尾崎 豊が、ラストツアー『BIRTH』でかき鳴らした“伝説のテレキャスター”が1日限定でベルサール渋谷ガーデンにて展示

尾崎 豊が、ラストツアー『BIRTH』でかき鳴らした“伝説のテレキャスター”が1日限定でベルサール渋谷ガーデンにて展示

 

フェンダーミュージック株式会社が、6月16日にベルサール渋谷ガーデンにて行われる、フェンダーアーティストモデル30周年記念イベント『FENDER CUSTOM SHOP EXHIBITION』にて、尾崎 豊のラストツアー『BIRTH』で本人が使用していたテレキャスターを、1日限定で特別展示することを発表した。

また、そのテレキャスターを元に再現したコラボレーションモデル“FENDER CUSTOM SHOP TELECASTER(R) “YUTAKA OZAKI MEMORIAL EDITION”, MASTERBUILT BY DENNIS GALUSZKA”も同時に展示される。

1992年6月16日・17日に予定されていた、尾崎 豊による最新作『放熱の証』の日本武道館ライブは、彼の急逝によって実現することなく突然の中止となった。それから二十七回忌を迎える今年、彼が愛してやまなかったテレキャスターを再現するプロジェクトが始動。

尾崎のラストツアーとなった『BIRTH』ツアーで本人が使用したテレキャスターを元に、FENDER CUSTOM SHOPにおける最高峰の職人であるマスタービルダーが徹底的にプロファイリングし、ネックの握り心地やパーツに至る細かな仕様までも忠実に甦らせるという、一大プロジェクトとなった。

1983年のデビューから1992年急逝するまで、若者から絶大な支持を得ていた尾崎 豊が、自身の事務所「アイソトープ」を立ち上げた際に、まずは楽器を揃えたいと選んだのがフェンダーのテレキャスターだった。アマチュア時代からアコースティックギターでスタイルを確立した彼にとって、そのテレキャスターは新しいステージを共にする特別な相棒となった。

とりわけ『BIRTH』ツアーでは、50ヵ所以上ある公演のうち多くのステージでそのギターが活躍している。そしてその後、幻となった日本武道館公演でも使われるはずだった。

尾崎の魂が込められたテレキャスターと、 それを再現したコラボレーションモデル“FENDER CUSTOM SHOP TELECASTER(R) “YUTAKA OZAKI MEMORIAL EDITION”, MASTERBUILT BY DENNIS GALUSZKA”が展示される『FENDER CUSTOM SHOP EXHIBITION』が行われるのは6月16日。そして尾崎がかなわなかった幻の日本武道館公演の日程も、6月16日だった。

なお、当日の展示エリアではほかにもINORAN(LUNA SEA)、Ken(L’Arc~en~Ciel)、高中正義、Char、春畑道哉(TUBE)がステージ上で実際に使用してきたCUSTOM SHOP製ギターを参考展示するとともに、The NAMM SHOW 2018 で発表された最新のアーティストモデルを含む約200本の新作を中心としたギターを展示。

当日のスケジュールなど、詳細はイベントサイトまで。

イベント情報

FENDER CUSTOM SHOP EXHIBITION
06/16(土) 東京・ベルサール渋谷ガーデン 1F ホール
入場料: 無料
出演者: INORAN(LUNA SEA)、Ken(L’Arc~en~Ciel)、鈴木茂、Char、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)、布袋寅泰


『FENDER CUSTOM SHOP EXHIBITION』イベントサイト
https://shop.fender.com/ja-JP/customshop-event-2018

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC