映画『銀魂2(仮)』中村勘九郎、柳楽優弥、吉沢 亮 演じる“真選組”キャラクタービジュアル解禁

映画『銀魂2(仮)』中村勘九郎、柳楽優弥、吉沢 亮 演じる“真選組”キャラクタービジュアル解禁

8月17日(金)に全国公開される映画『銀魂2(仮)』より、中村勘九郎、柳楽優弥、吉沢 亮演じる“真選組”三人のキャラクタービジュアルが解禁された。

本作は累計発行部数5,500万部以上、『週刊少年ジャンプ』が誇る天下無敵の痛快エンターテイメント『銀魂』(原作:空知英秋)を福田雄一監督が映画化したもの。小栗 旬、菅田将暉、橋本環奈ほか史上最強の超豪華キャストが結集し、2017年に実写映画化された映画『銀魂』の続編だ。

 “真選組”は江戸の治安を守る幕府の特殊警察で、主な仕事は攘夷浪士の捕縛・将軍の護衛など。万事屋の面々とは腐れ縁のような関係で、町で顔を合わせる度にいさかいを起こしている。今回到着したキャラクタービジュアルは“真選組”三人のそれぞれの個性があふれる仕上がりになっており、まだ明かされていない本作で描かれるエピソードへと繋がるヒントも隠されている。

鋭い眼差しを向け、風変わりな刀を手にするのは中村演じる近藤 勲。近藤は隊士たちの人望を集め、男気あふれるがかなりのお人よしに加えて驚異的な天然ボケ。お妙に惚れ込み、もはやストーカーと化しては撃退されている。

お馴染みのくわえタバコに、真選組一のモテ男らしくキザな出で立ちで登場したのは、クールで頭も切れる近藤の右腕、真選組「鬼の副長」・柳楽演じる土方十四郎だ。土方は局中法度重視のスパルタで荒くれ隊士たちをまとめ、その厳しさはテロリストのみならず、隊士からも恐れられている。

妖艶に美しくもその狂気さを垣間見せるのは、吉沢演じる沖田総悟。真選組の一番隊隊長で、戦闘力と剣術はピカイチ。犬猿の仲である土方の命を常に狙い、一見ナイーブな美少年だがそのルックスとは裏腹に中身は超絶腹黒の毒舌ドS。今回のキャラクタービジュアルでは愛用の武器・バズーカ砲ではなく刀を手にしている。

また今回のビジュアル解禁にあわせて、近藤・土方・沖田のキャラクタービジュアルのデザインがあしらわれた第二弾ムビチケカードの発売日が6月22日(金)に決定した。(※ムビチケカードは全国の上映予定劇場(一部を除く)にて発売。)

【近藤 勲役・中村勘九郎:出演情報解禁時コメント】
今回は、初日に服を着ていた時点で(前作とは)大きな違いがありましたね(笑)。デザインが前作と違っているのでこの衣装を着られるだけでとても嬉しいです。前作から思っていましたが、真選組メンバーは本当に信頼できる仲間で、近藤のような気持ちで接しております。今回も土方、沖田、本当に格好いいですよ! またモてますよ、あの人たち。すでにモテてるのにまたモテますよ!(笑)原作知っている方はご存知ですが、局長は大体投票のランクは下の方ですので……(笑)。近藤はとても純で無垢なキャラクターなので嘘がなく演じられたらと思っています。ぜひ引き続き楽しんでいただけると嬉しいです。

【土方十四郎役・柳楽優弥:出演情報解禁時コメント】
今回の撮影現場でも、絶対に面白いものにしてやるというエネルギーがあって、そんな現場に参加させていただけたのが嬉しかったです。あるシーンの時に、監督から「時間は気にしないで、悔いのないように演じてみてほしい」と言っていただき、佐藤二朗さんとムロツヨシさんに負けないようにと、フル回転で挑みました(笑)。ぜひ、楽しんで頂けると嬉しいです。

【沖田総悟役・吉沢 亮:出演情報解禁時コメント】
パート1ではカブトムシの着ぐるみ着たり、重いバズーカぶっ放したり、重いもの担当みたいな立ち位置ですごく可哀想な役だったんですが、今回は真選組らしく刀で戦うシーンもあったりして嬉しかったです。
皆さんおっしゃってますが、パート1を遥かに超える面白さになってると思います。もうなんか、笑いましたもん。新キャストの方々が豪華過ぎて。お楽しみに。

作品情報

映画『銀魂2(仮)』
8月17日(金)全国ロードショー
出演:小栗 旬、菅田将暉、橋本環奈/佐藤二朗
脚本/監督:福田雄一
原作:『銀魂』空知英秋(集英社『週刊少年ジャンプ』連載)
製作:映画「銀魂2(仮)」製作委員会
制作プロダクション:プラスディー
配給:ワーナー・ブラザース映画

©空知英秋/集英社 ©2018 映画「銀魂2(仮)」製作委員会

オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama-film/

『銀魂』原作