乃木坂46・生田絵梨花「トニー賞」の思いや自身の展望を語る。「コメディですごく笑えるものもやってみたい」

乃木坂46・生田絵梨花「トニー賞」の思いや自身の展望を語る。「コメディですごく笑えるものもやってみたい」

6月11日(月・日本時間)にWOWOWにて独占生中継される「生中継!第72回トニー賞授賞式」より、スタジオ・ナビゲーターの生田絵梨花(乃木坂46)のコメントが到着した。

トニー賞は、アメリカ演劇界で最も権威のある賞とされており、該当期間中にニューヨークのブロードウェイで上演された演劇やミュージカル作品を対象に贈られる。その授賞式は、豪華スターの競演による圧巻のパフォーマンスが展開され、授賞式自体がクオリティーの高いショーとなっている。

生田は乃木坂46のメンバーでもありながら、ミュージカルでも活躍しており、現在ミュージカル『モーツァルト!』に出演中。昨年最多12部門にノミネートされた『ナターシャ、ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』の日本版に出演することも決まっている。今回は、同作品に出演する井上芳雄とともにスタジオでトニー賞を盛り上げる。

今回スタジオ・ナビゲーターに参加する心境を、「演劇・ミュージカル界で、トニー賞は誰もがいつも目を輝かせながら楽しみにしているイベントなので、ナビゲートをさせていただくというのは本当に光栄であり、恐れ多い気持ちでもあります。日本ではまだトニー賞を知らない方もいらっしゃると思うので、今回をきっかけにトニー賞で素敵な作品、素晴らしい演者の方々を知っていただき、ミュージカルをもっと好きになってくれる人が増えたら嬉しいなと思います」と語った。

トニー賞のことはミュージカルで共演する先輩たちから聞いていたが、本格的に見たのは昨年の放送が初めてだったという生田。その時の感想を、「みなさんなんて気持ちよさそうに歌うんだろうと。それ自体に感動を覚えました。私が歌う時はすごくいっぱいいっぱいになっていて、『こうしなきゃ』『ああしなきゃ』と思っているんです。本当に全身で、“心”で歌ってる感じが、やっぱり向こうの人ならではだなって思い感動しました」とコメント。『ナターシャ、ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』のパフォーマンスも放送で見ていたといい、「ステージと一体になってる感じがすごく面白いと記憶に残っていた作品を、まさか自分がやらせていただくことになるなんて!」と不思議な縁を感じていた。

また生田が今回のノミネート作品で注目しているのは、学園もののコメディ映画をミュージカルにした『ミーン・ガールズ』。「映画を見ているのですが、女子ならわかる『あるある!』という感じで笑えたりとか、勢いを感じました。それがミュージカルとして楽曲に乗せられた時にどんなものになるのか、まだ楽曲を聞いていないので、当日のパフォーマンスがすごく今から楽しみです」と期待を膨らませ、「これまでピュアな役柄が多かったので、意外性がある役とか、コメディですごく笑えるものもやってみたいです」と自身もコメディ作品に挑戦してみたいという意欲もみせた。

さらに、「どの作品が受賞するか、当日披露されるパフォーマンスにもワクワクしています。日本のスタジオでもパフォーマンスをやるので楽しみにしていただけたらと思います。スタジオのゲストの皆様と感想を語り合いながら授賞式を盛り上げたいです」とも語った。

なお、オープニングでは、ナビゲーターの井上、生田(乃木坂46)、スペシャル・ゲストの坂本昌行(V6)による、大ヒットミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』より「ザ・グレイテスト・ショー」と「ディス・イズ・ミー」のコラボパフォーマンスが行われる。

出演者3名のインタビュー記事もオフィシャルサイトに掲載中
http://www.wowow.co.jp/stage/tony/

番組情報

「生中継!第72回トニー賞授賞式」
6月11日(月)8:00(同時通訳)[WOWOWプライム]
司会:サラ・バレリス、ジョシュ・グローバン
WOWOWスタジオ・ナビゲーター:井上芳雄、生田絵梨花
WOWOWトニー賞・アンバサダー:宮本亜門
スペシャル・ゲスト:坂本昌行

「トニー賞直前SP in NY」
6月10日(日)15:30[WOWOWプライム]無料放送
出演:井上芳雄、生田絵梨花、坂本昌行、ほか

「第72回トニー賞授賞式(字幕版)」
6月16日(土)19:000[WOWOWライブ]

オフィシャルサイト
http://www.wowow.co.jp/stage/tony/