榮倉奈々の可愛さ全開! 映画『妻ふり』本編映像の一部を公開

榮倉奈々の可愛さ全開! 映画『妻ふり』本編映像の一部を公開

6月8日(金)に全国公開となる映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』より本編映像の一部が公開された。

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」。2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿された質問はたちまち話題を呼んだ。翌年にはコミックエッセイ化もされ、一大ブームを創り上げた伝説の投稿を実写映画化した本作で、不思議な行動を繰り返すぶっとびキャラの妻・ちえを演じるのは、ラブストーリーからアクション作品まで幅広くこなす榮倉奈々。「“死んだふり”の撮影は早く終わらないかなと思うほど本当に大変でした(笑)」と振り返る榮倉は、なんと劇中で15パターンもの死んだふりを全身全霊で披露している。そして超フツーで冷静なちえの夫・じゅん役には、硬派な役から個性的な役まで幅広く演じる安田 顕。さらに大谷亮平、野々すみ花などユニークで豪華なキャスト陣が集結している。

今回公開されたのは、本作のキーアイテムでもあり、熱川バナナワニ園の園長によると“幸せを運ぶ神様”という別名があるというワニを使った“死んだふり”のシーンを切りとった本編映像。夫のじゅんが会社から帰るとワニに喰われて横たわる妻・ちえの姿が。「ちえさん!」と声をかけるがちえの反応はなく、ちえをワニの口から引っ張り出すと、ちえは「ワッ!」息を吹き返し、「危なかった…もう少しで消化されるところでした。あなたは命の恩人です! ありがとう!」とじゅんに抱きつく。「奇跡の生還だね…」とやさしく返事をしながらも固まるじゅんをよそに、「さあ、ご飯にしましょう!」と楽しそうににキッチンへ向かうちえ。ちなみに“死んだふり”に使用したワニの種類はクロカイマンで1/2モデル、定価50000円のものを、ちえは大特価の3800円で購入したことも映像から分かる。

 “死んだふり”シーンの撮影は、李監督の「くだらないことこそ本気で」の号令のもと、各スタッフが力を発揮。宮前プロデューサーも「まさかあんな本気のワニを作ってくれるとは(笑)。そのワニにちえが喰われるくだりでは、本番前にメイクさんが『これ、ローションかなんかでワニのヨダレを足さなくていいですか?』と。本当にスタッフさんには頭が下がります」とスタッフの熱量の高さを感じたという。そんな中、監督が最もこだわったのは“死んだふりをしながらちえが喜んでいる姿”をちゃんと撮ることだった。それも、「ちえが笑うところが一番大事なんです。それを入れることでちえの可愛らしさが出ると思ったので」と語っている。

【STORY】
予測不能「ぶっとび妻」×超フツー「冷静夫」 結婚3年目、凸凹夫婦のちょっと変わった日常を描く、新しい愛のカタチ
サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、玄関で妻のちえが口から血を流して倒れていた!動転するじゅんだが、「ククク……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするようになった。ある時はワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ…次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。最初は呆れるだけのじゅんだったが、何を聞いても「月が綺麗ですね」と笑うだけのちえにだんだん不安を覚え始める。寂しいだけなのか、何かのSOSのサインなのか―。ちえの謎の行動には、“秘密”があった。

映画情報

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』
6月8日(金)謎の<妻ふり>ロードショー
出演:榮倉奈々 安田 顕 大谷亮平 野々すみ花 
原作:『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(PHP研究所刊/作:K.Kajunsky 漫画:ichida) 
監督:李闘士男『神様はバリにいる』
脚本:坪田文『コウノドリ』
配給:KADOKAWA
(C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

オフィシャルサイトhttp://tsumafuri.jp

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』原作