嵐、日立の新CMシリーズが始動。 第1弾は相葉雅紀が冷蔵庫になって“ハピネス”を届ける?

嵐、日立の新CMシリーズが始動。 第1弾は相葉雅紀が冷蔵庫になって“ハピネス”を届ける?

嵐のメンバーが出演する日立の新キャンペーン「ハロー!ハピネス」のTVCMが、4月28日より放映スタートする。

2010年から嵐(大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤)をイメージキャラクターに起用し、TVCMを放映している日立白物家電シリーズ。2018年の日立TVCMは、事業スローガン『360°ハピネス 〜ひとりひとりに、うれしい暮らしを〜』のもと、ひとりひとりに寄り添い、暮らしをしっかり見つめて、新しい幸せをもっと生み出す家電へ、との思いを込めた新キャンペーンワード「ハロー!ハピネス」をテーマにストーリーが展開。日立が届ける新しい「ハピネス」を、嵐のメンバーが伝える。

この「ハロー!ハピネス」をテーマにした新しいCMシリーズのトップを飾るのは、相葉雅紀。28日から全国で放送が開始される冷蔵庫“真空チルド”の新CM『冷蔵庫で続くハピネス』篇に出演する。

相葉が演じたのは、“日立の冷蔵庫がお届けする「ハピネス」”を擬人化するという、これまでのシリーズにはなかった役。果たして、相葉はどのような「ハピネス」を届けるのか。あらたな役、あらたなテーマで展開される本シリーズに注目だ。

さらに、TVCM本編以外にも、日立の冷蔵庫がもたらす「ハピネス」のアナザーストーリー動画を、日立の公式ページにて、4月24日から順次公開。こちらも要チェックだ。

■真空チルド『冷蔵庫で続くハピネス』編CMストーリー
軽快な「ハロー!」の声から始まる本編。3人家族のもとに日立の冷蔵庫“真空チルド”とともに現れたのは “日立の冷蔵庫がお届けする「ハピネス」”を擬人化した相葉。

まとめ買いした、たくさんの食材を前に「共働きなんで……」と悩ましげなお父さん。相葉が「(食材を新鮮に保存するから)まとめ買い、大丈夫!」と即答する。その3日後、キッチンで一緒にロールキャベツを調理をするふたりは「食材がいいと」「作り過ぎちゃう♪」と何だか楽しげな様子。家族みんなと、たくさんのおいしそうな料理を囲みながら「うん! おいしい!」と相葉もご機嫌。

5日後、保存していたロールキャベツを冷蔵庫から取り出すお母さん。「作り置きで今日のお弁当!」とお母さんが笑顔で言うと、相葉と子どもは、一 緒に「やったー!」と手を挙げ大喜び。約2°Cで鮮度を守って保存する「うるおい低 温冷蔵」の機能で、時間が経っても作り置きの料理やお総菜をおいしく食べられるという「ハピネス」を届けた。

日立の冷蔵庫によって“鮮度でおいしい毎日が始まる”という、「ハピネス」を相葉の巧みな演技で表現した本CM。様々な“日立だけの「ハピネス」”を届ける相葉に注目だ。

■撮影エピソード
撮影が行われた日は、晴天で春の暖かさを感じられる絶好の撮影日和。「お願いします!」と爽やかに現場入りした相葉。ホワイトのシャツにエプロンをまとい登場した姿を見て、「これまでのシリーズと印象が違って“新鮮”だね!」と話すスタッフも。

初めて挑む「ハピネス」役についても、監督からイメージを伝えられると、真剣に聞き入り、「あ〜そういうことなんですね」「わかった!」と、すぐに理解した様子。「ハピネス」溢れる笑顔で、新シリーズのCM撮影を楽しんでいる姿が印象的だった。

子役とのシーンでは、最初は緊張気味の様子だった男の子に、相葉が笑顔で話しかけリラックスさせる場面も。男の子がこの4月から小学校に上がると聞いた相葉は「ランドセル買ったかな? 何色? 黒?」と聞くと、男の子は元気に「紺!」と 返答。予想外の色に「紺なんだ! へえー!!」と驚く相葉。すると、和気あいあ いとしたやりとりを見ていた監督が「(相葉さんが小学生の頃は)そんな色はなかったでしょ?」とひと言。これに相葉は「なかったです! 僕たちが子どものころは黒と赤しかなかった(笑)!」と、小学生の頃を振り返り、楽しそうに笑っていた。

家族役3人との食事シーンの撮影合間には、食卓で談笑をする場面も。相葉が、笑顔で男の子に「もぐもぐタイムだね! もぐもぐタイムしてね!」と話しかけ、4人は声を上げて笑いあっていた。

家族役の3人と共に、今回の撮影を心から楽しんでいた相葉。CMのストーリーと同様に、撮影現場にも「ハピネス」なひとときを届けた。

また、本編冒頭の相葉が玄関先で「ハロー!」という声と共に現れるシーンでは、 快晴の下での撮影に、相葉も思わず「うわぁ〜気持ち良いなぁ!」と声が漏れ出るひと幕も。撮影はリラックスした雰囲気で進んだ。

リハーサルが終わり、撮影本番を待つ相葉。少しでも早く撮影を開始しようと、急いで準備を進めるスタッフを見て、「やるよ! やるよ!」とあえて急かすように、声をかける相葉。思いがけない声掛けに、焦るスタッフからも自然と笑い声が起きた。

相葉の一声で、終始リラックスしたムードの中で撮影は進み、最後まで 「ハピネス」な現場となった。

相葉雅紀 コメント Q. 本年のCMシリーズのテーマ「ハロー!ハピネス」で、 相葉さんも「ハピネス」を演じたわけですが、相葉さん自身に最近あった「ハピネス」な出来事を教えてください。 相葉:「ハピネス」はいっぱいありますねー! 僕は高校野球が大好きなので 今日も春の選抜大会を見ていたんですけど、(応援の)ブラスバンドで、(「嵐」の楽曲である)「Happiness」が、かかったことですね!! すごく「ハピネス」な気持ちになりました。

 

日立 公式ページ
http://kadenfan.hitachi.co.jp/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC