沢尻エリカ主演映画『猫は抱くもの』が「上海国際映画祭」正式出品決定。日本映画で唯一のコンペティション部門入選の快挙!

沢尻エリカ主演映画『猫は抱くもの』が「上海国際映画祭」正式出品決定。日本映画で唯一のコンペティション部門入選の快挙!

6月23日(土)に新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町ほかにて全国公開される沢尻エリカ主演作『猫は抱くもの』が、「第21回上海国際映画祭」のコンペティション部門に正式出品されることが発表された。

本作は、人気推理小説「猫弁」シリーズで知られる大山淳子の同名小説を、映画『グーグーだって猫である』などの犬童一心監督が実写化したもの。思った通りの自分になれず、投げやりな毎日に慣れてしまった“元アイドル”の沙織(沢尻)と“自分を沙織の人間の恋人だと思い込んでいる猫”良男(吉沢 亮)が、自分らしい生き方を見つけていく姿をハートウォーミングに描く。妄想とリアルが入り混じる演出が見どころで、実写の猫に加えて、演劇風の演出、アニメーションなど数々の演出が織り込まれ、映画好きこそ見るべき映画となっている。

6月16日(土)から25日(月)まで開催される「上海国際映画祭」は、世界15大映画祭のひとつで、FIAPF(国際映画製作者連盟)が認定する国際映画祭である。21回目を迎える今年は、世界108カ国から、3,400本以上のエントリー(内日本映画約200本)があり、アジア最大級の映画祭として注目を集めている。また本作が出品されるコンペティション部門は、第10回(2007年)に山田洋次監督『武士の一分』が最優秀音楽賞(冨田 勲)を受賞、第19回(2016年)に阪本順治監督『団地』が最優秀女優賞(藤山直美)を受賞するなどしている。

今回の出品決定に関して犬童監督からは「沢尻エリカの野蛮なパワーと吉沢 亮のア然とするエレガントが中国の皆さんにどう刺さるか? 楽しみです」とのコメントを寄せており、賞の獲得にも期待が膨らむ。主演の沢尻は「『猫は抱くもの』が、コンぺティション部門に選ばれ光栄に思います。海外でどのように評価していただけるか、楽しみにしています。」とコメント。日本映画として最優秀作品賞受賞作品(金爵奨)を受賞すれば2005年『村の写真集』(監督:三原光尋)以来の快挙となる。

なお、本作の「上海国際映画祭」での上映日は6月21日(木)、注目の授賞式は6月25日(月)に現地にて行われる。さらに、それにあわせて急きょ、犬童監督らが渡航し舞台挨拶を行うことも予定されている。

【STORY】
こじらせた1人と1匹の妄想が、自分らしい幸せに気付かせてくれる―
思った通りの自分になれなくて、いつしか投げやりな生き方に慣れてしまった沙織(沢尻エリカ)。元アイドルのアラサーで、今はスーパーで働く彼女が心を開くのは、こっそり飼っている、ロシアンブルーの猫・良男(吉沢 亮)だけ。今日いちにちの出来事を、妄想を交えつつ良男に話して聞かせる沙織。沙織の心に寄り添ううち、良男は自分が沙織の人間の恋人で、彼女を守れるのは自分だけだと思い込んでしまう。そんなある日、沙織の前に“ゴッホ”と呼ばれる売れない画家・後藤 保(峯田和伸)が現れ、良男は沙織の変化を目の当たりにする。ある晩、良男は月に誘われるように外の世界に飛び出し、迷子になってしまい……。ゴッホや、ゴッホを慕う猫・キイロ(コムアイ)、個性豊かな猫たちとの出逢いを通じて、1人と1匹は、自分らしく生きるすべを見つけていく。うまくいかないことの輝き。置いてけぼりをくらっている時間の豊かさ……。灰色の日常がカラフルに輝きはじめる、心温まる物語。

作品情報

『猫は抱くもの』
6月23日(土)新宿ピカデリーほか、全国ロードショー
監督:犬童一心
原作:大山淳子『猫は抱くもの』(キノブックス刊)
脚本:高田 亮 
音楽:水曜日のカンパネラ
出演:沢尻エリカ、吉沢 亮、峯田和伸、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、岩松 了、藤村忠寿、内田健司、久場雄太、今井久美子、小林涼子、林田岬優、木下愛華、蒔田彩珠、伊藤ゆみ、佐藤乃莉、末永百合恵、柿澤勇人
企画製作・配給:キノフィルムズ 
制作プロダクション:ADKアーツ
©2018「猫は抱くもの」製作委員会

オフィシャルサイト
http://nekodaku.jp/