リアルな恐竜をつくりだす撮影の裏側も! 歴代最多の恐竜が登場する『ジュラシック・ワールド/炎の王国』特別映像が解禁

リアルな恐竜をつくりだす撮影の裏側も! 歴代最多の恐竜が登場する『ジュラシック・ワールド/炎の王国』特別映像が解禁

7月13日(金)に全国公開される『ジュラシック・ワールド/炎の王国』に登場する恐竜たちにフィーチャーした特別映像が公開された。

本作は、全世界のトータル興行収入は16億7000万ドルを突破、日本でも2015年度公開映画の“年間興行収入No.1”となるメガ・ヒットを記録した『ジュラシック・ワールド』のシリーズ最新作。

主演のクリス・プラットが「気を付けろ。恐竜がいる。食われちゃうよ!」と忠告する様子から始まる本映像には、前作を観たファンなら欠かすことができない主人公オーウェンが育てたヴェロキラプトルのブルーをはじめ、<ジュラシック・ワールド>が開園されていた頃、空中に掲げられたサメを水中からジャンプして一気に丸呑みにするエサやりショーを披露していたモササウルス、そして「ジュラシック」シリーズの象徴であり、恐竜界のトップに君臨するT-レックスはもちろん、ワニのように大きな口を開けて威嚇するバリオニクスや、象徴的な角で迫力ある戦いを繰り広げるカルノタウルスとシノケラトプス、持ち前のドーム型の頭で、気に入らないものや邪魔なものに突進しまくるちょっぴりお茶目で可愛いスティギモロクといったニューフェイスたちも登場する。さらに、恐竜救助のために島へやってきたオーウェンやクレアたちを脅かすことになる新たなハイブリット恐竜“インドラプトル”について、オーウェンを演じたクリスは「人殺しの本能を持つケダモノさ」と、インドラプトルの獰猛さを明かしている。

また、恐竜たちの描写をリアルに映し出すために、アニマトロニクスという最新技術を採用している本作。映像では、職人たちが人間の背丈を遥かに超える頭を持った巨大なT-レックスや、今にもこちらに襲い掛かりそうな精巧なインドラプトルのアニマトロニクスを組み立てる様子も映し出されている。アニマトロニクスのスーパーバイザーを務めたニール・スカンランは「今の時代の映画ファンだって、実写に愛着を持てる」と、CGが主流の現代においても霞むことのないアニマトロニクスの表現力に自信をのぞかせ、クリスも「彼らのおかげでヒトと恐竜の絆を美しく描ける」とアニマトロニクスの恐竜との撮影を振り返っている。

【STORY】
ハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-レックスが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有する島、イスラ・ヌブラル島では<火山の大噴火>の予兆がとらえられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られていた――。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、恐竜を救い出すべく行動を起こす事を決意、島に向かったその矢先、火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが幕を開ける!

作品情報

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
7月13日(金)全国超拡大ロードショー
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ
キャラクター原案:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ
監督:J・A・バヨナ
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム
© Universal Pictures
© Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc.
and Legendary Pictures Productions, LLC.
© Universal Pictures
© Giles Keyte

オフィシャルサイト
http://www.jurassicworld.jp/