松坂桃李主演の映画『娼年』で注目された“男性セックスワーカー”への取材をまとめたノンフィクション『男娼』発売

松坂桃李主演の映画『娼年』で注目された“男性セックスワーカー”への取材をまとめたノンフィクション『男娼』発売

俳優・松坂桃李が出張ホストを演じた映画『娼年』が話題になったことは記憶に新しい。松坂が体当たりで挑んだ濡れ場の大胆さによるものだけでなく、これまであまり語られることのなかった「男娼(男性セックスワーカー)」に焦点を当てたことが大きいだろう。

出張ホストを始め、10人の男性セックスワーカーへの取材をまとめたノンフィクション『男娼』(中塩智恵子著・光文社)では、映画内では描かれていなかった「男娼」たちの内実が事細かに書かれる。また、出張ホストのほか、ウリセンボーイ(おもな顧客は男性同性愛者、女性)、ニューハーフヘルス嬢(おもな顧客は異性愛者〈ストレート〉の男性)らの本音も浮き彫りにしている。

著者が伝えたいのは、本書に登場する「男娼」たちの生き方を知り、誰かの想いを知ることで自分以外の人間への想像力を働かせることの重要性である。自分の生きている世界だけがすべてじゃない。そんな当たり前のことを実感し、考え方の幅や枠をひろげることができる一冊だ。

書籍情報

『男娼』
6月20日発売(光文社)

■目次
第1章 出張ホスト(顧客:女性)
●専業歴13年。元社長、研究者肌の有名出張ホスト(48歳)
●性感マッサージをメインに活動する、物静かな癒し系(31歳)
●胸板も語りもアツい、プロフェッショナルなベテラン(42歳)

第2章 ウリセンボーイ(顧客:おもに男性同性愛者、女性)
●25歳でボーイデビューした、子持ちのウリセンバーオーナー(37歳)
●自己評価が低く、ノーと言えない“気ぃ使い”な売れっ子(28歳)
●出張型ウリセンオーナー(30歳)と“ゆとり世代”のボーイ(22歳)

第3章 ニューハーフヘルス(顧客:おもに異性愛者〈ストレート〉の男性
●トランスジェンダー活動家の元ニューハーフヘルス嬢(53歳)
●11歳でロストバージン、AV女優の“男の娘” (年齢非公開)
●大手企業を辞め46歳で突然デビューしたヘルス嬢(54歳)

■オビ文は中村うさぎ、三橋順子
「女も男もゲイも、何を求めて彼らを買うのか? 
それは『セックス』ではなく『私』。
『私』の回復、『私』の発見、『私』の確認なのだ。
『性』とは常に『私』をめぐる物語なのである」
――中村うさぎ(作家) 

「その昔『闇の男』と呼ばれた男娼には、
①    女装で男性の相手
②    女装で女性の相手
③    男性で男性の相手
④    男性で女性の相手
の4類型がある。本書はその内①③④の『生』と『性』を描き出す」
――三橋順子(ジェンダー/セクシュアリティの社会・文化史研究者)

著者プロフィール
中塩智恵子(なかしお ちえこ)
1974年生まれ。宮城県石巻市出身。
アダルト系出版社を経てフリーランスのライターに。現在はおもに女性週刊誌で執筆。政治家、文化人、芸能人、風俗嬢、ウリセンボーイ等と幅広い取材活動を行う。2002~2006年までタイ・バンコクに在住。現在、新宿二丁目在住。著書に『風俗嬢という生き方』(光文社 知恵の森文庫)がある。