アートアクアリウム、イガリメイク、インスタ映えスイーツなど鈴木おさむ初監督×吉田 羊主演作『ラブ×ドッグ』にトップクリエイターが集結

アートアクアリウム、イガリメイク、インスタ映えスイーツなど鈴木おさむ初監督×吉田 羊主演作『ラブ×ドッグ』にトップクリエイターが集結

仕事は完璧、だけど恋愛は失敗続きな主人公・剛田飛鳥(吉田 羊)が恋に仕事に友情に奮闘する姿を描いた、“大人が楽しめる”ラブコメディ『ラブ×ドック』。

鈴木おさむ初監督デビュー作となった本作には、話題のアートアクアリウムやスイーツ、“イガリメイク”など“インスタ映え”満点な世界観が広がっている。

例えば、パティシエとしての飛鳥のシーン。スイーツショップ「trad」を経営する飛鳥のパティシエとしての腕を証明するかのように、どれも美しく美味しそうなスイーツがずらりと並ぶ。そんなスイーツを監修したのは、テレビやメディアなどでも度々紹介されるほどの有名スイーツ店「ノリエット」を経営する永井紀之氏。フランスでの修行経験を持つ永井氏が、「trad」の看板商品・ジンジャーパウンドケーキを始め、色鮮やかなケーキやタルトなど、豪華なスイーツたちを手掛けている。その光景はまさに“眼福”の一言だ。

パティスリー・ノリエット
http://www.noliette.jp/

また、“金魚”にスポットを当て、和をモチーフにデザインされた水槽や光・映像など、最新の最新の演出技術が融合した「アートアクアリウム」も登場。恋愛に悩む飛鳥が訪れる恋愛クリニック「ラブドック」を始め、飛鳥と星矢(野村周平)のデートスポットにも置かれている幻想的な金魚たちは、「アートアクアリウム」という独自の分野を確立させたアートアクアリウムアーティストの木村英智が手掛け、幻想的で唯一無二のロマンチックな世界観を作り出し、飛鳥の恋模様に華を添える。

アートアクアリウムhttp://artaquarium.jp/

さらに、ヘアメイクを担当したのは、おしゃれかつフェロモン漂うメイクで若い女性を中心にブームを巻き起こした“おフェロメイク”の生みの親、ヘア&メイクアップアーティストのイガリシノブだ。ファッション誌『ar』では、広瀬すずや森絵梨佳など、紙面に登場する若手女優・モデルたちのヘアメイクを手掛け、そのたびに『可愛すぎる!』『マネしたくなる』と話題に。本作では、仕事は完璧なのに恋愛に関しては不器用…という、どこか憎めないその愛すべきキャラクター・飛鳥を“イガリメイク”で、より魅力的な女性に仕上げており、ついつい真似してみたくなるはずだ。

イガリシノブ Instagram :@shinobuigari

そのほかにも、人気フォトグラファーの飯田かずながビジュアルディレクターを務めるなど、あらゆるジャンルから各界のスペシャリストが集結している贅沢すぎる本作。トップクリエイターたちが手掛ける“インスタ映え”必至の世界観にも、ぜひ注目してほしい。

【STORY】
とあるところに存在する恋愛クリニック「ラブドック」。そこは恋愛体質の人にこそ、意味のある場所。ある日訪れたのは人気パティシエの剛田飛鳥。人生で成功を収めながらも、節目節目で恋愛に走り、仕事を無くし、親友を無くしてきた。そんな飛鳥に、魅惑の女医、冬木玲子が処方したのは、遺伝子から抽出したという、特別な薬。これを打てば危険な恋愛をストップできる優れもの? 果たして彼女の恋愛模様は、薬で軌道修正できるのか? いくつになっても恋をしたい! 人生を楽しみたい! でも理想と現実がかみ合わない……。そんな女性たちに贈る、遺伝子レベルで恋が始まる、究極のラブコメディ!

作品情報

『ラブ×ドック』
全国公開中
脚本・監督:鈴木おさむ
出演:吉田 羊、野村周平、大久保佳代子、篠原 篤、唐田えりか、成田 凌/広末涼子、吉田鋼太郎(特別出演)/玉木 宏
アートディレクション:飯田かずな
ミュージックディレクション&主題歌:加藤ミリヤ
製作:『ラブ×ドック』製作委員会
企画・制作・配給:アスミック・エース
(C)2018 『ラブ×ドック』製作委員会

オフィシャルサイト
lovedoc.asmik-ace.co.jp