吉田 羊&松岡茉優出演の新CMで、いきものがかり・吉岡聖恵が中島みゆきの名曲「糸」を歌う!

吉田 羊&松岡茉優出演の新CMで、いきものがかり・吉岡聖恵が中島みゆきの名曲「糸」を歌う!

女優の吉田 羊、松岡茉優が出演するトヨタホームの企業CMシリーズの続編となる『自己PR』篇(30秒、60秒)、『笑え、家族。/家、最強』篇(15秒)が、4月28日()より全国で放送開始される。

これまで中島みゆき(オリジナル曲)、 EXILE ATSUSHI、Aimerと歌い継がれてきたCM楽曲「糸」を今回カバーするのは、吉岡聖恵(いきものがかり)。今回もあらたな「糸」が家族の絆と笑顔を伝えていく。

今回のCMは、トヨタホームが大切にしている「60年長期保証」と「人生をごいっしょに。」をテーマにした CMシリーズの続編。家族のあたたかな日常を鮮やかに切り取り、観る者の共感を強く生み出す。

なお、本CMとメイキングは、TVCM特設サイトでも視聴できる。

■『自己PR』篇
就職活動真っただ中の娘(松岡茉優)。ある夜、リビングでエントリーシートの「自己PRを400 文字で……」というお題に悩む娘。リビングにやってきた母(吉田 羊)は娘に声をかけながらエントリーシートを手に取る。グダ〜っと崩れながら、甘え半分で母に代わりに書いてもらおうとする娘に、母は「ムリよ」と返す。親から見ても良いところがないのか? と驚いて顔を上げる娘に、母から「母親に書かせたら400文字なんかじゃ全然足りないわよ」とうれしい言葉が。母の優しさに、娘は少し気が楽になったようだ。

翌日、リクルートスーツを着て出かける娘に、「笑顔で帰ってこい!」と母はエールを送る。帰る場所がある安心感に、吹っ切れた笑顔の娘。家族の支えと同じように、我が家の存在も大きな支えであることが表現されている。

吉岡のまっすぐな声で歌われる名曲「糸」が、家族・我が家の心強さを強調し、あたたかな雰囲気をさらに盛り上げる。

■『笑え、家族。/家、最強』篇
テレビを観ながらくつろぐ母と娘(吉田羊と松岡茉優)。テレビで紹介されている行列ができるほどの人気店は、なんと近所のお店。母は娘を誘ってみるが、娘は外の暑さが嫌なのかあまり乗り気ではない。娘の言うことも一理ある、としばし考え、やっぱり家にいるのがいちばんと思い直す母。娘のふざけた「家、最強!」というひと言に笑いあうふたりなのだった。
出かけるのもいいけれど、思わず最強と言ってしまうような我が家。それは家の快適さだけでなく、一緒にいるだけで楽しいと思え、笑いがたえない家族の存在が大きいのかもしれない。

■『自己PR』篇 撮影エピソード
撮影はまず娘(松岡)の面接シーンからスタート。面接がちょっと苦手、という設定を繊細な表情で見事に表現する松岡。スタッフ一同、その後の演技への期待が高まる。そして撮影はリビングでエントリーシートを書けないでいる娘と、励ましにくる母親(吉田)のシーンへ。CMシリーズも3年目に入り、またドラマなどでも共演の多いふたりは、カメラが回る前はとても仲良く、楽しそうな様子だったが、カメラが回ると、一瞬であの「娘と母親」に。 さらっと、でも強く娘を励ます母。その想いを受け止め、じんわりと温かい気持ちになっていく娘。短いやりとりの中にふたりの想いがこもっている。朝、娘を送り出すシーンでもふたりの想いが伝わり、見ているスタッフも励まされているような気持ちになってしまったとのこと。

■『笑え、家族。/家、最強』篇 撮影エピソード
ほっこりする家族の“あるある”を切り取る15秒CM『笑え、家族。』シリーズ。今年もふたりの軽妙なやりとりに期待して撮影がスタート。CMの最後、「家、最強。」と娘(松岡)がかわいくふざけて言うシーンでは、そのふざけ方にいろいろとトライしたが、その引き出しの多さに現場は驚きの連続! 母(吉田)も、そのアドリブに思わず本当に笑ってしまう場面も。ふたりが並んでソファに座り、テレビを観ているカットでは、ますます本当の親子にしか見えないという声もあがった。


TVCM特設サイト
http://www.toyotahome.co.jp/kigyou/annai/tvcm.html

いきものがかり オフィシャルサイト
http://ikimonogakari.com/

 


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC