大泉 洋「美学として靴下は履いていた方が…」。映画『探偵はBARにいる3』BD&DVD特典映像公開

大泉 洋「美学として靴下は履いていた方が…」。映画『探偵はBARにいる3』BD&DVD特典映像公開

6月13日(水)に発売される、大泉 洋と松田龍平が出演する人気シリーズ3作目『探偵はBARにいる3』のBlu-ray&DVDより、ボーナスパックに収録されている特典映像の一部が公開された。

札幌・ススキノを舞台に探偵(大泉)とその相棒・高田(松田)の活躍を描くシリーズ第3弾である本作。“人探し”の依頼を受けて、探偵と高田が失踪した女子大生を調査していく中で、モデルクラブの美人オーナー・岬マリ(北川景子)やインテリヤクザ・北城(リリー・フランキー)が浮上していき、二人は次第に大きな事件に巻き込まれていく。

公開された映像では、大泉や松田、北川、リリーらが撮影の合間に和気あいあいと談笑するメイキングや、アクションシーン撮影の様子、大泉&松田のインタビュー、各地の舞台挨拶の様子などが映し出されている。ある過酷なシーンの撮影では、「だったらもうパンツ一丁で」「美学として靴下は履いていた方が……」と自ら提案する大泉の姿も納められており、作品に対する熱意が伝わってくる。

【STORY】
探偵(大泉 洋)のもとに舞い込んだ依頼。依頼主は高田(松田龍平)の後輩で、突然失踪した恋人の麗子(前田敦子)を探してほしいというもの。軽い気持ちで依頼を受けた探偵は、麗子が“ピュアハート”という風俗店でアルバイトしていたことを知る。そしてその店のオーナーと名乗る美女・岬マリ(北川景子)と偶然すれ違い、かすかな既視感を覚える探偵。ほどなくマリが、屈強な男たちを引き連れて現れ、二人は店を嗅ぎまわっていたことでボコボコにされる。それでも懲りない探偵は、相田(松重豊)や松尾(田口トモロヲ)から、“ピュアハート”のバックには北城グループの社長=北城(リリー・フランキー)という黒幕がいることを聞き出す。マリは北城の愛人だった。そこでマリと以前に会っていたことをようやく思い出す探偵。しかし今度はマリ共々、北城に追われるハメに。そんな探偵にマリはある依頼をする。

リリース情報

『探偵はBAR にいる3』
6月13日(水)リリース

【通常版DVD】価格:3,800円+税
【ボーナスパック(DVD 3枚組)】価格:6,800円+税
【通常版Blu-ray】価格:4,800円+税
【ボーナスパック(Blu-ray 1枚+DVD 2枚組)】価格:7,800円+税

監督:吉田照幸
脚本:古沢良太
出演:大泉 洋、松田龍平、北川景子、前田敦子、鈴木砂羽、リリー・フランキー、田口トモロヲ、志尊 淳、マギー、 安藤玉恵、正名僕蔵、篠井英介、松重 豊、野間口徹、坂田 聡、土平ドンペイ、斎藤 歩、前原 滉、天山広吉、片桐竜次

発売元:東映 東映ビデオ
販売元:アミューズソフト

【DVDレンタル同日スタート】
発売元:テレビ朝日
販売元:東映 東映ビデオ

Ⓒ2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

オフィシャルサイト
http://www.tantei-bar.com/