城 南海、西郷隆盛の“島妻・愛加那”ゆかりの地を表敬訪問。世界自然遺産登録を目指す『唄島プロジェクト』も発足

城 南海、西郷隆盛の“島妻・愛加那”ゆかりの地を表敬訪問。世界自然遺産登録を目指す『唄島プロジェクト』も発足

奄美大島出身の歌姫・城 南海(きずき みなみ)が、NHKで放送中の大河ドラマ『西郷どん』のドラマの劇中歌と、大河紀行テーマ「西郷どん紀行~奄美大島・沖永良部島編~」を収録した、通算12枚目のシングル「西郷どん紀行~奄美大島・沖永良部島編~」を6月20日にリリース。

さらに初のミュージックビデオ集が、6月30日よりスタートする全国ツアー『ウタアシビ2018夏』の会場限定で発売されることが決定した。

今回のアートワークは、三浦半島で撮影。シングル「西郷どん紀行~奄美大島・沖永良部島編~」の楽曲のテーマでもある、西郷隆盛に想いを馳せる奄美大島での島妻・愛加那の気持ちが現れたような仕上がりとなっている。

ミュージックビデオ集は、デビューシングル「アイツムギ」をはじめ全17曲のミュージッククリップのほかに、本人書き下ろしの新曲「ひとつになれたなら」を収録したCDも収録。6月30日よりスタートする全国ツアー『ウタアシビ2018夏』の会場限定での販売となるが、それに先駆けてファンクラブ「南海人“みなみんちゅ”」で予約を受け付けており、ファンクラブ特典として、アナザージャケットがプレゼントされる。

さらに、ミュージックビデオ集にはミニフォトブックも封入。三浦半島から房総半島へ渡るフェリーや防波堤で撮影され、城 南海とショートトリップしているようなプライベート感が漂う作品となっている。

また城 南海は、ドラマの舞台となっている地元・奄美大島で、西郷吉之助(隆盛)の島妻である“愛加那”のゆかりの地を表敬訪問。さらに奄美大島のアーティストが集結した、世界自然遺産登録を目指す『唄島プロジェクト』に参加した。

大河ドラマ『西郷どん』劇中歌「愛加那」そして、大河紀行テーマ「西郷どん紀行〜奄美大島・沖永良部島編〜」は、藩命により奄美大島に潜居した西郷吉之助(隆盛)の島妻である“愛加那”を想い、西郷隆盛の歴史を学び、愛加那の奄美大島のルーツを探って、“愛加那の立場から西郷隆盛へ向けた言葉を紡いで作詞”をした楽曲。そして今回、“愛加那”への表敬訪問として、西郷隆盛と愛加那が過ごした西郷南洲流謫跡を訪れた。

城 南海は「今回楽曲を作る上で、ふたりの歴史を調べたり、奄美の方々に聞いたりして作りましたが、実際に趣のあるかやぶき屋根と奄美の自然に囲まれた素敵な家を見ることで、より西郷さんと愛加那さんの当時の姿が見えたような気がしました。これから始まるツアーで皆さんに歌を直接届ける前に、実際にお家を訪れて、さらに愛加那さんを知ることができて良かったです」とコメントしている。

また、5月29日には、現在、世界自然遺産登録を目指している奄美大島のプロジェクト『唄島プロジェクト』が発足。城 南海のほか、大河ドラマ『西郷どん』のメインテーマを担当している里アンナをはじめ、元ちとせ、中孝介、カサリンチュら奄美大島出身のアーティスト・唄者ら15名が、奄美大島の大浜海浜公園に集結。

これまでの奄美大島の歴史、自然や文化を、次世代へ繋いでいく島の「唄」を制作し、育むことを目指すプロジェクトとして、現在「懐かしい未来へ」という楽曲を制作中であることを発表した。

城 南海 コメント
今回参加させていただけて、本当にうれしいです。島でのレコーディングは初めてで、こんな念願の機会をいただけて、そして素敵な曲を歌わせていただけて、本当に光栄です。私の父が観光ガイドをしており、日々、奄美の自然の写真を送ってくれるので、東京に住んでいながら、島の自然や文化を感じることができ、東京に出ている私だからこそできる発信の仕方で島の魅力を伝えていけたらな、と思っています。

 


リリース情報

2018.06.20 ON SALE SINGLE「西郷どん紀行~奄美大島・沖永良部島編~」

2018.06.30 ON SALE DVD『城 南海 Music Clip Collection』 ※ウタアシビ2018夏・会場限定販売


城 南海 OFFICIAL WEBSITE
https://www.kizukiminami.com/

『西郷どん』番組サイト
https://www.nhk.or.jp/segodon/


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC