浅田真央「もう一度、大好きなスケートと 向き合う覚悟ができた」初のフォトエッセイから表紙&お気に入りカット先行公開

浅田真央「もう一度、大好きなスケートと 向き合う覚悟ができた」初のフォトエッセイから表紙&お気に入りカット先行公開

浅田真央、自身初のフォトエッセイ『また、この場所で』が5月2日に発売される。発売まで1週間に迫ったこのタイミングで、表紙ビジュアルが解禁された。

その表紙は、福島第一原発事故の影響で避難指示区域に指定されていた福島県川俣町山木屋地区での撮影中、偶然に見つけた坂道を上着を脱いでおもむろに走り出し、雪の中を笑顔で全力疾走するその姿を見事に切り取った、写真家・川島小鳥、渾身の1ショットとなっている。

さらに本書では愛犬エアロとの貴重なお散歩シーンも収録。
その愛くるしく、やさしい笑顔のお気に入り2ショットも先行公開された。

お気に入りカット ©集英社 ©撮影/川島小鳥

浅田は、「密着のポートレート撮影は初めての経験でしたが、写真家の川島小鳥さんが本当にナチュラルな雰囲気を持っている方で、自分も自然体でいられました」と話している。

5月3日から「Mao Thanks Tour」を始動させるなど、今まさに〝第二の人生〟のスタートラインに立っている浅田真央。
「今は生まれたてほやほやのような、まっさらな気持ちでいます。新たな目標に向かって、一日一日を一生懸命に、楽しく、そして大切に過ごしています」と現在の心境を語っている。

本書は「もう一度、大好きなスケートと向き合う覚悟ができました」と迷い悩んだ時期を乗り越えて、再び歩き始めた真央が、スケートへの想い、表現者としての覚悟、理想の女性像、子供に伝えたいこと、食へのこだわり、人生観など、心を込めて19のメッセージを書き綴っている。

 

なお、浅田真央の印税は全額、東日本大震災で被災した子どもたちを支援している「Support Our Kids」に寄付される。

本書にはきっといろいろな形の希望の光がたくさん詰まっている。その光には、これからの浅田真央が見せてくれる景色のヒントが隠されているに違いない。

浅田真央オフィシャルフォトエッセイ
『また、この場所で』

発売日:2018年5月2日
撮影:川島小鳥
予価:¥1,200+税
ISBN:978-4-08-780841-4
仕様:A5判変形・80Pフルカラー
発売元:集英社

©集英社 ©撮影/川島小鳥