榮倉奈々、突然“いってらっしゃいのキス”をねだる『妻ふり』場面写真が解禁

榮倉奈々、突然“いってらっしゃいのキス”をねだる『妻ふり』場面写真が解禁

6月8日(金)に全国公開となる映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の新場面写真が解禁された。

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」。2010年、「Yahoo!知恵袋」に投稿された質問はたちまち話題を呼んだ。翌年にはコミックエッセイ化もされ、一大ブームを創り上げた伝説の投稿を実写映画化した本作。

不思議な行動を繰り返すぶっとびキャラの妻・ちえを演じるのは、ラブストーリーからアクション作品まで幅広くこなす榮倉奈々、そして超フツーで冷静なちえの夫・じゅん役には、硬派な役から個性的な役まで幅広く演じる安田 顕。さらに大谷亮平、野々すみ花などユニークで豪華なキャスト陣が集結している。

この度解禁されたのは、、“死んだふり”ではなく、突然、言ってらっしゃいのキスをねだる妻と驚く夫の場面写真。本作では、「“死んだふり”をするぶっとび妻」と「超フツーの冷静夫」という、それぞれにヘンなところや、足りないところがある凸凹夫婦だが、ふたりでいるとしっくりくる…そんな夫婦像を榮倉と安田が絶妙のコンビネーションで作り上げているが、この写真もテンションの差が感じられる一枚になっている。

榮倉について李監督は「榮倉さんはごく自然に一本通してのトーンを持ちつつ、前半の“死んだふり”するコミカルなパートから、後半のドラマパートへと繋げていってくれた」と振り返る。安田についても「突然妻に死んだふりされるようになったバツイチ夫の苦悩をよく表現してくれました。あと焦っている時、少し早口で台詞を言われるんですけど、そういう時の安田さんがすごく可愛らしいんです(笑)。妻の“死んだふり”にオロオロする年上の夫というキャラクター像にも、その可愛らしさは合っていたと思います」と称賛している。

李監督が「バカでどうしようもないけれど愛すべき夫婦が、毎日の生活の中で小さな幸せを見つけていく。そんな映画になったと思います」と言うように、観る者は、凸凹な夫婦のキスをめぐるやり取りにも、自分自身を重ね合わせたり、「最近、奥さんとキスしたかな?」などとわが身を振り返ったり、共感したり、小さな幸せを感じられるきっかけになるような作品だ。

【STORY】
予測不能「ぶっとび妻」×超フツー「冷静夫」 結婚3年目、凸凹夫婦のちょっと変わった日常を描く、新しい愛のカタチ
サラリーマンのじゅんが仕事を終えて帰宅すると、玄関で妻のちえが口から血を流して倒れていた!動転するじゅんだが、「ククク……」と笑うちえの傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていたのだ。それからというもの、家に帰るとちえは必ず死んだふりをするようになった。ある時はワニに喰われ、ある時は銃で撃たれ、またある時は頭を矢で射抜かれ…次第にエスカレートしてゆく“死んだふり”。最初は呆れるだけのじゅんだったが、何を聞いても「月が綺麗ですね」と笑うだけのちえにだんだん不安を覚え始める。寂しいだけなのか、何かのSOSのサインなのか―。ちえの謎の行動には、“秘密”があった。

映画情報

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』
6月8日(金)謎の<妻ふり>ロードショー
出演:榮倉奈々 安田 顕 大谷亮平 野々すみ花 
原作:『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(PHP研究所刊/作:K.Kajunsky 漫画:ichida) 
監督:李闘士男『神様はバリにいる』
脚本:坪田文『コウノドリ』
配給:KADOKAWA
(C)2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

オフィシャルサイトhttp://tsumafuri.jp

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』原作