“GLAYアプリ”はなぜ生まれたのか? TAKUROが語る公式インタビュー公開「24時間、GLAYのことと自分の人生をどうデザインするかを考えている」

“GLAYアプリ”はなぜ生まれたのか? TAKUROが語る公式インタビュー公開「24時間、GLAYのことと自分の人生をどうデザインするかを考えている」

2月にGLAYがスタートさせた「GLAYアプリ」。シングル2枚同時リリースやビデオシングル、20万人ライブなどつねに時代の新しいことへのチャレンジをしてきたGLAYが、なぜ「公式アプリ」をスタートさせたのか。

その熱い気持ちをリーダーTAKUROがコメント。

GLAYに対する想い、そしてファンに対する想いなど、約7,000文字による公式インタビューがオフィシャルサイトにて公開されている。

なお、「GLAYアプリ」では、JIROがベーシストとして所属するバンド、THE PREDATORSの楽曲の配信もスタート。今回配信開始されたのは、彼らのデビューミニアルバムで「爆音ドロップ」など代表曲が収録された『Hunting !!!!』。今後もさらに追加されていく予定だ。

TAKURO オフィシャルインタビュー(一部抜粋)

Q:自主レーベルで、ここまでのアプリを作るというのは、アーティストとしては、ある意味理想的な形だと思います。
TAKURO:2006年に、GLAYの版権、原盤、映像の権利、そしてファンクラブの運営などを前事務所から僕の個人会社がすべての権利関係を買収できたということが、いちばん大きいです。やっぱりそれまでの業界の形、慣習という人間が作ったシステムを改善、改革していかなければいけないのに、そのスピードの遅さにGLAYは合っていませんでした。テクノロジーの進化に敏感なHISASHIは「メンバーのリクエストに応えられないバンドなんて嫌だ」と当時から言っていて、自分たちがいつまでもコンテンツでいてはダメで、コンテンツホルダーないし、今回のアプリのような、プラットホームになるしかないと思っていました。それがメンバーの期待にも応えられて、かつユーザーのためになると思いました。俺は24時間GLAYのことと、自分の人生をどうデザインするかを考えていて、それは第三者にはわからないし、そこまで考えるように求められないし、無理な事で。

メンバー同士の関係はメンバー同士にしかわからないし、いくら言葉で説明しても100%理解してもらえない。だから人に任せるのも限界だと思ったし、俺らを取り巻く環境という名の制度も疲弊していたので、自分たちですべての権利を持ち、活動したほうが、それがいちばんファンの人たちが好きなGLAYの形になると思いました。その思いの最新形がこのアプリです。やっぱりメンバーがいちばん大切にしているのは、GLAYとファンの人たちが活発に交流できる場だと思うし、それに対して組織やシステムに望むのは、アーティストとしての自由な発想を遮られることなく、それはお金という意味でも、時間という意味でも、好きなだけGLAYというものを謳歌したいということです。

Q:応援してくれている人との距離が縮まって、新しいファンも増えて、来年の25周年が賑やかになりそうですね。
TAKURO:盛大になりそうなんですよ。メンバーともミーティングを重ねていて、ライブハウスから大きいハコまで、1年半くらいかけて、応援してくれた人たちみんなに届くような、いちばんファンの人たちが望んでいるライブの形を、実現させたいと思っています。それと10年前くらいから取り組んでいる、コンサートの前後も楽しんでもらえる施策をやりたいです。例えば北海道物産展やイベントがあるとか、どこかでGLAY展があったり。

GLAYの東京でのライブに行こうって、地方から来た人たちが、旅自体がGLAYを通じて楽しめるようなものにしたい。考え方はこのアプリと一緒ですよね、ひとつのものでいろいろと楽しめるという部分では。土、日がライブなら、金曜日から月曜日までも楽しんでほしい、それでまた気持ちよく日常に戻ってほしい、ということを考えて25周年にやるべきことを練っています。

このアプリの中には2つテーマがあって、まずデビューから応援してくれている人にとって楽しいものである、そして新しくファンになってくれた人たちにとっては、最高の入口であることという、一見矛盾しているかのような2つのテーマを、ひとつのアプリにどう落とし込めるかという部分がいちばん難しかった。

そして大体のサイトはGLAYのある部分しかほしがらないけど、でもここに来ると、GLAYの、もしかしたら今まで手軽に見せられなかった部分、例えばアコギ一本で作ったデモ音源が聴けたり、GLAYのより深いところを知りたい人たちにとっては、たまらないものにしたかった。

でもライトなファンの人たちにとっても、ここでGLAYのすべての歴史を知ることができますよという、この2つをひとつにするデリケートな作業が大変でした。

つまり、昔からファンでいてくれている人達たちにとっては、音源、映像ともにすでに持っているものです。ライフスタイルが変わっていく中、その便利さはさらに進化して、昔のものをどこからか引っ張り出してきて、開けて、プレイヤーに入れて、という行為はしなくなると思いました。さっきも言いました、その便利さに人は勝てないと思い、映像も音源もすべてここに詰め込みました。

 


リリース情報

2018.6.27 ON SALE Blu-ray&DVD『GLAY ARENA TOUR 2017 “SUMMERDELICS”in SAITAMA SUPER ARENA』

2018.07.31 ON SALE ALBUM『pure soul Anthology』


ライブ情報

GLAY Special Live 2018 in HAKODATE GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.3
08/25(土)北海道・函館 緑の島野外特設ステージ
08/26(日)北海道・函館 緑の島野外特設ステージ


TAKUROオフィシャルインタビュー
http://www.glay.co.jp/interview/

GLAYアプリの詳細はこちら
https://app-glay.jp

GLAY OFFICIAL WEBSITE
http://www.glay.co.jp


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC