声優・梶 裕貴、初の著書『いつかすべてが君の力になる』が発売2日で重版! 異例の早さで3刷目も決定

声優・梶 裕貴、初の著書『いつかすべてが君の力になる』が発売2日で重版! 異例の早さで3刷目も決定

5月10日(木)に発売された声優・梶 裕貴の初の著書『いつかすべてが君の力になる』が、発売翌日の5月11日(金)に重版、翌週の5月15日(火)には3刷が決定した。なお、この重版をもって累計発行部数は30,000部となった。

梶は、アニメ『進撃の巨人』エレン・イェーガー役、『七つの大罪』メリオダス役、『僕のヒーローアカデミア』轟 焦凍役など数々の話題作で主役を務める実力派声優。

本書は、河出書房新社のYAシリーズ「14歳の世渡り術」の新作。14歳で声優を目指し始めたという梶の下積み時代の苦悩から「声優」という仕事への思いまでを語った夢に向かう全ての人にエールを送る1冊となっている。

本書を購読した読者からは、「今大活躍の梶さんの苦しかった時期について赤裸々に語ってあって梶さんの知らない部分をたくさん知れました。それと同時にわたしの背中を優しく押してくれたような気もしました。”いつかすべてが君の力になる”今頑張っていることがわたしの力、経験、糧になることを信じて努力を続けたいです」「梶さんの考えや想いを知り、自分に向き合う時間を作ってみると、その時間のすべてが自分の力になるものだと思いました。大事な時間の使い方を教わった気がします」など、熱い感想が多数寄せられている。

書籍情報

『いつかすべてが君の力になる』
発売中


梶 裕貴・著
定価:本体1,300円+税
出版社:河出書房新社

【目次】
第1章 僕が14歳だった頃
第2章 夢に向かって進むということ
第3章 「声優」って、どんな仕事?
第4章 プロフェッショナルとは
第5章 選ばれ続けるために

詳細はこちら
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309617138/