中川晃教、西川貴教ら出演、福田雄一演出のミュージカル『サムシング・ロッテン!』メインビジュアル&ソロビジュアル解禁

中川晃教、西川貴教ら出演、福田雄一演出のミュージカル『サムシング・ロッテン!』メインビジュアル&ソロビジュアル解禁

2018年12月~2019年1月上演の福田雄一最新作ブロードウェイ・ミュージカル『サムシング・ロッテン!』のメインビジュアルと出演者のソロビジュアルが解禁された。

本作のタイトル“Something Rotten!“(サムシング・ロッテン!)とは、「何かが、腐っている!」という意味。ハムレットの一節からの引用であり、このように複数の戯曲、ミュージカル作品へのオマージュが随所に登場するコメディミュージカルだ。物語は1595年、ニックとナイジェルのボトム兄弟が絶大な人気を誇るウィリアム・シェイクスピアと競いながら舞台芸術業界で成功を目指すという内容。「コーラスライン」、「アニー」、「レ・ミゼラブル」などの人気ミュージカル作品や、シェイクスピア作品を彷彿とさせるシーンの数々が、舞台・ミュージカルファンの心をくすぐるとして話題になり、2015年のトニー賞では9部門に10ノミネートされ、うち1部門受賞した。

出演には、主人公でスランプ中の劇作家ニック役に中川晃教、そのライバルでありルネサンス時代のスーパースター劇作家シェイクスピア役に西川貴教。また、ニックを献身的に支える頼もしい妻ビー役に瀬奈じゅん、ニックの作品に大きな影響を与える預言者ノストラダムスには橋本さとしという豪華な布陣が決定。ニックのピュアな弟ナイジェル役・平方元基、清教徒の娘ポーシャ役・清水くるみという若い実力派キャストにも注目だ。 

解禁されたビジュアルは、舞台の設定であるルネッサンス時代の絵画を思わせる雰囲気のあるビジュアルとなっている。

【STORY】
ルネサンス時代のイギリス。売れない劇作家であるニック(中川晃教)は弟のナイジェル(平方元基)と共に自身の劇団を運営していた。時代の寵児であり、スーパースターの劇作家シェイクスピア(西川貴教)にニックは対抗心をむき出しにするが、劇団運営に行き詰まり、妻ビー(瀬奈じゅん)の目を盗んで予言者ノストラダムス(橋本さとし)のもとを訪ねる。そして、彼のお告げに従い、世界初の歌って踊る「ミュージカル」を書こうと決意するのだった。その後もノストラダムスのもとへ通うが、出てくるのは頼りない予言ばかり…ヒット確実な作品タイトルは「オムレット」(実は「ハムレット」の間違い)だと言われ、ニックはミュージカル「オムレット」を生み出すために悪戦苦闘する。作家の才能を秘めている弟のナイジェルは、兄の言うことを聞きつつも「卵の物語なんか書きたくない!」と思い悩む。そんななか、出会った美しい清教徒の娘ポーシャ(清水くるみ)と恋に落ち、新たなインスピレーションが生まれていた。一方、「ロミオとジュリエットに続く大ヒット作を書かねば」と人知れず思い悩んでいたシェイクスピアは、以前からナイジェルの才能に目をつけていて、彼からなんとか次作のアイデアを得ようと画策する。「トービーベルチ」と名乗る役者に化け、ニックの劇団に潜入し、後の大ヒット作となる「ハムレット」の土台となるアイデアをどんどん盗んでいくが…

公演概要

ミュージカル『サムシング・ロッテン!』

東京公演:東京国際フォーラム ホールC
2018年12月17日(月)~30日(日)(全19公演)
大阪公演:オリックス劇場
2019年1月11日(金)~14日(月・祝)(全6公演)

出演: 中川晃教 西川貴教 瀬奈じゅん 平方元基 清水くるみ 橋本さとし ほか
作詞・作曲:ウェイン・カークパトリック、ケイリー・カークパトリック
脚本:ケイリー・カークパトリック、ジョン・オファレル
演出・上演台本:福田雄一
振付:上島雪夫
音楽監督・指揮:上垣 聡
美術:二村周作
照明:高見和義
音響:山本浩一
歌唱指導:山川高風
衣裳:十川ヒロコ
ヘアメイク:宮内宏明
演出助手:伊達紀行
舞台監督:津江健太
東京主催: フジテレビジョン/キョードー東京/エイベックス・エンタテイメント
大阪主催: 関西テレビ放送/キョードー大阪
後援: WOWOW
企画制作: フジテレビジョン

チケット価格
東京:S席12,500円 A席9,500円 B席7,000円
大阪:平日 S席11,000円 A席8,000円 B席6,000円/土日祝 S席11,500円 A席8,500円 B席6,500円 
※全席指定・税込
※未就学児童入場不可
※営利目的の転売禁止

チケット発売
先行販売:7月上旬~順次販売予定! 
一般販売:9月8日(土)10:00~ 
※詳細は、公式HPにて

オフィシャルサイト
http://www.something-rotten.jp