『パンク侍』ってラブ・ストーリーだっけ!? 初共演の綾野 剛と北川景子が××!? まさかの衝撃展開映像公開

『パンク侍』ってラブ・ストーリーだっけ!? 初共演の綾野 剛と北川景子が××!? まさかの衝撃展開映像公開

6月30日(土)より全国公開される綾野 剛主演映画『パンク侍、斬られて候』の特別映像が解禁となった。

本作は、実写化不可能と言われた町田 康の2004年に発表した同名小説を宮藤官九郎(脚本)、石井岳龍(監督)で映画化したもの。主演の綾野を筆頭に、北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、村上 淳、若葉竜也、近藤公園、渋川清彦、國村 隼、豊川悦司と超豪華キャストが名を連ねており、はやくも話題となっている。

公開された映像では、セックス・ピストルズの「アナーキー・イン・ザ・UK」に乗せて、次々と個性あふれるクセの強いキャラクターが登場。画面所狭しと縦横無尽に暴れまくり、観ているこちらも次第にテンションが上がり始めたその時! これまでの『パンク侍、~』像を打ち砕く、掛(綾野)とろん(北川)の驚きの展開がラストに映し出される。思わず、「あれ?パンク侍ってラブ・ストーリーだっけ⁉」と思わずにはいられないほど衝撃度だ。また、ふんどし一丁で大の字に寝る謎の男や、一心不乱に踊り狂う謎の集団など、本作の鍵を握る重要なシーンが満載の特別映像となっている。

北川が演じたろんは、謎の狂集団の首領の身の回りを世話するミステリアスな女性で、掛のドラマを語る上で絶対に欠かすことのできない、物語の鍵を握る重要人物だ。実は綾野と北川の競演は、本作が初めて。先日行われた完成披露舞台挨拶イベントで綾野は、北川との共演に関して「作品を少しでも良くすることを常に考えている方で、共演させて頂いて凄く楽しかったです。ろんの役は北川さん以外にはいないと思っています。」と語り、その演技を絶賛している。対する北川は、「パンクでロックな男性陣が多い中、思いっきり暴れさせてもらいました!」と、ろん役を思いきり演じきったことを話している。

【STORY】
ある日、とある街道に一人の浪人があらわれ、巡礼の物乞いを突如斬りつける。自らを“超人的剣客”と表すその浪人の名は掛十之進(綾野)。掛は「この者たちは、いずれこの土地に恐るべき災いをもたらす」と語るが…。次々とあらわれるクセもの達。ある隠密ミッションの発令によって始まる前代未聞のハッタリ合戦。そして一人の女をめぐる恋の行方と、一人の猿が語り出す驚きの秘密。今、あなたの想像をはるかに超える、驚天動地の戦いがはじまる!

作品情報

『パンク侍、斬られて候』
6月30日(土)に全国公開
出演:綾野 剛 北川景子 東出昌大 染谷将太/浅野忠信/永瀬正敏/村上 淳 若葉竜也 近藤公園 渋川清彦/國村 隼 豊川悦司
脚本:宮藤官九郎
監督:石井岳龍
原作:町田康「パンク侍、斬られて候」(角川文庫刊)
企画制作:dTV
配給:東映
©エイベックス通信放送

『パンク侍、斬られて候』原作