「ツギハオマエダ」。主人公の恐怖を追体験できる映画『インサイド』縦型動画が解禁

「ツギハオマエダ」。主人公の恐怖を追体験できる映画『インサイド』縦型動画が解禁

7月13日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開される映画『インサイド』より、最恐の着信アリ縦型動画が解禁された。

本作は、幸せ絶頂の最中、不運な車の衝突事故により夫を亡くした妻サラに襲い掛かる恐怖を描いたエクストリーム・シチュエーション・スリラー。補聴器ナシでは耳が聞こえない障害が残ったサラとお腹の子のもとに、ある晩、見知らぬ女が家に侵入し、彼女を殺そうと襲い掛かってくる。補聴器が壊れ、音のない世界で正体・目的不明の女が襲い来る紙一重の緊張感が底なしの恐怖を感じさせる。主演のサラを演じるのは地下駐車場を舞台にしたスリラー『P2』のレイチェル・ニコルズ。執拗にサラ殺そうと迫る正体不明の女をデヴィッド・リンチ監督作『マルホランド・ドライブ』のローラ・ハリングが怪演。そして、『スペイン一家監禁事件』のミゲル・アンヘル・ビバスが監督を務め、「REC/レック」シリーズを生み出したスペインホラーを牽引するジャウマ・バラゲロが脚本を担当する。

今回解禁されたのは、主人公サラから助けを求めるメッセージと恐怖の動画が届く縦型着信動画。外に出られない状況、さらに補聴器の故障が襲い、パニックになったサラから次から次へと悲痛なメッセージが連投される。そこにサラを襲った謎の女から「ツギハオマエダ」とメッセージが届き、突如かかってくる非通知電話は拒否を押しても切ることができず、自動的に通話になってしまう。凶悪な女が姿を現し、凄まじい形相でこちらに歩いてくる様、そして包丁を抜き取り壁に突き刺す、など紙一重な恐怖シーンのあと、最後にあなた宛てのメッセージが…。思わずスマホも投げ捨てたくなるほど恐ろしいこの縦型動画で、サラの恐怖を体験してみては⁉

【STORY】
間も無く子どもが生まれる幸せ絶頂の夫婦を襲った不運な交通事故。夫は帰らぬ人となり、お腹の子どもと共に生き残った妻サラ(レイチェル・ニコルズ)には耳に障害が残った。補聴器がないと耳が聴こえないのだ。新しい命の誕生だけを心の支えに一人暮らすサラ。そんなある晩、見知らぬ女が家に侵入。女はサラを執拗に追い詰め、殺そうと襲ってくる。狂気に満ちた女、補聴器が壊れ耳は聴こえない、助けはこない、そして陣痛が始まる…!!最悪のシチュエーションで最悪の一夜が幕を開ける。女の正体、そして目的は一体何なのかー!?

作品情報

『インサイド』
7月13日(金)TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開
監督:ミゲル・アンヘル・ビバス
脚本:ジャウマ・バラゲロ
出演:レイチェル・ニコルズ、ローラ・ハリング、アンドレア・ティヴァダルほか
配給:ショウゲート
宣伝:スキップ
2016年/スペイン・アメリカ
原題:Inside
R-15+
© 2016 NOSTROMO PICTURES SL / INSIDE PRODUCCIÓN AIE / GRAND PIANO LLC

オフィシャルサイトinside-movie.jp