『#九州まわるっ隊!』は今日もゆく。HKT48×優光泉、佐賀県篇公開

『#九州まわるっ隊!』は今日もゆく。HKT48×優光泉、佐賀県篇公開

メンバーが九州を一周し、九州の魅力と九州野菜を中心に作られた完全無添加酵素飲料“優光泉(ゆうこうせん)”の良さを全国に発信するプロジェクト『#九州まわるっ隊!~みんなに会いに行くけんね▽~』を実施中のHKT48。

本プロジェクトのスタート地点でもある佐賀県を、HKT48メンバーが訪れた様子が収録された記念すべき1県目のムービーが、このたび公開された。 ※▽はハートマーク

佐賀県では、佐賀県出身の宮崎想乃をはじめ、植木南央・小田彩加が幕末記念維新館にて開催された『HKT48×優光泉 #九州まわるっ隊!』出発式に登壇。出発式では、本プロジェクトへの意気込みを語ったほか、会場に集まった約200名の一人ひとりに優光泉の試飲サンプリングを行った。 ※「宮崎想乃」の「崎」は、たつさきが正式表記。

出発式を終えたメンバーは『佐賀バルーンミュージアム』を訪れ、バルーンの操縦擬似体験やバルーンの飛ばし方などを学習。佐賀では毎年、佐賀インターナショナルバルーンフェスタが開催されており、バルーンの街としても有名だ。

また、佐賀県庁展望ホールで開催されている『アート県庁プロジェクト 星空のすいぞくかん』も訪問。佐賀の夜景に映像を重ね合わせたプロジェクションマッピングでは、佐賀にゆかりのあるイカ、ムツゴロウなどが映し出され、幻想的なプロジェクションマッピングに感動している様子も伺える。

そして最後に“優光泉”のオリジナルラッピングを施したPR車両“優光泉フレッシュワゴン”にサインとコンプリートシールを貼り、佐賀県の1日を終了。まるでメンバー同士で遠足に来ているかのようにはしゃいだり、素敵な景色に感動したりと、佐賀県の魅力を満喫するメンバー3人の様子にほっこりするムービーとなっている。

次回は、ムービーシリーズ第2弾として、HKT48メンバーの運上弘菜・神志那結衣・森保まどかが、長崎県を訪れたムービーが公開される。

■HKT48 ×優光泉「#九州まわるっ隊! 1st・佐賀県篇」  出演メンバー :植木南央・小田彩加・宮崎想乃 撮影地 ・出発式&優光泉試飲イベント:幕末維新記念館 特設ステージ ・ロケ地:佐賀バルーンミュージアム → 佐賀県庁展望ホール 星空のすいぞくかん

佐賀県のムービーは、佐賀県出身メンバーの宮崎想乃をはじめ、植木南央・小田彩加が登壇した『HKT48×優光泉 #九州まわるっ隊!』出発式からスタート。植木は「美の秘訣は優光泉です!」と語るほど普段から優光泉を愛飲している様子。宮崎は「もっと九州の良さを皆さんに知っていただけるような企画になればいいなと思います!」とプロジェクトへの意気込みを語った。

出発式後に訪れたのは「佐賀バルーンミュージアム」。佐賀では毎年、佐賀インターナショナルバルーンフェスタが開催され、国内外でも有数のバルーンの街として知られている。バルーンの飛ばし方などを学んだり、フライトシミュレーターでバルーン操縦の擬似体験をして、3人でワイワイはしゃぐ姿は、まるで遠足に来ているかのようだった。実際の熱気球の高さを体験できるコーナーでは、植木に先に乗らせて様子を見る小田と宮崎。「なんで~なんで~」と慌てる植木に駆け寄り、普段から仲が良い関係性なども垣間見えた。

次に、佐賀県庁で開催されている「アート県庁プロジェクト 星空のすいぞくかん」を訪問。佐賀の夜景に映し出されたプロジェクションマッピングによって、まるで水族館に行ったような体験ができる。佐賀の風景が、鉛筆だけで表現された白黒の絵や、夜景の見えるガラスに向けて投影されるプロジェクションマッピングに、メンバー3人は感動の嵐。小田は「デートにもいいなと思いました」とドキッとする発言。

締め括りは“優光泉”のオリジナルラッピングを施したPR車両“優光泉フレッシュワゴン”へのサイン。それぞれのサインを描いて、佐賀県コンプリートシールを貼り、「佐賀に会いに来たけんね」と3人で掛け声を行い、佐賀県の旅は終了した。

(C)AKS

リリース情報

2018.05.02 ON SALE
HKT48
SINGLE「早送りカレンダー」



『#九州まわるっ隊! ~みんなに会いに行くけんね▽~』公式ツイッター
https://twitter.com/yuukousen_hkt48

『#九州まわるっ隊! ~みんなに会いに行くけんね▽~』公式Instagram
https://www.instagram.com/yuukousen_hkt48/

「HKT48×優光泉」特設サイト
http://www.danjiki-net.jp/hkt48/

HKT48 OFFICIAL WEBSITE
http://www.hkt48.jp/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC