朝ドラ『わろてんか』のOP映像などでも話題の小島淳二監督デビュー作『形のない骨』公開決定

朝ドラ『わろてんか』のOP映像などでも話題の小島淳二監督デビュー作『形のない骨』公開決定

小島淳二の映画監督デビュー作『形のない骨』が、7月28日(土)より、渋谷ユーロスペースほかにて全国順次公開することが決定。あわせて本ビジュアルと場面写真が解禁された。

小島監督は、TSUBAKIやマキアージュなど、仲間由紀恵や武井 咲ら人気女優が出演する資生堂のCMを長年にわたって手がけ、〈女性美の映像職人〉と呼ばれている。2007年には、第57回ベルリン国際映画祭短編コンペティション部門に、日本作品として31年ぶりに出品された注目のクリエイターだ。直近の仕事では、連続テレビ小説『わろてんか』のオープニング映像なども話題となった。

本作は、彼が企画から立ち上げ、5年の歳月をかけて挑んだ映画監督デビュー作。これまで切り取ってきた女性の華やかな瞬間とは真逆となる〈人間の内面〉がじっくりとあぶり出されている。格差社会から生まれる一般家庭の貧困や希薄な人間関係、女性蔑視の問題……。次第に追い詰められていくひとりの女性の壮絶な人生を通して、家族とは、人間の優しさとは何かを問いかけている。理性的であることを求められる現代に生きるすべての人たちに贈りたい人生賛歌の誕生となっている。

【STORY】
34歳の良子は画家の夫、姑、小学生の息子とともに、地方都市の一軒家で静かに暮らしていた。しかし、一見平穏に見えるその生活は、刺々しい姑の態度、闇の商売に手を染める夫の暴力にうんざりする日々。彼女が心を通わせるのは弟・圭人と、息子の宏だけだ。ある日彼女は、夫を思いがけない事件により失ってしまう。失った愛に苦しみ追い詰められた良子が取った行動とは……・。

【深田晃司(映画監督):コメント】
曖昧な感情を徒らに濾過せず
曖昧なまま差し出してくれる挑戦的な映画でした。
だからこそその果てにある水の清明さにハッとさせられる。
『形のない骨』とはなんだろう、と思った。その骨が支える体はなんなのだろう。
形のない骨とはいつも困った顔をして受け身でいるヒロインかもしれない。
しかしそのヒロインによってギリギリ成り立つ家族の不思議。
考えてみたら僕らの人生はあちこち形のない骨だらけだ。

【秋山具義(アートディレクター):コメント】
観ていくうちに、どんな人間にも潜んでいる悪の部分のうすら怖さにぞわぞわしてきた。
観客に、お前はどんな人間だ?と小島淳二監督は問いかけているのだろう。
アートに見識のある人がニヤニヤしちゃう仕掛けも入っていたりして、憎いなぁと思いました。

作品情報

『形のない骨』
7月28日(土)渋谷ユーロスペースほか全国順次公開
出演:安東清子、高田紀子、田中準也、熊谷太志、杉尾 夢、ジョーイシカワ、渡邊ちえ
監督・脚本・編集:小島淳二
撮影:安岡洋史
照明:根岸 謙
録音:阿尾茂毅
音楽:徳澤青弦
美術:松本慎太郎
ヘアメイク:木戸友子
演出助手:泉優次郎
制作:長門麟太朗
制作助手:竹之下愛莉
制作会社:teevee graphics
ポスター:今永政雄
配給:エレファントハウス

オフィシャルサイト
http://katachi-nai-movie.com

©teevee graphics,inc