土屋太鳳&広瀬すず、ドラマ『チア☆ダン』で奇跡の共演!「太鳳ちゃん頑張って!」(広瀬)

土屋太鳳&広瀬すず、ドラマ『チア☆ダン』で奇跡の共演!「太鳳ちゃん頑張って!」(広瀬)

TBSにて7月期の金曜ドラマ枠(毎週金曜22時~)でスタートする土屋太鳳主演ドラマ『チア☆ダン』に広瀬すずが出演することが発表された。

本作では、2017年3月に公開し大ヒットした映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』の9年後を舞台に、映画とはまったく違うオリジナルストーリーが展開される。

広瀬は、映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』で主人公・友永ひかりを演じ、本作では、役柄そのままに9年経った姿で特別出演する。友永ひかりは、全米チアダンス選手権大会で初めて優勝を果たした初代「JETS」のセンターであり、土屋演じる藤谷わかばが幼いころにテレビ中継で「JETS」の演技を見て憧れの対象になった人物だ。いまは母校に教師として戻り、副顧問兼コーチとして後輩を指導している。

プライベートでも仲の良いという2人の“奇跡”の共演に、土屋は「CMの撮影やイベントでは一緒にお仕事したことはあるのですが、いつかお芝居でも共演できたらいいねと話していたので、共演できると知った時は本当にうれしかったです。実際現場で一緒にお芝居をすると、こういう風にいろんな役を演じられてきたんだなと、すごく驚いています」と喜びを表していた。

また、広瀬は映画では実現できなかった『チア☆ダン』のモデルとなったチアリーダー部「JETS」の母校、福井県立福井商業高等学校での撮影に参加。『チア☆ダン』の聖地が舞台となっているシーンはもちろんのこと、世代を代表する2大女優が、映画の主人公からドラマの主人公へとバトンを渡すシーンに注目だ。

【広瀬すず コメント】
私は本当に映画『チア☆ダン』で、努力することの大切さなど多くのものを教えてもらいました。今回ドラマ化すると聞いて、いろんな想像があったんですけど、(主演が)太鳳ちゃんと聞いて絶対大丈夫だなと本当に思いました。『チア☆ダン』という作品がどんどん大きな華になっていっているのが本当に嬉しいです。応援しています! 私の『チア☆ダン』に対する思いが、太鳳ちゃんにとっても同じようになったらうれしいなと勝手に思っています(笑)。太鳳ちゃん頑張って!

【プロデューサー・韓哲コメント】
この世代を代表する2人の女優の共演がこのドラマで実現し、関係者全員が喜びました。広瀬さんに台本をお渡ししてお願いしたとき、二つ返事で快諾してもらい、ドラマも大事に思ってもらえたことにとても感謝しました。ドラマ出演にあたり、役を取り戻すために10時間以上のダンスレッスンをしていたことを後から聞きました。ダンスシーンはないのですが、それだけの気持ちを持ってドラマの出演に準備をしてくれたことにとても感謝しています。

【STORY】
幼い頃に強豪チアダンス部「JETS」が初の全米優勝を果たした演技を見て憧れを持った主人公の藤谷 わかば(土屋太鳳)が、将来は同部に入って全米優勝したいという夢を抱くが、「JETS」のある福井中央高校の受験に失敗。いつしかチアダンスさえ「自分には無理、できっこない」と考えるようになり、勉強も運動も中途ハンパな隣町の高校に入学し、弱小チアリーダー部で運動部を応援するだけの高校生活を過ごしていた。そんなある日、東京から来た強引な転校生・汐里(石井杏奈)に「私とチアダンスをやろう!」という思いがけない言葉をかけられる。その言葉がわかばのくすぶっていた思いに火を点け、かけがえのない仲間や挫折したダメ中年教師の漆戸太郎(オダギリジョー)ら大人たちの支えと共に泣き笑い、成長し、「打倒JETS! 全米制覇!」というできっこない夢を追いかけ全てをかけて挑戦する!

番組情報

『チア☆ダン』

製作著作:TBS
原作:映画『チア☆ダン』製作委員会
脚本:後藤法子『チーム・バチスタ シリーズ』(CX/2008年~2014年)『銭の戦争』(CX/2015年)『嘘の戦争』(CX/2017年)『家族ノカタチ』(TBS/2016年)/ 徳尾浩司『きみが心に棲みついた』(TBS/2018年)『おっさんずラブ』(EX/2018年)
プロデューサー:韓 哲  
協力プロデューサー:高山暢比古
演出:福田亮介 金子文紀

オフィシャルサイト
http://www.tbs.co.jp/cheerdan_tbs/

オフィシャルTwitter:@cheerdan_tbs

オフィシャルInstagram
https://www.instagram.com/cheerdan_tbs/