映画『万引き家族』が興収10億円最速突破! 今年の実写邦画の中で最速記録

映画『万引き家族』が興収10億円最速突破! 今年の実写邦画の中で最速記録

現在公開中の映画『万引き家族』が大ヒットを記録している。

6月11日(火)に全国329館、334SCR、動員:103,814名/興収:124,609,000円をあげ、累計成績が動員:850,470名/興収:1,052,909,800円となり興収10億円を突破。公開後7日間での10億円突破は、2018年公開の実写邦画の中で最速の記録となる。

また、休日に限らず平日も連日好調に推移している本作だが、T・ジョイSEIBU大泉では初日動員対比104%、109シネマズ港北で118%、札幌シネマフロンティアで101%、T・ジョイ京都で115%、イオンシネマ名古屋茶屋で107%、TOHOシネマズ天神で106%、成田HUMAXシネマズで143%、イオンシネマ越谷レイクタウンで110%、フォーラム盛岡で130%、プレビ劇場ISESAKIシネマで139%、松本シネマライツで154%、109シネマズ大阪エキスポシティで126%、ジストシネマ田辺で109%、シネマサンシャイン衣山で112%、109シネマズ四日市で120%、佐世保シネマボックス太陽で147%と高稼動。また火曜レディースデイの劇場ではOSシネマズ神戸ハーバーランドで155%、MOVIX仙台で144%、松江東宝5で186%と数字を大きく伸ばすなど、全国329劇場の内133劇場で初日動員対比100%越えを達成する大盛況となっている。

【『万引き家族』成績速報(全国329館334SCR)】
6月2日(土)、3日(日)先行2日間計 動員:152,872名/興収:193,709,400円
6月8日(金)動員:110,755名/興収:133,385,900円
6月9日(土)動員:160,576名/興収:204,455,100円
6月10日(日)動員:189,312名/興収:240,304,700円
6月11日(月)動員:133,047名/興収:156,327,300円
6月12日(火)動員:103,814名/興収:124,609,000円
初日~5日間累計 動員:697,537名/興収:859,122,900円
累計 動員:850,470名/興収:1,052,909,800円

【STORY】
高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。
冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

作品情報

『万引き家族』
全国公開中
原案・監督・脚本・編集:是枝裕和
音楽:細野晴臣(ビクターエンタテインメント)
出演:リリー・フランキー、安藤サクラ/松岡茉優、池松壮亮、城 桧吏、佐々木みゆ/緒形直人、森口瑤子、山田裕貴、片山萌美・柄本 明/高良健吾、池脇千鶴・樹木希林
配給:ギャガ
英題:shoplifters
©2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

オフィシャルサイト
http://gaga.ne.jp/manbiki-kazoku/