長澤まさみが山田孝之に「負ける」と思ったこととは? 映画『50回目のファーストキス』のレッドカーペットセレモニー開催

長澤まさみが山田孝之に「負ける」と思ったこととは? 映画『50回目のファーストキス』のレッドカーペットセレモニー開催

6月1日(金)に公開される映画『50回目のファーストキス』のレッドカーペットセレモニーが本日5月22日(火)に表参道ヒルズで行われ、キャストの山田孝之、長澤まさみ、ムロツヨシ、佐藤二朗、勝矢、太賀、山崎紘菜が登壇した。

本作は、アダム・サンドラー、ドリュー・バリモア出演のロマンティック・コメディ『50回目のファースト・キス』(2004年)を原案にした作品。ハワイのオアフ島を舞台に、事故の後遺症で短期記憶障害を抱え1日で記憶が消えてしまう瑠衣(長澤)に一目惚れした大輔(山田)が、偶然の出会いを一生に一度の恋にする恋愛映画だ。

今回、福田監督の作品に初参加となる感想を聞かれた長澤は「現場は穏やかで楽しいんですけど、一発本番なので気の抜けない部分もありました」と撮影の様子を語った。

そして、本作に「笑えた」という感想が多いことから、各キャストが「一番笑えたシーン」を発表。太賀は「長澤さんがムロさんを鉄バットで追いかける場面」と回答した。そのシーンに対してムロが「すげえ怖かったもん。金属はさすがに危ないからそれに似せた硬い棒なんですけど、それでも怖かったです。長澤さん容赦なく振ってましたもんね」と振り返ると、長澤は「そうですね、そこは本気でいかないと(笑)」と言い、笑いを見せていた。

ムロは「僕が声を出して笑ったシーンは、山田がハワイにきた日本人観光客をディスる場面があるんですけど、かなり的を射ています! そこが笑えます!」回答。熱く語るムロに対して佐藤が「ムロはなんで話すときに二歩ぐらい前に出るの?」といじっていた。

長澤は「車のバッテリーが上がって、それを山田さんが修理をするシーンがあったんですけど、修理中に山田さんが感電するというシーンで、それが本当に面白すぎて“負ける”と思いました。そのシーンが福田監督っぽいし、やっと私も福田組に混ぜてもらったと思ったシーンでもありました」と語った。

山田は「(佐藤)二朗さんがとある人のコスチュームを着てモノマネするんですけど、それが本人超えちゃっていてスゴイなと思いました」と絶賛。それに対しムロが「ヒントはパイナップルです!」と、その“とある人”のヒントを言うが、長澤から「あんまり言っちゃうとバレちゃう……」と止められていた。

 

【STORY】
ハワイのオアフ島。ツアーガイドとして働きながら天文学の研究をしている、プレイボーイの大輔は、ある日、カフェで瑠依という明るくて魅力的な地元の女性と出会う。たちまち意気投合するふたりだったが、翌朝会った瑠依は、大輔のことをまるで覚えていない。瑠依は、新しい記憶が一晩でリセットされるという事故の後遺症を患っていた。そんな彼女に本気になった大輔は、毎日初対面の彼女をあの手この手で口説き落とす。ふたりは毎日恋に落ち、毎日ファーストキスをくりかえす。しかし、ふとした事件で瑠依は自分の記憶のズレに気づき、苦しむことに。そのことすら1日で忘れてしまうのだが、このままでは瑠依の人生は失われたままだと考えた大輔は、彼女のため、ある〝新たな試み“をしかける……!

作品情報

『50回目のファーストキス』
6月1日(金)全国ロードショー

出演:山田孝之、長澤まさみ、ムロツヨシ、勝矢、太賀、山崎紘菜/大和田伸也、佐藤二朗
脚本・監督:福田雄一
プロデューサー:北島直明、松橋真三
製作:『50回目のファーストキス』製作委員会
制作プロダクション:Plus D
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
オフィシャルサイト:50kiss.jp

©2018 『50回目のファーストキス』製作委員会