櫻井孝宏、早見沙織、岡本信彦、M・A・OがTVアニメ『はたらく細胞』追加キャストとして発表! コメント到着

櫻井孝宏、早見沙織、岡本信彦、M・A・OがTVアニメ『はたらく細胞』追加キャストとして発表! コメント到着

7月より放送開始となるTVアニメ『はたらく細胞』の追加キャスト4名が本日4月26日(木)発売の『月刊少年シリウス6月号』で発表された。

本作は、コミック累計発行部数150万部突破、「月刊少年シリウス」(講談社)にて好評連載中の清水 茜による体内細胞擬人化マンガ。監督は、これまでに『DRIFTERS』『ジョジョの奇妙な冒険』を手掛けた鈴木健一、メインスタッフにはシリーズ構成・柿原優子(『月がきれい』『ちはやふる』)、キャラクターデザイン・吉田隆彦(『おおきく振りかぶって』『弱虫ペダル』)、音楽・末廣健一郎、MAYUKO(『逃げるは恥だが役に立つ』『Re:ゼロから始める異世界生活』)をはじめ実力派スタッフが集結。アニメーション制作は『ジョジョの奇妙な冒険』『妖狐×僕SS』、そして2017年7月に公開された原作コミック5巻発売を記念したスペシャルアニメ映像の制作を手掛けたdavid productionが担当している。

追加キャストとして、ヘルパーT細胞役に櫻井孝宏、制御性T細胞役に早見沙織、樹状細胞役に岡本信彦、好酸球役をM・A・Oが務めることが決定。解禁情報に合わせそれぞれの役を演じるにあたってのコメントを公開した。

【ヘルパーT細胞役:櫻井孝宏コメント】
体の中で何が起こっているのか、細胞たちがどんな働きをしているのか、興味あったりしませんか? ある意味、擬人化の究極かもしれない作品です。楽しく学びながら頑張りたいと思います。


制御性T細胞役:早見沙織コメント
めくるめく細胞ワールドに、制御性T細胞役として関わらせていただけることを嬉しく思います。原作の空気感がどのようにアニメになっていくのか、そしてアフレコ現場で繰り広げられるであろうテンポの良いかけあいが、今から楽しみです!


【樹状細胞役:岡本信彦コメント】
樹状細胞ってなんだろうと思い調べた結果、免疫細胞の司令塔のような細胞だとでました。とても重要な細胞なかんじなのですが顔は可愛らしいのでギャップがあるなと感じました。アフレコはこれからですが頑張りたいと思います。



好酸球役:M・A・Oコメント
好酸球役を演じさせていただく事になりました、M・A・Oです。原作を拝見してとても面白い作品だと思っていたので、こうしてアニメに参加させていただく事ができ、嬉しい気持ちでいっぱいです。体の中の仕組みと、日々起こっている事件や出来事について楽しく学びながら、細菌やウイルスとのバトルに参戦させていただきます!

【STORY】
これはあなたの物語。あなたの体内(からだ)の物語──。人の細胞の数、およそ37兆個(新説)。細胞たちは体という世界の中、今日も元気に、休むことなく働いている。酸素を運ぶ赤血球、細菌と戦う白血球…….そこには、知られざる細胞たちのドラマがあった。擬人化モノの新定番、大人気コミック「はたらく細胞」が待望のテレビアニメ化! 誰もが共感できる、体内細胞擬人化ストーリー!

作品情報

テレビアニメ「はたらく細胞」
2018年7月よりテレビアニメ放送開始
原作:清水茜(講談社「月刊少年シリウス」連載)
監督:鈴木健一
シリーズ構成:柿原優子
脚本:柿原優子・鈴木健一
キャラクターデザイン:吉田隆彦
細菌キャラクターデザイン・プロップデザイン・アクション作画監督:三室健太
サブキャラクターデザイン:玉置敬子
総作画監督:吉田隆彦・玉置敬子
美術:アトリエPlatz
美術設定:曽野由大・橋口コウジ
色彩設計:水野愛子
撮影監督:大島由貴
3DCG監督:中島豊
編集:廣瀬清志 (editz)
音響監督:明田川仁
音響制作:マジックカプセル
音楽:末廣健一郎・MAYUKO
プロデュース:高橋祐馬
アニメーションプロデューサー:若松剛
アニメーション制作:david production
製作:アニプレックス・講談社・david production

オフィシャルサイト
http://hataraku-saibou.com

ⓒ清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

『はたらく細胞』原作