島耕作から映画『空飛ぶタイヤ』の主人公・赤松(長瀬智也)へエール! 漫画家・弘兼憲史も絶賛!

島耕作から映画『空飛ぶタイヤ』の主人公・赤松(長瀬智也)へエール! 漫画家・弘兼憲史も絶賛!

6月15日(金)に全国公開される映画『空飛ぶタイヤ』。

この度、主人公の運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)の闘う姿に感銘を受けた“日本一有名なビジネスマン”島耕作から熱いコメントが到着した。

累計発行部数140万部を誇る池井戸潤の同名小説を映画化した本作は、ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故で整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎が、自らの無実を信じ、大企業に立ち向かっていく様を描く。主演の長瀬をはじめ、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、岸部一徳、笹野高史、寺脇康文、小池栄子、阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)、ムロツヨシ、中村 蒼らが出演する。

「島耕作」は、漫画家・弘兼憲史により1983年にコミック誌『週刊モーニング』(講談社)にて開始されたサラリーマン漫画。電機メーカーを舞台に日本のビジネスシーンを克明に描き、サラリーマンはもちろん政財界からも熱く支持を受けている。主人公の島耕作は課長の肩書きから始まり、現在は代表取締役会長に就任。(「会長島耕作」は「モーニング」にて、「学生 島耕作 就活編」は「イブニング」にて連載中。)バブル崩壊、リーマン・ショックなど、実際に起きた経済事象も取り上げているのが特徴で、今年、連載35周年を迎えた今もなお、根強い人気を誇っている。

トップに立つ者は部下からそっぽを向かれたら終わりです。
その気骨と情熱で得た信頼を失わないよう頑張ってほしい。
応援しています!

テコットホールディング 代表取締役会長 島耕作

また、兼ねてから池井戸作品に親しんでいたという漫画家・弘兼憲史が、本作をいち早く鑑賞し、共感。「社長としての気骨を感じる、いい演技」と赤松社長に扮する長瀬を絶賛している。

なお、オフィシャルサイトでは、闘う男たちの姿を描いた本作にちなんで、「生存競争はつらいよ 闘う戦士たちへ」川柳コンテストを開催中で、「“しんどいね 生きていくのは”と思った瞬間」をテーマに川柳を募集している。応募者の中から優秀作品者を、6月12日(火)に実施する本作のイベントに招待。イベント当日は、最優秀賞を発表、プレゼント贈呈する予定だ。

※川柳コンテストキャンペーンページ:
https://service.shochiku.co.jp/form/pub/movie/taiya_senryu

【STORY】
よく晴れた日の午後。
1台のトレーラーが起こした事故により、1人の主婦が亡くなった。事故を起こした運送会社の社長・赤松徳郎は警察で信じられないことを聞く。 突然タイヤが外れた、と。
整備不良を疑われ、世間やマスコミからバッシングをされる毎日の中、彼は車両の構造そのものに欠陥があるのではないかと気づき、製造元のホープ自動車へ再調査を要求する。
ホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太は、赤松の要求を疎ましく思いながらも、真実を突き止めるために、また同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査をそれぞれ開始していく。突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し”――。過去にも行われていたそれは、二度とあってはならないことだった。
果たしてそれは事故なのか事件なのか。男たちは大企業にどう立ち向かっていくのかー正義とはなにか、守るべきものはなにか。

作品情報

映画『空飛ぶタイヤ』
6月15日(金)全国公開
原作:池井戸潤『空飛ぶタイヤ』(講談社文庫、実業之日本社文庫)
監督:本木克英
脚本:林民夫
出演:長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、岸部一徳、笹野高史、寺脇康文、小池栄子、阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)、ムロツヨシ、中村蒼ほか
音楽:安川午朗
配給:松竹
オフィシャルサイト:soratobu-movie.jp
(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

『空飛ぶタイヤ』原作

https://ebookstore.sony.jp/item/LT000072867000637695/?cs=search