オダギリジョー、池田エライザの印象について「特にないです……」。映画『ルームロンダリング』完成披露イベント開催

オダギリジョー、池田エライザの印象について「特にないです……」。映画『ルームロンダリング』完成披露イベント開催

7月7日(土)に公開される映画『ルームロンダリング』の完成披露試写会イベントが、本日6月11日(月)に東京・ニッショーホールで行われ、池田エライザ、オダギリジョー、渋川清彦、健太郎、片桐健滋監督が登壇した。

新たなクリエイターの発掘を目指して映画企画を募集するコンテスト「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM2015」で全474企画の中から準グランプリ Filmarks賞を受賞し、独創的なアイデアで注目を集めながら、オカルトの中にヒューマンドラマの要素を入れた爽やかな設定を評価された本作。自殺や他殺、不審死、孤独死など部屋の中で“人の死”が発見された、いわゆる「事故物件」ばかりに引っ越しを繰り返す“ワケアリ女子”八雲御子(池田)と幽霊たちとのふれあいを切なく哀しくも可笑しく描いている。

本作の印象について池田は「コメディだったりハートフルな部分があるんですけど、私が現場に入って、渋川さんとお芝居するまでこの作品がコメディだとは気づかなかったんですよ」と答えると、渋川からは「それはどういう意味だよ(笑)」とツッコミが飛び出した。

オダギリは「監督と脚本を書いた梅本さんは昔から知っていて、割と友達に近いのでその2人が脚本を書き上げたことがうれしくてかつ、オリジナルストーリーということもうれしかったので、一枚一枚大切に読んだ記憶がありますね」と台本をもらった時のことを振り返っていた。

さらに、池田の起用理由について片桐監督は「廣木隆一監督から『エライザ、暗いよ』と言われて、ガツンときたんですよね。暗いのは大好物なので」とコメント。池田は首を傾げながら「監督ってよく見ていらっしゃる方なので間違いないと思います」と苦笑いしながら答えた。

また、池田との共演の思い出を聞かれたオダギリは「特にないです……」と言い苦笑いを浮かべていたが、「無理やり出すとするのならば……、池田さんはミーアキャットをペットにしようか悩んでいて、それを強烈に覚えています」と答えた。それに対し池田は「今はショウガラゴという猿に目移りしています!」と反応していた。

映画のテーマにちなみ、浄化(ロンダリング)したいことを質問されると、池田は「邪念」と回答。「過去に浄化したいものってあまりなくて、何かに目がくらんでしまいそうな時はそれをロンダリングしていきたいなと思います」と理由を答えた。

そして、渋川は「初ゲロ」と答えた。「23歳ぐらいの時、初めて飛行機に乗って海外に行った時に調子こいて酒を飲み過ぎて、着陸と同時に吐きました。消したい過去ですね……」と言い会場は笑いに包まれた。

さらに、イベント後半では実際に事故物件に住み続けている芸人・松原タニシが登場し、事故物件のオススメポイントを紹介。勝手に鏡に文字が浮かび上がったり、仕事現場でスタッフの数珠が切れたりと数々の不思議なエピソードを披露すると、池田は「事故物件じゃなくても、いまは楽しい生活を送っているんで……、住むのは機会があればで大丈夫です……」と言いながらも、引きつった笑顔を見せていた。

【STORY】
5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子(池田エライザ)。その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独に。度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることに。しかし、そのアルバイトとは、ワケあり物件に自分が住むことによって‟物件を浄化する“というルームロンダリングだった。ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになった御子。幽霊と奇妙な共同生活を送る中、御子は彼らのお悩み解決に奔走させられ……⁉

作品情報

『ルームロンダリング』
7月7日(土)より新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー
出演:池田エライザ、渋川清彦、健太郎、光宗 薫/オダギリジョー
監督:片桐健滋
脚本:片桐健滋、梅本竜矢
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント 
配給:ファントム・フィルム

©2018「ルームロンダリング」製作委員会

オフィシャルサイト
http://roomlaundering.com/