映画『犬ヶ島』ウェス・アンダーソン監督、13年ぶりの来日にファン感涙! 「日本のファンの前に立つことを楽しみにしてきた」

映画『犬ヶ島』ウェス・アンダーソン監督、13年ぶりの来日にファン感涙! 「日本のファンの前に立つことを楽しみにしてきた」

525日(金)に日本公開となる映画『犬ヶ島』の公開を記念したトークイベントが5月21日(月)にユーロライブで行われ、13年ぶりに来日したウェス・アンダーソン監督、ボイスキャストのコーユー・ランキン、ジェフ・ゴールドブラム、野村訓市が登壇した。

全編にわたり日本を舞台とし、”ドッグ病”の大流行によって犬ヶ島に隔離されてしまった愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーションで描く本作。声優陣としてビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スウィントン、F・マーリー・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村といった、ウェス・アンダーソン監督作品常連の豪華俳優陣に加え、新たにスカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュレイバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノら多彩な才能を持ったキャストが集結している。

今回、映画のプロモーションとしての来日が初めてとなるコーユー・ランキンは「みなさん初めまして。コーユーです。よろしくお願いします! この素晴らしい映画に出演することが出来て、映画のおかげで日本にも来ることができてとっても嬉しいです」と元気よく挨拶し、映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』以来、約2年ぶりの来日となったジェフ・ゴールドブラムは「すごく温かい歓迎ぶりで嬉しいよ! 日本に来るのが本当に大好きだから、今日もこの素晴らしいチームと来日することができて最高の気分だよ!」と、ファン一人一人に笑顔で手を振りながらコメント。野村は「初めまして、野村訓市です。今回の映画ではいろんな仕事を雪だるま式にやって気付けば3年費やしました。ウェスの映画はビジュアルも素晴らしいけど、それ以上に本当にいい物語も描かれています。僕は3年だけど、監督は6年もかけたのでぜひ楽しんでご覧ください」と挨拶し、最後に、2005年に公開された『ライフ・アクアティック』以来、約13年ぶりに念願の来日を果たしたウェス・アンダーソン監督は「このアイデアが浮かんだ日から、こういった舞台で日本の皆さんの前に立って、こうやってお話することをずっと楽しみにしていたんだ。この映画の日本は僕のイマジネーションで出来ていて、日本の文化や日本の方々、そして何より日本の映画にインスピレーションを受けている。日本人のみんなからすると慣れ親しまない部分もあるかもしれないけれど、とにかくみんなには楽しんで欲しいと思っているよ。今日は本当に来てくれてありがとう!」と大盛り上がりの会場に感極まった様子で挨拶した。

日本を舞台の映画を作ろうと思ったきっかけについて問われたウェス・アンダーソン監督は「まず、僕が初めて観た日本映画は『タンポポ』で、そのあとも黒澤 明監督の『羅生門』なんかも観ていた。僕は10代のころから40年近く日本の映画を観続けて、ずっと日本映画に影響を受けてきたんだ。」と、持ち前の日本映画愛を明かし、「2004年にはじめて来日したとき、本当に日本が大好きになったよ。その時は絶対に日本を舞台に映画を撮りたいという気持ちで日本を離れたんだ。今回の作品はストップモーション・アニメーションになったから日本で撮影できていないことはちょっと予想外だったけれど(笑)。でも、今回はクン(野村訓市)がサポートをしてくれたおかげで、素晴らしいコラボレートが実現できたと思っているよ」とコメントした。

さらに、RADWIMPSの野田洋次郎、村上虹郎、渡辺 謙、夏木マリといったそうそうたる日本人ボイスキャストも出演している本作。“クンが担当したからクンから説明するよ”というウェス・アンダーソン監督の言葉と共に日本人ボイスキャストをキャスティングした野村に話が移ると、「ウェスは、一度付き合い始めると家族みたいに接してくれる人。全員同じホテルに泊まるし、一緒にディナーも食べるし、ワインも飲む。だから日本のキャストを集めるときもどこかお互いを知っていて、監督と決めたキャラクターの年齢や背格好にマッチしていて、さらに、僕の言うことを聞いてくれそうな人を集めて声を掛けました(笑)。ウェスは秘密主義だから彼らに細かい情報を与えてあげられなくて、簡単な役と台詞だけ話してもらって、録音した音を毎回ウェスに聞いてもらいOKをもらうって感じでした」と収録の流れを説明。続けて、「例えば、(野田)洋次郎は、ウェスに声を聞かせたら“彼はニュースキャスターだ”って言うんで、“君はニュースキャスターになった”って洋次郎の声を録り直したりもして(笑)。映画を観てもわかりにくいかもしれませんが、この声は誰かなって見つけながら観るのも楽しいかなって思います」と豪華日本ボイスキャストにまつわる意外な裏話を明かした。

そして、今回ウェス・アンダーソン監督に見出され、主人公に大抜擢されたコーユー・ランキンはアフレコ収録を振り返って「ウェス監督はとっても優しくて落ち着いている人。僕は本当に緊張していて、アフレコも難しかったけど、落ち着いたウェスと過ごすと、僕も落ち着いた気持ちでアフレコすることができました」と隣のウェス・アンダーソン監督と目を合わせながら安堵した様子でコメント。またアフレコで苦労したことを聞かれると「全部です」と困った様子で即答し、その可愛らしさから会場には和やかな空気が流れた。

また『ライフ・アクアティック』、『グランド・ブタペスト・ホテル』に出演し、ウェス・アンダーソン監督作品常連組の一人ともいえるジェフ・ゴールドブラムは「ウェスは6年、クンは3年この映画に関わったっていうけど、僕は脚本が送られてきて、それを読んで、彼と仕事するのはスリリングで大好きだからすぐOKして、そのあと2時間だけ、たった2時間だけレコーディングをしたんだ。しかも、監督はNYにいたからアフレコの演出も遠距離で演出されたんだよ(笑)」とユーモアたっぷりにコメントし、会場からは笑いが起きた。

キャスト陣たちが完成した映画を観たのは「ベルリン国際映画祭」のオープニング上映だったようで、ジェフ・ゴールドブラムは「僕はほかの犬たちとは一緒に収録ができなかったんだけど、映画を観たら、僕らの音やキャラクターがジグソーパズルのようにぴったりとはまっていて嬉しいショックを受けたんだ! 細かいところまで作りこまれていて、魔法をかけられたような素晴らしい経験ができる映画だった。ウェス監督映画史上の出来栄えだよ!」と圧倒された様子。続けて、コーユー・ランキンも「2月のベルリンで初めて見たときは感動しました。ストップモーションと思えないくらい色や音もすごくて素晴らしいです」と太鼓判を押した。

通常に比べ膨大な時間と手間のかかるストップモーション・アニメーションによって製作された本作だが、劇中で使用されたパペットは総数1,000体越え。画面の前で実際に俳優が演じる実写映画も幾度となく制作してきたウェス・アンダーソン監督だが、パペットを使用したストップモーション・アニメーションの魅力について問われると、「僕がストップモーション・アニメーションで一番好きなのはパペットやセット、そして小道具を作るそれぞれの職人と仕事ができること。映像技術は日に日に進歩していくなかで、僕は長年続いているこの古風な撮影方法に携わることが夢だったから『ファンタスティック Mr.FOX』で初めてストップモーション・アニメーションを撮った時に、夢が叶ったと思ったよ。特にアニメーターの仕事は素晴らしい。ボイスキャストによってパペット半分の命が吹き込まれるけれど、もう半分はアニメーターの手によるんだ。ただ物体のパペットを彼らが動かすことによって、パペットがモノを考えたり、モノを感じる、ひとつの生き物になるんだ。それぞれの職人の力がこのストップモーション成功の秘密だと思う」と目を輝かせた。

イベントでは特別に観客から直接ウェス・アンダーソン監督へ質問ができるコーナーも行われた。「“孤独”という観点でいつもウェスの映画をみています。“孤独”でいることは好きですか?」と質問されると、「孤独について考えることはよくあるんだ。この映画も沈黙や静かなシーンが多い。主人公のアタリは両親がいなくて友達もいない。それに映画の中では、一人の少年には荷が重すぎることを、孤独の中で挑戦していく姿が描かれていくし、この映画の中でも“孤独”は大きな位置を占めているとも言えるね。いつかは孤独という部分にちゃんとフィーチャーした映画を作りたいとも思っているよ」と回答。

「監督の映画に出てくる雰囲気が好きなのですが、独特のインスピレーションがどこから湧いてくるんでしょうか? 僕はいま学生なのですが、学生の時にインスピレーションを受けた本など教えてください」との質問には、「ぼくは映画を作るときにリストを作るんだ。例えば、『天才マックスの世界』ではフランス映画でルイ・マル監督、フランソワ・トリュフォー監督の作品、そして『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』は音楽で、モーリス・ラヴェルやヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコなどをリストアップしていました。きっと映画を作るときに僕のそれぞれのインスピレーションが化学反応を起こして、無意識ながらに映画に反映されているんだと思うんだ。映画において作りのコツは特にないけど、あるとしたらそこかもしれないね」と答えた。

イベント終盤ではスペシャル・ナイトを記念して、登壇ゲストのサインが入ったポスターが客席にいる観客4名にサプライズプレゼントされる場面も。ウェス・アンダーソン監督、コーユー・ランキン、ジェフ・ゴールドブラム、野村のそれぞれが引き当てたくじで選ばれた観客は、大声をあげて喜び、なかには感極まってまたもや涙を流す人もいた。

最後に、コーユー・ランキンが「犬ヶ島は本当に素晴らしい映画なので是非見てください!」、ジェフ・ゴールドブラムが「今日は来てくれてありがとう! もう映画を観た人もきてくれたようだね……観てない人はぜひとも劇場で観てね! 楽しかったよ!」、野村が「これから映画館で観る人は気に入ってくれたら最低10人には良かったと伝えて、コネイガを広めていいなとと思います」、そしてウェス・アンダーソン監督が「正直言って、僕は今日この場を共有できただけで、それだけで嬉しいんだ。映画をたくさんの方に観て欲しいと思うけど、PRをすることはあんまり得意ではなくて……、でも日本が好きで作った映画だから皆さんがこの作品を観て楽しんでくれれば本当に嬉しいな。日本の文化や日本の人々への敬愛を感じ取ってもらえれば幸せです。今日は来てくれて本当にありがとう!」と、それぞれが思い思いの気持ちをたっぷりと語った。

久しぶりで、そして念願の来日に興奮が収まらない様子のウェス・アンダーソン監督は、「次は言葉をショートにして話すように頑張るね!」と言いながらも自分のトークになるとマシンガントークが炸裂。その性格をよくわかっている野村は「全然答えが短くなってない(笑)」と突っ込みを入れ、またジェフ・ゴールドブラムもウェス・アンダーソン監督のマシンガンっぷりを真似し、それをコーユー・ランキンが笑顔で見守るなど、イベントはウェス・アンダーソン組特有のにぎやかな雰囲気に包まれていた。

作品情報

『犬ヶ島』
5月25日(金)全国公開
監督:ウェス・アンダーソン
キャスト:ブライアン・クランストン、コーユー・ランキン、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、野村訓市、グレタ・ガーウィグ、フランシス・マクドーマンド、スカーレット・ヨハンソン、ヨーコ・オノ、ティルダ・スウィントン、野田洋次郎(RADWIMPS)、村上虹郎、渡辺 謙、夏木マリ
原題:ISLE OF DOGS

©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

オフィシャルサイト
http://www.foxmovies-jp.com/inugashima/