北原里英、つかこうへいの傑作『新・幕末純情伝』で十代目・沖田総司に。生誕70年にあたる今年、命日でもある7月10日を挟み、つかこうへいの本拠地・紀伊國屋ホールにて上演

北原里英、つかこうへいの傑作『新・幕末純情伝』で十代目・沖田総司に。生誕70年にあたる今年、命日でもある7月10日を挟み、つかこうへいの本拠地・紀伊國屋ホールにて上演

「演劇界の風雲児」と呼ばれ、戦後の昭和、そして平成の演劇界に一時代を築いた、 偉大な劇作家・つかこうへい。しかし彼は、2010年7月10日、62歳という若さで惜しまれつつこの世を去った。彼の遺した名作は数知れず、彼の手によって開花していった俳優が多いことも周知である。

つかこうへいという偉大な劇作家が存命していれば今年で70歳。その生誕70年にあたる今年、命日でもある7月10日を挟み、つかこうへいの本拠地・紀伊國屋ホールにて、生誕70年記念特別公演として『「新・幕末純情伝」FAKE NEWS』が上演されることが決定した。

『幕末純情伝』は、幕末の京都を舞台に、新撰組の沖田総司が実は女だったという、 つかこうへいのユニークな着想のもと、1989年8月、渋谷の PARCO 劇場にて幕を開けた。それ以降、『熱海殺人事件』『飛龍伝』と並ぶ、つかの代表的作品として愛され、これまで幾度となく上演され続けている。

そして今回、紅一点、沖田総司の十代目を引き継ぐのは、今春AKB48グループを卒業したばかりのNGT48・元キャプテンの北原里英。

演出には、フジテレビドラマ制作部ゼネラルディレクターで、日本のトレンディドラマの産みの親である河毛俊作が、まったく新しい観点からつか文学の立体化にあたる。

そして河毛俊作の斬新な作品作りのために、若い実力派の俳優が集められた。

沖田総司の相手役、坂本龍馬には、今年の『熱海殺人事件』でその実力を見せつけた、味方良介、さらには昨年ノンバーバル劇『アラタ』に鮮烈な登場を果たし、その殺陣の腕前を披露した小松準弥、若手俳優の中ではもはや重鎮に成長した細貝圭、そして 2.5 次元演劇で活躍する田中涼星、『戦国BASARA』の真田幸村役でおなじみの松村龍之介、α-X’s(アクロス)を卒業したばかりの増子敦貴ら、若々しく瑞々しい俳優陣に囲まれて、新しい沖田総司、北原里英が女優として開花していく姿は、観る者にあらたな感動を与えることだろう。

つかこうへい70歳を迎える2018年、彼の熱く日本を見据える作品は色褪せることなく、役者たちに、観客たちに受け継がれていく。

■ものがたり
徳川260年の泰平の世が、今まさに崩壊せんとしている文久3年。武士になりたい一身で、京都への道を急ぐ一群の男たちがいる。 近藤勇率いる、新撰組。

その隊士の中に「女」がいた。沖田総司。

小さい頃から男として育てられ、 ただひたすら剣の修行を強いられてきた孤独な女――。 風雲急を告げる、時は幕末。 勤皇、佐幕が入り乱れる動乱の京の街で、 総司は愛する土方歳三のため、ひとり、またひとりと勤皇の志士たちを斬り続ける。 そして、そんな総司の前に、ひとりの男が立ちふさがった。

その男こそ、日本に新しい時代をもたらす男。土佐の龍、坂本龍馬――。 裏切りと憎悪渦巻く暗黒の時代、 総司と土方、そして竜馬の胸を焦がす、熱い恋の行方とは? そして、勝海舟、桂小五郎……幕末の若き志士たちが夢見た、 新しい時代の夜明けとは?

国とは、女のことぜよ。
日本とは、おまんの美しさのことぜよ。
明日とは、男と女が見つめ合う、
熱い眼差しのことぜよ。
国とは、男と女が愛おしく思い合う
意思のことぜよ。
その強い意思があるかぎり、
国は滅びん!

舞台情報

「新・幕末純情伝」FAKE NEWS
07/07(土)〜07/30(月) 東京・紀伊國屋ホール
作:つかこうへい
演出:河毛俊作
出演:北原里英、味方良介、小松準弥、田中涼星、増子敦貴、松村龍之介、細貝圭 ほか


「新・幕末純情伝」FAKE NEWS 公式サイト
http://bakumatsu2016.com/test/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC