榮倉奈々「長いタイトルだな…(笑)」映画『妻ふり』終始笑顔の完成披露試写会開催

榮倉奈々「長いタイトルだな…(笑)」映画『妻ふり』終始笑顔の完成披露試写会開催

6月8日(金)に全国公開となる映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の完成披露試写会が本日5月15日(火)に行われ、榮倉奈々、安田 顕、大谷亮平、野々すみ花、李 闘士男監督が登壇した。

2010年「Yahoo!知恵袋」に投稿された「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」という質問が話題を呼び、翌年にはコミックエッセイ化、その一大ブームを創り上げた伝説の投稿を実写映画化した本作。不思議な行動を繰り返すぶっとびキャラの妻・ちえを演じるのは、ラブストーリーからアクション作品まで幅広くこなす榮倉。そして超フツーで冷静なちえの夫・じゅん役を、硬派な役から個性的な役まで幅広い演技に定評のある安田が演じている。

キャストオファーを受けたときのことを聞かれると榮倉は「まず最初の印象は、長いタイトルだな……と思っていました(笑)。Yahoo知恵袋の投稿が映画化されるのがとても現代っぽくて面白いので、最初コメディなのかなと勝手に思っていて脚本を読ませていただいたんですけど、予想外の産物が多すぎてタイトルよりも、ちょっとびっくりしました」とコメント。それに対し安田は「僕は最初、原作の方を拝見させていただきまして『榮倉さんの夫役ですよ』と話があったので、やったー! なんて喜んでいました」とオファーを受けたときの喜びを振り返り、続けて「でも、我々以外の夫婦の方が面白くて腹が立っちゃいました」と冗談交じりに話し会場の笑いを誘った。

また映画タイトルにちなみ、“普段必ずしていること”を聞かれると、安田は「僕は外でセリフを覚えることが多いんですけど、その時に全セリフを携帯に打って移動中に読むんです。たまに打ち間違えちゃうんですけど、それもそのまま覚えちゃう」と回答。李監督からは「ちょいちょいおかしいなと思ったんですけど、そういうことだったんですね!(笑)」と厳しいツッコミが入った。

同じ質問に大谷は「家に帰ると荷物を全部バラして定位置に戻しますね」と答え、安田から「これは結婚遠のくかもね!」と指摘されていた。

今回榮倉と共演した感想を聞かれた安田は「映画公開前って宣伝活動やプロモーションが続くじゃないですか。その時になってようやく距離が縮まったなと思いました」と言い、安田からも「私もそう思います(笑)」と笑顔で言われるなど、終始笑いに包まれたイベントになった。 

【STORY】
予測不能「ぶっとび妻」×超フツー「冷静夫」 結婚3年目、凸凹夫婦のちょっと変わった日常を描く、新しい愛のカタチ。
サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、玄関で妻のちえが口から血を流して倒れていた! 動転するじゅんだが、「ククク……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするようになった。ある時はワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ……次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。最初は呆れるだけのじゅんだったが、何を聞いても「月が綺麗ですね」と笑うだけのちえにだんだん不安を覚え始める。寂しいだけなのか、何かのSOSのサインなのか。ちえの謎の行動には、“秘密”があった。

作品情報

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』
6月8日(金)全国公開
出演:榮倉奈々、安田 顕、大谷亮平、野々すみ花 
原作:『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(PHP研究所刊/作:K.Kajunsky 漫画:ichida) 
監督:李 闘士男(『神様はバリにいる』)
脚本:坪田 文(『コウノドリ』)
配給:KADOKAWA
(C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

オフィシャルサイトhttp://tsumafuri.jp

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』原作