生田斗真、瑛太ほか出演者が「問題作」と語る映画『友罪』にかける意気込み

生田斗真、瑛太ほか出演者が「問題作」と語る映画『友罪』にかける意気込み

4月24日(火)TOHOシネマズ日比谷にて、生田斗真と瑛太がダブル主演を務める映画『友罪』(5月25日全国公開)の完成披露試写会が行われ、主演の生田斗真、瑛太のほかに夏帆、山本美月、富田靖子、佐藤浩市、瀬々敬久監督が登壇した。

本作は、デビュー作で江戸川乱歩賞を受賞したミステリー界の旗手で、少年犯罪を取り巻く人々を繊細に描き続ける薬丸岳氏が2013年発表した同名小説を原作に、町工場で働く元ジャーナリストの益田(生田)と親しくなる他人との交流を頑なに拒む同僚の鈴木(瑛太)を中心に、「鈴木はかって世の中を震撼させた“少年A”では」と疑心や後悔に囚われたさまざまな人間模様を描く慟哭のヒューマンサスペンス。

主演の生田は、登壇すると「はっきり言って問題作です。賛否両論が巻き起こる。瀬々監督のもとすべてのスタッフ・キャストが尋常じゃない覚悟を持って向き合った作品です」と神妙な面持ちで客席に向かって挨拶をした。生田は、話を聞いた時に「絶対にやらなければならない題材」と思うも、制作中も出来上がってからも「この映画は本当に作って良かったのだろうか」葛藤したそうだ。しかし、「同じ時代に生きてきたものとしては、エンターテインメントとして表現する重要なことだと思って、覚悟を持って挑むことにしました」と語った。また「小説もそうですが、脚本が真に迫ってくるものがあったので、自分として表現できれば」と明かした。

同じく瑛太は、監督から衣装合わせの時に「僕が俳優だったら、この役は受けなかった」と言われ「それだけの覚悟が必要な役だった」と語る。続けて「少年Aの手記を読んでいろいろと感じた。全面的に殺人を犯した人間・少年Aにどこか“光”を感じてしまい、そこがこの役を演じるうえで大事なことだった。お客様にどんな光を与えられるか想像しながら演じました」と難しい役に対する心情を告白した。

「監督の作品に参加してみたかった」と語った夏帆も「この役を好きになれるか、正直に悩みました。でもこの難しい題材を瀬々さんがどうやって作っていくのか、覚悟を持って参加しました」。富田は「台本を読んだ時の『やらなきゃ』と取り組み、作品を見た時に息遣いや血が流れる感じをすごく感じたので、参加できたことが良かった」と、難しい題材への出演を語るなか、山本は「衣装合わせの時に監督から『唯一普通の人なので、普通に演じてくれ』と言われて、普通ってなんだろうと考えさせられました」と重い空気の場を和ませると、監督の作品にたびたび出演する佐藤も「物事は多面的。昨今、勝った負けた白か黒か2面的なことが多い映画が多いけれど、物事は多面的に見る側面がある。瀬々さんらしい」と笑わせた。

生田と瑛太は、3回目の共演(ドラマ『ヴォイス~命亡き者の声~』、映画『土竜の唄 香港狂騒曲』)。生田は瑛太について「多くを語らなくても、どこか太い部分で繋がっている。関係値を築けている。現場でも心地いい」と語る。瑛太は「現場にどういった心持で来るのか分かっているので、僕は“役に集中して演じていれば”と斗真に甘えている」とお互いを信頼している姿を見せた。

撮影時のエピソードとして、瑛太が「雨が降ったり、晴れのシーンを撮りたかったのに曇りだったり、これはたぶん生田斗真が雨男だなと、今日も雨だし…」と生田をいじると、監督も「天気が生田君のせいだと気が付いてよかったです」と笑顔を見せた。すると、それまで神妙な面持ちの生田もさすがに「風評被害が」と苦笑いした。

最後に、生田から「とてつもない覚悟ともって挑んだ作品です。エンターテインメントを生業としている者の役割・使命を感じながら撮影をしました。この思いが少しでも皆さんに届けば」」と語り舞台挨拶は終了した。

【STORY】
ジャーナリストの夢に破れて町工場で働き始める益田と、同じタイミングで工場勤務につく鈴木。鈴木は周囲との交流を避け、過去を語りたがらない影のある人物だが、同い年の二人は次第に打ち解け心を通わせていく。だが、あるきっかけと行動で、益田は鈴木が17年前の連続児童殺傷事件の犯人ではないかと疑い始める――。

映画情報

映画『友罪』
5月25日(金)全国公開

原作:『友罪』 薬丸岳(集英社文庫刊)
監督:瀬々敬久
出演:生田斗真、瑛太、夏帆、山本美月、富田靖子、佐藤浩市
配給:ギャガ
オフィシャルサイト:http://gaga.ne.jp/yuzai
©2017映画「友罪」製作委員会 
©薬丸岳/集英社

『友罪』原作