともに一部劇場を除く)。チラシの裏面は、死神の姿ではなく制服姿の一護の姿、死神姿のルキアの姿が収められている。物語の起点となる原作のストーリーさながら、死神であるルキアが一護に力を分け与え、一護が死神代行となるまでの姿を表裏で、色味も白黒の真逆の色で表現している。

ド迫力のリアルアクションと、映画『GANTZ』をはじめ数々の作品を手掛けた日本最高峰のCGチームにより、壮大な世界観の映像化に挑む、本作。撮影は2016年9月から始まり、11月にクランクアップしたが、CGを1年以上かけて作り上げている。大ヒット作を連発している佐藤信介監督が描く、死神たちの壮絶なバトルアクションに期待が高まる。

【STORY】
幽霊が見えること以外は普通の高校生、黒崎一護(福士蒼汰)。そんな彼の平和な日常は突然、壊れた。人の魂を喰らう巨大な悪霊・虚<ホロウ>が現れたのだ。自身と家族の命が狙われる中、死神と名乗る謎の女・朽木ルキア(杉咲花)が現れ、一護たち家族を守ろうと必死に虚と抗戦するが重傷を負ってしまう。絶望的な状況下で、ルキアは最後の手段として、本来は人間に分け与えてはいけない死神の力の一部を一護に渡すのだった…高校生兼死神代行となった一護の、虚との壮絶な戦いが始まる。

作品情報

『BLEACH』
7月20日(金)全国ロードショー
出演:福士蒼汰 杉咲 花 吉沢 亮 / 早乙女太一 MIYAVI
監督:佐藤信介
原作:『BLEACH』久保帯人(集英社ジャンプ コミックス刊 )
製作:映画「BLEACH」製作委員会
制作プロダクション:シネバザール
配給:ワーナー・ブラザース映画
©久保帯人/集英社 ©2018映画「BLEACH」製作委員会

映画『BLEACH』オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/bleach-movie/

「BLEACH」原作(モノクロ版)

「BLEACH」原作(カラー版)